ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

2017年 03月 27日 ( 1 )

春待つ『ゴールデン・エイジ』

 昨日から雨が降り続いている。コーヒーを淹れて、ダニエル・マーティン・ムーア『ゴールデン・エイジ』を聴いている。すると、心がやすらぐ。気づかないうちにささくれていたものが、なめした皮のように滑らかになる。

 このアルバムは冬が似合うと思っていたのだが、早春にもいいみたいだ。音楽から伝わってくる生命力は、小川に流れ込む雪解け水のようであり、草木の芽吹きのようでもある。静かだけどたくましい。

 僕の生活にも新しいリズムが生まれつつある。リズムとは心のありようだ。陽が射し込むように、やりたいことが明白に見えてきている。でも、きっかけに任せて走り出せば怪我をすることは知っている。ゆっくりとスピードをあげていくのがいい。肝心なのは、欲張らないことだ。

 うまく言えないのだが、もう無理して期待に応えようとは思わなくなった。そもそも期待なんて存在しないのだ。ただ、そうした呪縛を自らに課してしまいがちなのだろう。僕は僕でしかないのなら、そのまま受け入れてもらえるような努力をしたい。

 今年の春はなかなか暖かくならない。おそらく、季節にも時間がかかることがあるのだろう。待つしかないので、待つとしよう。ダニエルの歌を聴きながら。ひとまず、雨はあと少しで上がりそうだ。

f0182140_07212240.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2017-03-27 07:23 | diary | Comments(0)