ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

カテゴリ:diary( 2630 )

日常へ

 ポール・ウィークが終わり、日常へ。昨日はアルバイトがなくて本当によかった。1日かけて自分のペースを取り戻せた。

 ポールが帰国して4月が終わり、5月がやって来た。世間はゴールデン・ウィークに突入。僕は日常へ回帰。

 あぁ、日常。昔は退屈なものだと思っていたが、今は大切に思っている。日常あっての僕である。昨日はそれを思い出すための時間だったと言えるかもしれない。

 とはいえ、余韻はしばらく残る。肉体的な疲労も。心にぽっかりと空いた穴は日常が少しづつ埋めてくれることだろう。

 最後に掲載情報をひとつ。個人のFBやツィッターでは既にお知らせ済みだけど、念のためこちらでも。しつこくてすみません。1980年代に特化したエンターテイメントサイト『リマインダー』に、「ウィ・アー・ザ・ワールド」のことを寄稿しました。この曲を初めて聴いたのは、高校に入学する春でした。ぜひ読んでみてください。ちなみに、明日には新しいコラムがアップされる予定です。

 ・桜の季節に聴いた美しいメロディ「ウィ・アー・ザ・ワールド」は名曲か?


[PR]
by sandfish2007 | 2017-05-02 06:49 | diary | Comments(0)

期間限定ポール・マッカートニー日記(東京ドーム3日目の巻)

 期間限定ポール・マッカートニー日記。今日が最終回。

 昨日は東京ドーム3日目。前日の深酒ゆえに遅めの起床。やさしい朝ご飯に感謝。

f0182140_08262327.jpg

 原稿を途中まで書き、ベイスターズが7対0で大量リードをしていることを確認し、安心して14時40分に出発。水道橋駅には16時10分頃到着。駅前の露店では様々な違法グッズが売られていた。いつもの風景。

f0182140_08263462.jpg

 快晴の東京ドーム。この日はTシャツ1枚で過ごせるくらいの陽気で、とても気持ちよかった。大量リードしていたはずのベイスターズは10対9で辛勝。あぶなかった。この1週間を共に過ごした友人達と待ち合わせ、いざ会場内へ。

f0182140_08484780.jpg

 19時頃にポールがステージに登場。またしても怒濤の展開。会場のボルテージは最高潮。座席にはサイリウムが置かれていて、「ヘイ・ジュード」のときに一斉に発光。とてもきれいだった。天井には「THANK YOU PAUL」、「JAPAN LOVES YOU」の文字が浮かび上がり、観客は大合唱。素晴らしい一体感。まんまと乗せられた。

f0182140_08290248.jpg

 終演は21時40分頃。素晴らしい夜だった。そして楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまうのだ。ポールへの感謝を込めてみんなで乾杯。終電のひとつ前で帰宅。

 4公演すべてに足を運ぶことができて幸せだった。そして今は少しばかり淋しいのだ。

 お疲れ様でした。

f0182140_08270952.jpg


[PR]
by sandfish2007 | 2017-05-01 08:29 | diary | Comments(0)

期間限定ポール・マッカートニー日記(東京ドーム2日目の巻)

 昨日はポール・マッカートニーの東京ドーム公演2日目。16時過ぎにアルバイトを早あがりして地下鉄に飛び乗った。バイト先の最寄り駅では「春まつり」が開催されており、たくさんの鯉のぼりが空を泳いでいた。そんな季節。

f0182140_10452003.jpg
 
 17時30分過ぎ、水道橋に到着。地上に出ると、たまたまポールのトラックが信号待ちをしていた。気持ちがあがる。

f0182140_12253588.jpg

 本屋さんもポールでいっぱい。そして、会場の周りはすごい数の人。異様な空気を感じた。

f0182140_10455671.jpg

 この日は友人の家族と一緒の席。すごく前の方とは聞いていたが、ずんずん歩いていくと…。アンビリーバボー。

f0182140_10461521.jpg

 宮井ポール史上最短距離。これはなにかのご褒美か?僕はなにかいいことをしたのか?(いや、してない)どきどきしながら開演を待った。

 19時になる前にポールがステージに登場。またしても怒濤の展開。会場は興奮の坩堝。僕はあえなく昇天。7回くらい死んで8回ほど生き返った。セットリストが何曲か入れ替わっていたのも嬉しかった。2時間40分。全39曲。あぁ、ポール…。

f0182140_10464457.jpg

 終演後は友人達と乾杯。これまでの3公演を整理し、頭をすっきりさせる。一足先に失礼して終電に飛び乗った。地元の駅に着いて馴染みのバーへ行くと、ポール爆音上映会が開催されていた。そこに居合わせたライヴ帰りの友人達ともうひと盛り上がり。帰宅したのは午前3時だった。

 今日はいよいよ最終日。ポール・ウィークはいつも足早に過ぎてゆく。