ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Home Tonight

 風邪からはどうにか復活気味。微妙な気怠さは、風邪が残ってるのか、ただの寝過ぎなのか、よくわからなかったりする。そんな程度。夕方には、大学時代の仲間と焼肉屋さんへ行くので、そこでがっつり元気つけてこようと思っている。

 結論:やっぱり焼肉ですよ(きっぱり)。

 なんか景気のいいのが聴きたくなって、エアロスミスの『Rocks』をターンテーブルにのっけた。最初っからどどどっとつづく名曲の数々。退屈指数ゼロな1枚。ちょっとパワーがありすぎて、頭がくらっとした。ゴリッとしたロックを聴きたいなぁと思ったとき、僕はよく『Rocks』をターンテーブルにのせているような気がする。おそらく、いい意味で、僕にとって、ほど良いんだと思う。

 これまでずっと、僕は、周囲にいる人達に影響されて音楽を聴いてきた。エアロスミスを聴き始めたのは今から10年前くらいで、当時勤めていた会社にエアロ好きな人がけっこういたからだった。「かっこいいよ」と言われて、「へぇー」と思って、それで聴いた。で、ほんとにかっこよかったと。ちょうど『Nine Lives』というアルバムが出て、旧譜が廉価で再発され、何度目かの来日公演があったときだった。僕も東京ドームへ足を運んだんだけど、スティーヴン・タイラーの超人的なステージングには、つくづく感心させられた。観る人の胸を熱くさせるなにかを持った人だと感じた。それ以来、スティーヴンが一番好きなメンバーだったりする。

 アルバムもいろいろ聴いてみたけど、最高傑作はやっぱり『Rocks』だと思う。振り切っているのに、片寄ってない。幅広い。つまり、いい意味で、ほど良いんだと思う。いつかライヴで“Home Tonight”を聴いてみたい。
f0182140_925868.jpg

 さて、「News」欄にアップした通り、トートバッグに新色が登場です!今回はディープ・ブルーのロゴにしてみました。ライト・グリーンも良かったけど、こちらも負けじとかっちょいいかと。11月3日まで通販サイト『Sandfish Records Shop』にて、1周年記念セールでお安くお求めいただけますので、ぜひご利用くださいませ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-10-23 09:07 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2008-10-24 06:29 x
エアロ、94年の『get a grip』ツアーを横浜アリーナで観ています。
このアルバムは、スティーヴンいわく、「俺たちのサージェントペパー」だそうです。
ブレンダン・オブライエンがエンジニアとしてアルバム裏にでっかくクレジットされていました。

このライヴの日、感動的な光景がありました。このアルバムからのバラッドナンバーの間奏でスティーヴンが車椅子の席までいきよい良く走ってきて、「Come On!」と叫んで、前に来させ、ガッチリ握手したシーンがあったんです。たまたま、すぐ近くで観ていた私たち仲間も感動して涙でました。「観る人の胸を熱くする」は全く同意します。

2004年、横浜国際で、10年前に一緒に観た仲間も数人と出かけたロックオデッセイ。
エアロは、再びこの曲ををやってくれました。10年前の感動がよみがえったのは言うまでもありません。
Commented by sandfish2007 at 2008-10-24 08:09
◇jerryさん
スティーヴンは、ほんとにファンを大切にしてますよね。ファンに囲まれても嫌な顔ひとつしないし、ステージからもハートがしっかりと伝わってきます。jerryさんも素敵なシーンを目撃されたようで。そうしたことをほんと自然にできるところが、スティーヴンの魅力かもしれませんね。

ロック・オデッセイもステージも見事でしたね。ザ・フーが終わった直後で放心してましたが、そのまま残って観て大正解でした。
<< Pendulum 風邪をひいたなり >>