ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Nothing Can Change This Love

 とても天気がよい。がっつり寝坊して、さっき起きた。で、キャロル・キングのレコードをかけた。少ししたら、久しぶりに海へでも行ってこようかなと。きらきら光ってきれいだろうし、富士山もよく見えるだろうから。

 一昨日は、キャロル・キングのライヴを7人で観て、終演後はみんなでワインとかビールを飲んだ。僕は全員よく知った顔だったんだけど、みんなはそういうわけではなくて、中にははじめましての人達もいたんだけど、そんなことはぜーんぜん問題なくて、ちょっとないくらい楽しい時間だった。友人のひとりが、これまで観たライヴのベスト20を決めてきてて、僕がそのランキングを発表してったんだけど、ひとつ発表するたびに、みんないちいち口をはさんでくるもんだから、なかなか前にすすんでいかない。でも、そんな雰囲気が、とてもよかったりした。

 昨日は、レーズン・ウィッチで有名な「鎌倉・小川軒」にて、知人主催のイベントがあった。オリジナルの帽子や洋服が展示され、ワインや手作りパンなどがふるまわれ、スティールパンとアコーディオンのデュオによるライヴもあったりと、ちょっとお洒落な雰囲気だった。スティールパンは不思議な魅力をもった楽器で、欲しくなったりもした。少し早抜けさせてもらい、別の友人が毎月やっているDJイベントへ。大好きな“Nothing Can Change This Love”が流れてきて、でもそれを誰が歌っているのかがわからなくて、訊ねてみたところ、なんとノエル・レディングだと言われてびっくり。へぇー、こんなに歌える人だったんだねー。なんでジミヘンが歌う必要があったんだろ?と、ふと思ってしまった。

 さて、今日はとてもいい天気。ターンテーブルにはキャロル・キング。気持ちがいい。ビールを飲んだら、もっと気持ちがいいと思う。さて…(以下省略)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-11-23 12:57 | diary | Comments(2)
Commented by kyk73 at 2008-11-23 13:23
はじめまして。りッチな時間をお過ごしに成られた様ですね。
キャロル・キングは長い芸能生活で、未だに人気があるのは彼女に魅力のある、素敵な人だからでしょうね。
Commented by sandfish2007 at 2008-11-23 15:04
◇kyk73さん
こんにちは。ほんとその通りですね。キャロルの、あの自然な佇まいと笑顔を見ていると、つくづくそう思うのです。とても楽しい時間でした。
<< Rubber Soul キャロルに会える日 >>