ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

カテゴリ:diary( 2603 )

一寸先は光

今夜、ポール・マッカートニーを観に日本武道館へ行く。
「こんなことってあるのか?」という不思議な気分。
昔、大学の先輩が「去る者は追わず。場合によっては追う」とよく言っていた。
僕は「一寸先は闇。場合によっては光」と、今日は言いたい。
つまり、場合こそが愛なのだ。
とはいえ、こういうときにこそ落とし穴があるもの。
謙虚であろう。浮かれながら謙虚に。

グラストンベリー・フェスティバルにポールが出演したときのこと。
「ヒップなフェスだからお呼びじゃないと思ってた」と。
でも、友達に言われたのだそうだ。
「ライヴの後のキャンプファイヤーでは、みんながビートルズを歌うんだよ」と。
それでポールは「いける」と思ったらしい。

ポールはそういう人だ。
今日はずっと大好きなポールに会いに行こう。
(※ 写真は昨日の武道館。ネットから拝借。)

f0182140_06211386.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2017-04-25 06:22 | diary | Comments(0)

ポール・マッカートニーがやって来た!

 昨日の午後7時45分、ポール・マッカートニーが無事来日を果たした。明日の日本武道館公演からジャパン・ツアーがスタートする。僕は東京ドーム公演3日間に足を運ぶ予定。

 つまり、武道館には行かないわけだが、なにがあるかわからないし、なにもなくても気にはなるので、アルバイトはお休みにした。で、もしなにかあれば、なにはなくとも駆けつけられるようにしておこうと。

 そう思っていたら、アルバイト先から「出勤してもらえませんか?」との連絡あり。なんでも、納期に間に合いそうもないのだとか。うーん、こっち方面でなにかあったかぁ。どうするかな…。

 羽田国際空港に到着したポールは、とても溌剌として元気そうだった。それがなにより。というわけで、夢の1週間がスタートした。うまく調整していこう。
f0182140_06494417.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2017-04-24 06:51 | diary | Comments(0)

和洋折衷

 和から洋へ。詳しく書くと、納豆、白いご飯、ぬか漬け、ワカメの味噌汁。お茶を飲んで、ごちそうさま。それじゃ、コーヒーにしましょう…といったところ。この国では珍しいことじゃない。海外ではどうなのだろう?

 BGMはフーティー&ザ・ブローフィッシュ。聴き流せるところがいい。…と言うと、なんだか馬鹿にしてるみたいだけど、そういうわけではない。例えば、昔の喫茶店ではアントニオ・カルロス・ジョビンの名盤『ウェーブ』がよく流れていた。あれだって耳にうるさくないから選ばれていたのだと思う。昭和の喫茶店におけるジョビンが、僕にとってはフーティーというだけのことだ。とうわけで、BGMは洋。

 生まれたときから僕の人生は和洋折衷だ。和から洋へ。洋から和へ。行き来は自由自在。でも、線引きがまったくないわけでない。やっぱり和は和だし。洋は洋だ。曖昧なものもいっぱいあるけど。

 ふと気になったので今調べてみたら、フーティーさんという人はバンドにいなかった。スペンサー・デイヴィス・グループやJ.ガイルズ・バンドとは違うんだな。ひとつフーティー&ザ・ブロウフィッシュに詳しくなった朝。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-04-23 10:01 | diary | Comments(0)

1年前と今と

 ポール・マッカートニーの来日公演が近づいているので、気分がいい。今朝は「ジュニアーズ・ファーム」を。この曲もライヴでやってくれたら嬉しい。 

 1年前の4月といえば、ボブ・ディランとブライアン・ウィルソンとエリック・クラプトンが同じ時に日本にいた。僕はディランとブライアンのライヴを観た。マール・ハガードとギブ・ギルボーとプリンスが亡くなった。ダニエル・マーティン・ムーアにリリースのオファーを出した。CDの流通を委託していた会社が音信不通になり困っていたところ、今の流通先が助けてくれた。前のアルバイト先で異動があって慌ただしかった。ベイスターズは最下位だった。「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読んだ。熊本で大きな地震があった。そして、まさか1年後にポールの日本公演があるとは思わなかった。

 でも、武道館公演のチケットは余っているらしい。高額なチケット代を思えば当たり前だ。ポールの武道館公演のチケットを余らせるような興行をしてはいけない。みんな観たいのに観れないなんて。東京ドーム公演は3日間ともよく売れている。それなのに武道館は余っている。おかしな話だ。

 昨夜はプリンスのライヴ映像をいくつか観た。そして、1年前のことをいろいろ想い出し、けっして小さくはない変化があったのだなと思った。今こうしてポールのライヴを楽しみにしている自分は幸せだと思う。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-04-22 07:19 | diary | Comments(0)

どんぶらどんぶら

 このブログに書いたり、「実はさ」と誰かに話をすると、その逆になることがよくある。例えば、電車が混んでいると書くと、その日はあっさり座れたりする。天気がいいと書けば、空は曇ってくる。そのたびに僕は「またか」と思うのだ。

 それならばと、「どうせ僕は鰻を食べられないだろう」とか「ブルース・スプリングスティーンはもう日本に来てくれないさ」と言ってみたところで、鰻にありつけることはないし、スプリングスティーンがやって来ることもない。どうもそういう話ではないらしい。

 思えば、昔から調子に乗るとロクなことがなかった。勝てる気がすると言えば、たいてい負けた。だから、今はできるだけ調子にのらないよう気をつけている。血気盛んだった頃はそれも難しかったが、最近は比較的うまくできるようになった。おかげで、僕の日常は少なからず穏やかになった気がする。

 人生は大きな川のようなものだ。意志の力でどうにかしようとすること自体、間違っているのかもしれない。どんぶらどんぶら流れていこう。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-04-21 07:18 | diary | Comments(0)

音さがしは後で

 原稿をひとつ入稿。午後は音さがし。でも、陽気がいいので、どこかへ行きたい気もする。いい季節になった。

 昨日、夕食を食べながら、スマホのプロ野球速報でベイスターズの試合経過を追っていて思ったのだが、これは便利になったと言えるのだろうか?家族でラジオを囲んでいた頃の方が豊かだったのではないか?夫婦で箸を持ちながらスマホの小さな画面に見入っているのは、絵面としていささか病んでいる気がした。まぁ、ベイスターズの試合がラジオ放送されるかどうかは別問題だけど。なんであれ、見事な勝利でした。今永が1安打完封。やった!

 ちなみに、無音でスマホを見ていたわけではない。ビートルズをかけていた。『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』と『マジカル・ミステリー・ツアー』。最後のバッターを打ち取ったとき、「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ」のイントロが流れてきたのは感動的だった。こういうのを「救い」というのだと思う。

 ほんとに今日はいい陽気だ。やっぱりどこかへ出かけよう。音さがしはその後で。

 最後に掲載情報をひとつ。1980年代に特化したエンターテインメント・サイト「Re:minder」に、デュラン・デュランのことを寄稿しました。僕の世代で80年代といえば、やっぱりこの辺を書いておかないとパズルのピースが埋まりません。毎回コラムのタイトルを変えられてしまうのだけど(それは別に構わないのだけど)、今回は写真と映像も差し替えられてました。多分、僕のセンスは地味なのでしょう。その辺のことは、けっこう自覚してます。文章はそのままです。ぜひ読んでみてください。

デュラン・デュランは女子のもの?そんな線引きがあったのかもしれない

f0182140_11323039.jpg