ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

カテゴリ:diary( 2654 )

不可抗力

 朝方の雨がやみ、僕は妻とランチを食べるために、自転車で出かけた。待ち合わせ場所に着くと、また雨が降り出した。僕は自転車を軒下の駐輪場にとめ、地下のレストラン街へ逃げ込んだ。すると、そこに「アメフラシ」の異名を持つ友人が登場。「そういうことか」と納得した。

 案の定、雨はしばらく降りつづいた。ほどなくして妻がやって来たので、雨宿りも兼ねてゆっくりできる店がいいだろうと、目の前の「サイゼリヤ」へ。ふたりで別々のパスタを注文し、それだけだと雨が上がるまでもたないだろうから、白ワインのデキャンタも頼んだ。

 スマホでプロ野球の経過を観察しつつ、お互いの健康や変わりゆく町並みについて話し合った。パスタはすぐに食べ終わり、ワインもグラス一杯分づつになった。外では雨が降り続いている。仕方がない。僕らはピザと赤ワインのデキャンタを追加注文した。仕方がなかったのだ。

 結論:不可抗力だと思う。

 それにしても「サイゼリヤ」ってどうしてあんなに安いのだろう?これで2,000円もいかないとは、破格にもほどがある。普通に美味しいし。

 最後に掲載情報を。1980年代に特化したエンターテイメント・サイト『Re;minder(リマインダー)』にスティング『ブルー・タートルの夢』のことを寄稿しました。ぜひ読んでみてください。ちなみに、今月行われたスティングの来日公演は、残念ながら観ることができませんでした。スティングに限らず、チケット代もう少し安くなりませんかね?「サイザリヤ」を見習えとまでは言わないのでね。

セット・ゼム・フリー!スティングがポリス解散後に得た自由

f0182140_07022875.png
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-06-26 07:03 | diary | Comments(0)

沁みた…

 深酒した翌朝を僕は信じない。午後になってみないとわからないからだ(経験則)。

 昨夜は、今月誕生日を迎えた高校時代の友人と居酒屋で飲んだ。予算の都合でチェーン店の食べ放題飲み放題。どう考えても薄いビールを飲みながら、どれも及第点の料理を食べて、僕の腹ははち切れそうだった。

 「くるひぃ…。食べ放題なんか嫌いだ。みんなお前のせいだ」

 誕生日のお祝いであることを忘れ、僕は友人を責めた(ちなみに店を決めたのは僕である)。彼は「まだ限界じゃない。大新麺でも食うか?」とアホなことを言うので、「絶対食えよ。男に二言はないだろうな」と僕は迫った。彼はそんな僕をいなすと、馴染みのバーへ連れて行ってくれた。ウイスキーを飲んだら少し落ち着いた。それでも帰宅する足は腹で重かった。

 で、今もずーんと重い。毎朝恒例の体重測定では1.7kg増えていた。今日はアルバイトがあり、締め切りの関係で忙しそうだから、ぐったりしているわけにもいかないのだが、ぐったりするかもしれない。それは午後になってみないとわからない。

 とりあえず、今は大丈夫(午前6時30分現在)。まだ酔っぱらっているだけかもしれないが、ビールが薄かったことが功を奏したのかもしれない。そう思いたい。妻がアサリの味噌汁を用意してくれた。沁みた…。