ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

『Bar Cane's』7周年

 なにやら2月になってしまいました。毎日寒いし、花粉もそろそろ飛ぶよーとか言ってるし、相変わらず資金繰りは厳しいし…。と、いくつか心配事はありますが、どうにか元気にやっております。皆さんはいかがでしょう?風邪とはひいてませんか?

 昨日は、うちのCDを置いてもらっている地元のバー『Bar Cane's』が7周年ということで、ちょっくら顔を出してきました。この日は、マスターとジャンケン勝負をして、勝ったら半額!というのをやっていて、さらに、「勝ったら無料&負けたら倍額払う」というギャンブル・コースもあり、常連さんの多くはギャンプル・コースを選んでました。でも、それは無料にしてほしいからではなく、ご祝儀として倍額を払いたいからで、「チョキ出すからな。グー出せよ」と言って、わざと負けてったりしてました。でも、マスターも、倍額払わせたくないお客さんには、わざと負けて無料にしてあげたりして、そうしたひとつひとつの交流が、なんだかあったかく、「やっぱり、ジャンケンはいいね」と、感心することしきりでした。

 お店を7年間つづけるのって、それなりに大変なことだったと思います。レーベルをはじめてまだ数ヶ月の僕にしてみれば、とても遠い、ずっと先にある数字です。もしサンドフィッシュ・レコードが7年間つづいたら?その頃には、音楽業界自体も、今とは大きく変わっているだろうし、いったいどうなってるんだか想像もつかないです。でも、できれば、ずっといい音楽を、地道に出していけてたらいいなぁと思います。

 で、僕もジャンケンしましたよ。やっぱりギャンプル・コースにして、しっかり負けて、倍額払ってきました。よかったよかった。『Bar Cane's』には、それだけの価値があります。嬉しそうに倍額払っていくお客さんたちの顔を見ながら、つくづくそう思った夜でした。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-02-02 14:27 | diary | Comments(0)
<< Let It Snow 音楽がすべて >>