ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Kevin Kane『How to Build a Lighthouse』

 今日は誰よりも偉大なポール・マッカートニーの誕生日ですが、それに合わせてというか、あやかりたいと思ってというか、サンドフィッシュ・レコードの第7弾アーティストがリリースされました!

 ケヴィン・ケイン『ハウ・トゥ・ビルド・ア・ライトハウス』

 カナダのシンガー・ソングライターで、90年代にはグレイプス・オブ・ラスというグループのメイン・ソングライター、ヴォーカリスト、ギタリストとして、それはそれはたくさんのヒットを放ってたりします。とりわけ、『Now and Again』はカナダ国内にとどまらず、世界各国でヒットを記録し、プラチナ・ディスクを獲得しました。このアルバムは、僕も大学生の頃によく聴いてましたね。懐かしいな。(そのときの想い出話を、ライナーにこそっと書いてたりします)

 なにはともあれ、リーディング・トラックの“Last to Know”を聴いてみてくださいまし(試聴はこちら→link)。オルタナっぽいエレキ・ギターのイントロから「ハードになるのかな?」と思わせて、実はちっともハードにならない永遠の哀愁ポップ・チューンです。メロディにもヴォーカルにも心がこもっていて、「こういうのを歌心というんだよねぇ〜」と、僕などは思ってしまうわけです。

 とてもラジオ・フレンドリーな曲だと思うので、あちこちでかけてくれたら嬉しいなぁと思うのですが、実際はそう簡単なことじゃないので(お金がかかるのです)、もし気に入ってくれたら、ぜひリクエストをよろしくお願いします。

 ケヴィンに関しては、音楽ライターの長谷川博一さんからも、素敵なコメントをいただいているので、ちょっくらご紹介。

 メロディラインを愛すればこそ。信ずればこそ。
 ロックンロールに大声はいらないのかもしれない。
 そのギターに、その歌声に、あふれるメランコリー。
 ケヴィン・ケインのような人は、
 きっと心の中に爆弾を抱えている。
 でもこの世界を守りたいから、
 夢のようなメロディに想いを託すのだろう。

           (音楽ライター 長谷川博一)

 そう、とてもメランコリックなのかもしれません。

 というわけで、今日はポールとケヴィンを聴きながら、心穏やかに過ごしたいと思います。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-06-18 14:49 | diary | Comments(0)
<< 今日から後半戦! Artist-Direct S... >>