ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

屋鋪の応援歌

 朝食後、僕はビートルズの『ザ・ビートルズ(通称:ホワイト・アルバム)』をかけながら皿洗いをしていた。「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」からスタートし、「ディア・プルーデンス」、「グラス・オニオン」とつづき、4曲目で「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」になった。

 「これ、誰の応援歌だったっけ?」と妻に訊ねると、「屋鋪よ」とすぐに答えが返って来た。「どんな歌詞なの?」と訊ねると、さらりと歌ってくれた。まるで今でもよく歌っているかのように。

 それいけチャンスだ屋鋪
 レフトへホームラン
 それいけフェンスを超えて
 打つぞライトへホームラン

 屋鋪とは、元大洋ホエールズの屋鋪要選手のことである。当時、小学生だった妻は、屋鋪に魅せられて大洋ファンになり、今に至っている。彼女にとって、スーパーカーといえば屋鋪であり、背番号31といえば屋鋪であり、髭といえば屋鋪である。そして、屋鋪を「屋敷」と書くと「だから、違うってば」と不機嫌になる。

 ちなみに、スーパーカーというのは「スーパーカートリオ」のことで、打順でいうと「1番高木豊、2番加藤博一、3番屋鋪要」。その名の通り、この3人は本当によく走った。なので、別に妻が屋鋪選手のことを車と勘違いしているわけではないので、念のため。

 そういえば、かつて随分長いこと、妻の携帯のアラーム音は「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」だった。僕は当然「おっ、ビートルズじゃん」と思ったわけだが、どうやら意味が違ったみたいですね。
 
 今日はそんな彼女の誕生日。野球狂らしく横浜スタジアムで野球観戦の予定。僕も一緒について行く予定。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-08-03 09:58 | diary | Comments(0)
<< バテバテやれやれ 責任は取らないけど >>