ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Eisa Davis 『Something Else』

 この一ヶ月の目がまわるような忙しさにかまげて、全然日記を書けてませんが、えっと、ちょっくら久々につけてみたいと思います。

 まず最初に、スコット・フィッシャーの 店頭展開写真 が、ずっとまともに見れてなかったようで、誠に申し訳ありませんでした。昨夜、どうにか正常に見れるようにしときました。不具合だったものしか見てもらえてないと思うと、ものすごく残念なので、もしよかったら、もう一度眺めてやってください。こちら

 そして、スコット・フィッシャーをお買い上げいただいた皆様、どうもありがとうございます。発売からちょうど2週間。ひきつづきがんばって、スコットの歌声をたくさんの人に届けていけたらと思っています。そのためには当然、雑誌やラジオなどへの宣伝活動も不可欠となってくるわけですが、個人的な気持ちとしては、やはり音楽は人から人へ、自然に広がっていってほしいと願っています。スコットの音楽を気に入ってくれた人が、友達に聴かせたり、自分のブログで取り上げたり、ラジオにリクエストをしたり…、そんな風になっていったらいいなぁと思います。そのための基盤づくりとして、宣伝もがんばらねば!と思っていたりするわけです。

 さて、スコット・フィッシャーにつづくサンドフィッシュ・レコードのリリース第2弾として、イーサ・デイヴィス『サムシング・エルス』を12月5日に発売することが決まりました。これからの季節にぴったりの素敵な女性シンガー・シングライターです。「news」欄と「artists」欄に情報をアップしておきましたので、ぜひ↓のメニュー・バーからチェックしてみてください。音楽ライターの長谷川博一さんからは「凄くイイネ!バークレー出身らしいが、NYのエッセンスを感じた。ジョニ・ミッチェル・チルドレンの代表格なんじゃないかな?ミュージシャン専業じゃない感じも確かにいくらかあるようだけど、曲がいい。タッチがいい。良く見つけたね。もしかしたら金星かもね!」という嬉しいメールをいただいてたり、地元・藤沢のアナログ・バー「サウサリート」(ここではスコットをたくさん売っていただきました。どうもありがとうございます)でも評判は上々。はやく皆さんにもイーサの歌声を聴いてもらいたいです。ジョニ・ミッチェルやフィオナ・アップルを彷佛させる率直さ、それでいてあたたかい歌声なので、ノラ・ジョーンズやキャロル・キングなどがお好きな方にもお薦めです。
 
 実はこの人、すごい才媛でして、女優としても名門アクターズ・スタジオの出身。HBO局などの人気ドラマやオフ・ブロードウェイのロック・ミュージカルにも出演してたりと、本国ではちょっと知られた存在。さらにさらに!なんと劇作家として2007年ピューリッツァ賞のファイナリストにも選ばれています。インタビューもとってあるので、近いうちどこかでご紹介できたらと思っています。どうぞご期待ください。

 来月に入れば、少しは時間のゆとりができそうです。そうしたら、このサイトももう少し充実させたいし、日記ももうちょっと頻繁につけられると思います。そんなこんなで、ばたばたとやっておりますが、ひきつづき応援よろしくお願いいたします。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2007-10-24 13:58 | diary | Comments(0)
<< Cafe Week 2007 Now that's ... >>