ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

8月になりました

 歌詞の翻訳が届き、ジャケ・データの修正や帯などの作成も順調にすすみ、ライナーも書き上げました。お店に配るための某大なCDRも焼き終え、先日は友人と2人でラベル面へのシール貼り、封筒入れなどの実作業をこなし(友人は「いやー、インディーズって感じですねー」としみじみ言っていた)、あとは発送するなり持って行くなりという感じで、準備もほぼ完了。今日から8月。いよいよ営業活動に入っていくことになります。で、発売は10月。まだ先は長いようで、きっと、あっという間なんだと思います。

 とまぁ、ひとりで全部のことはできないので、友人・知人の力を借りながら、せっせとすすめています。こういうのって、手作り感があっていいものです。ほっとします。

 今はどうやったらたくさんの人に聴いてもらえるのかを、あれこれ考えてます。今の音楽業界はほんとに逆風だらけで、なかなか難しいです。お金をかけたプロモーションはとても無理だし、そもそもそうしたやり方が効果的だとも限りません。やはり、音楽の力を信じて、地道に、口コミ的に、広げていければいいなと思っています。新譜の期間が終わったらもう誰も聴かなくなるのではなく、じわじわと長く売っていって、いつしかたくさんの人に知ってもらって、5年後に聴いても楽しめるような、そんなクォリティをもった作品を出していきたいなぁと、ひとつひとつの作業が無事に終わるたびに思ったりします。

 理想的な話で、あまり現実的じゃないかもしれませんが、インディーズ・レーベルをはじめる動機なんて、得てしてこんなもんだと、僕は思います。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2007-08-01 13:44 | diary | Comments(0)
<< 営業とか宣伝とか なんとなく現場復帰 >>