ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

2017年 12月 09日 ( 1 )

ゴールデン・エイジ

 昨晩からめっきり寒くなった。今朝は霜が降りていた。どうやら12月らしくなったみたい。

 「そういえば…」とダニエル・マーティン・ムーア『ゴールデン・エイジ』を聴いたところ、これが実によく合う。昨年も同じ時期に聴いて、あまりの相性の良さに驚いたのだった。おそらく全体を包むほのかなエコーがいいのだろう。これは冬にリリースするべきだった。夏じゃなかった。※ 2016年7月20日発売

 12月といえばクリスマス・ソングということになるが、サンドフィッシュ・レコードにもデヴィッド・ミード「ザ・スマイル・オブ・レイチェル・レイ」という名曲がある。ただし、この曲が収録されたアルバム『デューズ』は売切れ&再入荷予定なし。さっきアマゾンをチェックしたら2枚在庫があった。芽瑠璃堂も在庫ありになっていたので、欲しいという方はお早めに。レイチェル・レイ、最高のクリスマス・ソングです。

 雪が降るとブルース・コバーンを聴きたくなるように、寒い季節は寒い国の人の歌が沁みるのは、至極当然なのかもしれない。音楽には生まれた場所の空気が含まれている。土地柄のようなものなのだろう。ダニエル・マーティン・ムーアもきっとそうだ。

 寒くなって、霜が降りて、今年も1年を振り返るときが来た。なるべく楽しかったことだけを想い出そう。

f0182140_09030081.jpg
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-12-09 09:05 | diary | Comments(0)