ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

the music & movie master

 またまたすっかりご無沙汰してしまいました。お元気でしたか?サンドフィッシュ・レコードは、なにかとばたばた忙しく、またそうでもなかったりもしつつ、でもやっぱりそれなりに忙しかったりしております。

 10月10日の発売日もだんだん近づきつつある、レーベル第一弾リリースとなりますところの、スコット・フィッシャー&1a.m.アプローチ『ステップ・イントゥ・ザ・フューチャー』。フライヤーがいい感じで仕上がってきたので、早速、それとCDRを持って都内や地元のバーをめぐってたりします。で、僕の場合、元々が飲んべぇなので、せっかく寄ったんだし、お願いばかりじゃ申し訳ないしと、「1杯ください」ということになるわけです。で、お店の人との話が楽しくなったり、その場でスコットをかけてくれたり…ってなことになってくると、「もうちょっと飲んじゃおうかな?おかわりくださいー」てなことになるんですね。そんな調子で4〜5軒ほどまわると、割と普通に酔っぱらってきて、だんだん仕事でまわってるのか、ただ遊んでるのかわからなくなり、いつしかしっかりと腰を据えて飲み出してる…なんてこともあったりするわけです。ま、これはこれでよろしいかと。世の中持ちつ持たれつですので。

 第三弾リリースの交渉も、かなり牛歩的ですが、すすんでたりします。アーティストさんとの割と個人的なやりとりから、よりビジネス・ライクな弁護士さんへと引き継がれたのですが、これがかなり手強くて…。前回の日記でもメールを書くのに5時間かかったとか言ってますけど、昨日はそんなもんじゃなかったです。とにかく向こうのレベルが高度過ぎるのか、僕の英語力が低過ぎるのか(これは間違いないのだけど)、先方がなにを言いたいのかがよくわからない。結局、今回も、友人の多大なる協力により(どうもありがとう!)、どうにかこうにか返信を送ったのが、今日の午前4時41分。前日の昼から取りかかったんだけどな…。もう何時間かかったとか考えるのもアホらしい。

 あ、そうそう、これは後ほど「news」の欄にもアップする予定ですが、HMVのフリーペーパー『the music & movie master』の181号に、スコット・フィッシャーが取り上げられました!P38「2人のスコット。シンガー・ソングライター・シーンへの新しい風」として、期待のニュー・カマーとして紹介されています。現在、できたてほやほやの状態にて、全国のHMV各店に置いてありますので(もちろん無料です!)、ぜひ手にとってみてください。

「ジャズ、ロック、 クラシック、さらにフュージョンやレゲエ等あらゆるジャンルの要素を親しみやすい音楽に仕立て上げている」、「今の自由なリスナー体質も持ち合わせたオーソドックスでいて新しい存在だ」(以上、記事より抜粋)

 いやー、嬉しいです。お店からのオーダーも予想を上回る数をいただき、まずはいい手応えを感じてます。今後とも露出を増やしていって、たくさんの人にスコットの歌を届けていければと思ってます。発売日(10月10日)なんて、あちこち歩きまわってるうちに、きっとすぐにやってくることでしょう。どうぞ頭の片隅にでもスコットのことをとめ置いていただき、発売日には、ぜひお店の試聴機に会いに行ってあげてください。きっと喜びます。えっと、スコットも僕も…。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2007-09-28 13:55 | diary | Comments(0)
<< インタビュー with スコッ... step by step on... >>