ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Echoes

 リック・ライトが亡くなった。癌をわずらっていたなんて、全然知らなかった。享年65歳。浮遊感と幻想性を持ち合わせたリックのキーボード・プレイは、ピンク・フロイドのサウンドの基盤だったと思う。ビンク・フロイドと聞いて僕がまっさき思い浮かべるのは、“Echoes”や“Shine on You Crazy Diamond”での、リックのそんなプレイだっりする。そんなことを思いながら、今朝はピンク・フロイドを聴いている。『Dark Side of the Moon』と『Wish You Were Here』、そして“Echoes”を。いつまでも色あせない音楽を、ありがとう。

 昨日は夕方になってビールが飲みたくなり、友達の家に遊びに行こうとメールをしたところ、サイクリングで茅ヶ崎にいるので帰りに寄るとの返事。早速、ビールとかっぱえびせんを買いに行き、米を炊いたところで、友人が到着。ジェイムス・ブラウンやクール&ザ・ギャングやオハイオ・プレイヤーズを聴きながら乾杯。ワン・コード・ファンクの話をとりとめもなくする。それからは、生姜焼きを作ったり、まぜるだけのパスタを作ったり、ビールを買いたしに行ったり、お刺身を食べたりしつつ、友人が今練習してるという曲を聴かせてもらい、二人でポール・アブロやゲイブリエル・マンやジョン・リーゲンの曲を演奏し、なぜか海援隊の「人として」も歌い、トム・ウェイツの“Ol' 55”のコードをひろって、最後にスプリングスティーンのピアノ弾き語り“Thunder Road”の映像を観てから、友人は小雨降るなか、自転車のペダルを踏んで帰っていった。なんかいい気分転換になったような。さんきゅーまいふれんど。

 それにしても、海援隊の「人として」。これって、小学6年生のときに毎週観ていたテレビ・ドラマの主題歌なんだけど、当時から好きな歌じゃなかったし、今ではむしろ嫌いな方なのに、歌詞はしっかりと覚えてたりする。つまり、幼い頃の「刷り込み」って、そういうものなんだなぁと思った。

 ここ数日、長く置いておけるチラシらしきものを作りたいと考えてて、今日はそのデザインをしようかなぁと企んでたりする。A4の半分くらいの大きさで、2つ折りになっていて、開けると中にカタログ詳細が載ってるようなものを。あると便利かなぁと思って。今日の午前中はなんとなく過ぎてしまったので、午後からがんばろう。そうしよう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-16 12:30 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2008-09-22 04:44 x
シド・バレットが「七夕」に亡くなって、リック・ライトが「十五夜」(近く)に亡くなるなんて・・・
やはり、『神秘』を感じます。 『おせっかい』ですが・・・
Commented by sandfish2007 at 2008-09-22 10:18
繋げ方が上手です。ぱちぱちぱち…。フロイドの神秘的なところは、リックのキーボードが担ってましたよね。彼のプレイは、掴もうとしても掴めない霧のようでした。
<< Evergreen Music... Grapefruit Moon >>