ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

CDショップやバーにて

 なにやら寒くなってきてたりします。皆さんも風邪などひかないよう、お気をつけくださいませ。

 さて、イーサ・デイヴィス『サムシング・エルス』が、12月5日に無事発売になりました。早速、お店をあちこちめぐってきたところ、タワーレコード吉祥寺店のディスプレイ展開をはじめ、試聴機にもけっこう入っていて(9店舗のうち7店舗)、なかなかいい感じでした。せっかくなんで写真など。

 夜は夜で、フライヤーを置いてもらいに、音楽バーを数軒まわりました。で、せっかくだから…と飲むわけでね。えっと、1杯とか2杯とか3杯とか…(以下省略)。藤沢駅北口のバー『 Bar Cane's 』では、すぐにCDをかけたくれました。すると、隣に居合わせたお客さんが気に入って、その場で1枚買ってくれました。聴いて、気に入って、買ってくれる。こういう流れが、実は一番嬉しいかもしれません。「何枚か置いてってくださいよ。もっと売りますから」とマスターが言ってくれたので、お言葉に甘えて数枚置かせてもらうことにしました。次に南口のバー『Sausalito』に行ってみると、「もう4枚売れたよ。予約も何枚か入ってるから、補充した方がいいね」とのことでした。ここはスコット・フィッシャーを本当によく売ってくれて、おそらく神奈川県では一番だと思います(2007年12月6日現在)。しかも、マージンを一切とらずに、売上金はそっくりそのまま僕に渡してきます。申し訳ないので「いくらか上がりを取ってください」と言うと、「いいよ、そんなつもりでやってないから」と断られました。

 まだまだ軌道にのったとはいえないサンドフィッシュ・レコードですが、こうして応援してくれる人達はいっぱいいます。昨日も「買ったよ」とか、「買うよ」とか、「絶対気に入ってもらえるよ」とか、そんな励ましのメールをいくつかいただきました。こういう心づかいのひとつひとつが、僕にとって、どれほど大きな力になっているか知れません。

 ぜひ、皆さんもイーサ・デイヴィスの歌を聴いてみてくださいませ。試聴はこちらから。よろしくお願いいたします。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2007-12-06 14:05 | diary | Comments(0)
<< EIsa Davis『Some... Eisa Davis『Some... >>