ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

湘南・藤沢

 クリスマスも終わって、あとは年末モードに突入するだけ。「仕事納めはいつ?仕事初めは?」とたまに訊かれたりしますが、特に決めてません。大晦日もお正月も、やることがあればやろうと思ってます。ま、がんばり過ぎない程度に…ですが。通販サイト『Sandfish Records Shop』も、通常通り営業いたします。

 CDを発売すれば、やっぱり売上げは気になるもので、スコット・フィッシャーやイーサ・デイヴィスが、どこでどれだけ売れてるのか?または売れてないのか?などと考えたりします。でも、あまり気にし過ぎるのも精神衛生上良くないので、お店に行って「何枚売れましたか?」とは、あまり訊かないようにしています。知ったところで売上げがあがるわけじゃないし、結果は後からついてくるものだと思うので。

 でも、地元のバーなど、僕が直接CDを持っていってるお店から、「全部売れたから、追加で持ってきてよ」という連絡をいただくのは、とても嬉しいことです。今月発売したイーサ・デイヴィス『サムシング・エルス』は、藤沢駅南口のバー『Sausalito』さんを筆頭に、『roquette DELI』さんや北口の『 Bar Cane's 』さんなどでもちゃんと売れてるみたいで、とてもありがたく思っています。タワーレコード藤沢店も、初回入荷分は売り切れたみたいだし、ささやかにローカル・ヒット中のイーサ・デイヴィスであります。

 僕がここ湘南・藤沢に引越してきて、来年の春で10年になります。ここには海があって、山があって、川があって、自分らしく人生を楽しんでいる人達がいて、時間の流れ方も都会とは少し違って、どこかのんびりしています。正直、レーベルの仕事は、都内にいる方が便利なことが多いです。でも、僕は藤沢で長くサンドフィッシュ・レコードをつづけていけたらいいなぁと願っています。友達もいるし、応援してくれる人達もいるし、甘いかもしれませんが、そうした環境で仕事ができるのは幸せなことだと思うのです。

 好きな場所から、好きな音楽を発信できるのはいいものです。デトロイトにはモータウンがあったり、ロスにはアサイラムがあったりと、その土地を象徴するようなレコード・レーベルって、昔からありますよね。もちろん、そこまででっかくなれるとは思ってませんが、いつかサンドフィッシュ・レコードも、そんな風になれたらいいなと願っています。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2007-12-26 14:08 | diary | Comments(0)
<< Thank you! Sandfish Record... >>