ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

step by step one by one

 12月に発売を予定している第2弾リリースに関して、3日前、アーティストから「契約書を発送したよ」とのメールが届きました。よかったよかった。メールの履歴を確認してみると、最初にオファーを出したのが8月1日。概ねの同意を得られたのが8月17日。細かい調整をしたのち、僕が契約書を送付したのが8月30日。

 ここまでで、ちょうど一ヶ月。でも、あんましほっとしてる暇はありません。

 ディストリビューターさん(流通をお願いしている会社)に企画書を提出したのが9月2日。新譜注文書を提出したのが9月6日。この間にも、アーティスト側から送られてくるアートワーク、アーティスト写真、歌詞、バイオグラフィーなどを、担当してくれる仲間にそれぞれ送付。プロモーション用の簡易インタビューをアーティストとやりとり。これらと同時進行で、10月発売のスコット・フィッシャーのオーダー取り、店頭に置くためのフライヤーの作成、第3弾リリースのための交渉、その他諸々、が進行してったりします。これって11月の発売がなくてこうなわけで、毎月ちゃんと出してったら、もう一段階くらい忙しくなります。

 昨日は、第三弾リリースのため交渉中のアーティストにメールを送りました。金銭的にも条件的にも強気な態度で来る相手を、ほど良いラインで納得させるべく、頭と心をこれでもかと使い、それを苦手な英語に変換していきます。ラジオの影響力、ライヴ・サーキットの有無など、アメリカと日本では様々な面で事情が違いますから、その辺のギャップを理解してもらうのが一番難しいかもしれません。で、そんなこんなでひぃーひぃー言いながら、メールを送信するまでに、さくっと5時間ほどかかりました。

 つーか、かかり過ぎ…。とにかく要領を得ないもんで、この前も簡単なチラシを作るのにまる1日かかったりと、亀よりものろい仕事っぷりを発揮しまくってます。でも、メールを送ってほどなく、アーティストから「親切で心のこもったメールをありがとう。あなたと一緒に仕事をするのを楽しみにしています」という返事が届いたときは、それはもう嬉しかったです。これから細かい条件に関して、弁護士さんとまた交渉することになるので、これでリリースが決まったわけではないのだけど、ひとまず5時間の苦労が報われたようでした。

 「もう今夜はうまく眠れないなぁ」と、昨日はできたてほやほやのチラシを持って、行きつけのアナログ・バー『Sausalito』へ。顔馴染みのお客さん達にチラシを渡すと、いろいろ声をかけてもらえて、これまた嬉しかったです。この仕事は、ひとりで部屋に籠って、パソコンの前に座ってる時間も長く、そんなときは誰とも口をきくことはないし、ときに自分の判断に自信が持てなくなることもあります。でも、この日のように、なにかが静かにだけど、前進しているように感じられる瞬間というのも、やっぱりあったりします。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2007-09-15 13:54 | diary | Comments(0)
<< the music & mov... just like band >>