ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

On the Radio!

 今日は敬愛するジョージ・ハリスンの命日です。なので、仕事もそこそこに、ジョージを偲んで過ごそうと思います。って、仕事もしないわけにはいかないんですけどね。あくまでも、気持ちの優先順位の問題です。

 先日の日記で、ピーター・バラカンさんからメールをいただいた話をしたと思うのですが、昨晩、別用でこちらからメールをした際、「スコット・フィッシャーはいかがでしたか?」と訊ねたところ、「とてもいい作品でした。既に一度インターネットの番組で紹介しました。彼の声は誰かを思い起こさせるものですが、思い出せずにいて....でもとにかく気に入っています。」という返事が、今朝届いていました。

 もうかけてくれたの?聴き逃したぁ…。

 というわけで、早速、インターネット・ラジオの番組をチェック。「BARAKAN BEAT」という番組で、幸い過去の放送も聴けるようになっていたので、10日間ほど後追いながら、無事聴くことできました。こちら。スコットは11月18日の放送で紹介されています(「Barakan Beat バラカン・ビート」の「Vol.54 Nov18th,2007」の横にある「WMP」か「RP」のどちらかを選択してクリック)。番組が始まって18分くらいにスコット登場です。サンドフィッシュ・レコードの名前も聞くことができて、なんだかこそばゆかったけど、誇らしくもありました。他にかかる曲もどれもいい曲ばかりだったので、お時間のある方はスコットだけじゃなくて、最初から通して番組全体を聴くことをお薦めします。

 やっぱりラジオで音楽を聴くのはいいですねー。ボブ・ディランや、レゲエ・クラシックスや、ニューオーリンズ・ミュージックなどに交じって、スコットの"State of Mind"が流れてきたときは、思わず鳥肌がたちました。ほんと嬉しかったな。

 ところで、ピーター・バラカンさんが思い出せないという、スコットの声に似た(もしくは彷佛とさせる)アーティストって誰なんだろう?ラジオでも「わかる人がいたら教えてください。メール・アドレスは…」と呼びかけてたし、こういうのってけっこう気になるんですよね。というわけで、もしわかる方がいらっしゃいましたらお知らせください。僕も気になります。

 他にも「むさしのFM」さんがスコットをいちはやく紹介してくれたし、他にも僕が知らないだけで、スコットの曲をかけてくださったラジオ局や番組もあることとでしょう。とても嬉しく思っていますし、感謝してます。どうもありがとう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2007-11-29 14:03 | diary | Comments(0)
<< Eisa Davis『Some... Something Else >>