ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Sleep's Dark and Silent Gate

 雨がしとしと降ってたりする。ジャクソン・ブラウンを聴いてたりする。『The Pretender』を。大変よろしいかと。

 昨日は、茅ヶ崎にあるレコード・カフェ『Brandin』へ。今度の土曜日に、萩原健太氏によるビーチ・ボーイズ・ナイトがそこであって(ブライアン・ウィルソンの新作『That Lucky Old Sun』発売記念)、僕も新譜のたびに萩原氏にはサンプル盤を送っているのだけど、特に面識があるわけじゃないので、おそらくちゃんと聴いてもらえてないというか、そんな気がするので(ものすごい数のCDが送られてきてると思うし)、これを機会にご挨拶したいところなのだが、その日は友人の結婚式があって行けない。ということで、いつもお世話になっている店主の宮治ひろみさんに、「サンドフィッシュ・レコードって知ってます?あら、知らないですか?いつもCDは送ってるみたいですよ。うちでも扱ってて、ほら(と、さりげなくディスプレイされているうちのCDを指差してもらう)」作戦をお願いしにいったと、そういうわけね。

 ひろみさんは、ブライアンの新作の歌詞対訳をされたとかで、さらに数日前にはライヴもハリウッドボウルで観て来たとかで、相変わらずご活躍の様子。素敵なり。

 ジョン・メイヤーのライヴ盤などを聴きつつ、ずずずっとレモネードなどをすすっていると、「ジャクソン・ブラウンの新しいのは聴いた?」と訊かれたので、まだだと言ったら、すぐにかけてくれた。いつもと変わらないまっすぐなジャクソンの歌声に、なんだかほっとする。で、今回はすごくリラックスしてるなぁと思ったりした。

 11月には来日公演も決まっているジャクソン。とても観たいけれど、ザ・フーとキャロル・キングを観に行くので、そんな余裕はなかったりする。うー。で、とりあえずレコードでも聴いとけぃ!ということで、昨夜からジャクソンを聴いていると。そういうことね。

 ジャクソン・ブラウンはとてもいい。“Sleep's Dark and Silent Gate”なんて、ほんとにいいと思う。大好きだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-18 11:07 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2008-09-20 15:16 x
素敵なレコード・カフェですね。1万枚ですか・・・凄い。私は、約20年かかって2000枚くらいなので、あと80年くらいかかる計算です。幸い、情熱は少しも失せていません、レコード探しの旅は続きます。Never Ending Record Collectorです。

小尾隆さんによるイベントもあったようで、是非とも行ってみたいです。
私のお気に入りブログで小尾さんのイベントでご紹介のあったUS-コレクションとUK-コレクションを記事にされていたのですが、そこに小尾さんご本人によるお礼のコメントが入っていました。

UK-コレクションの方は、私も購入していて、小尾さんのビートルズ一番のお気に入りである、『For Sale』のアツイ記事に大いに共感したようなことをこのブログにコメントを入れたら、小尾さんから私にもレスを付けてくれてとても嬉しかったです。

このようなレコード・カフェがあって、本当に音楽を愛する人がいて
それに共感できる人が居るって、ほんとにいいものですね。
Commented by sandfish2007 at 2008-09-22 10:15
とてもいいお店ですよ。機会がありましたら、ぜひ足を運んでみてください。jerryさんの2,000枚もすごいですねー。頭が下がります。小尾隆さんは『For Sale』が一番好きなんですか。jerryさんといい、なにげに人気の『For Sale』。素晴らしい。

「Brandin」は、音楽通な人も、音楽にそれほど興味がない人も、平等に居心地がいい空間だと思います。時間がゆっくりと流れていきます。
<< Around the Sun Evergreen Music... >>