ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日曜日のこと

 2日つづけての雨模様。

 えっと、「NEWS」欄にも書いた通り、本日発売の雑誌『THE DIG』で、うちのレーベルのサンプラー・プレゼント企画をやってたりする。いわゆるハズレなしの全員プレゼントで、内容は、これまでリリースしてきたタイトルから1曲づつを収録したもの(全9曲)。しかも、通販サイト『Sandfish Records Shop』の特典サンプラーとは別内容なので、ダブリは1曲もなし。実に素晴らしい。

 応募方法などの詳細はこちら→link

 応募がたくさんくる。→「すごい反応だなぁ」と『THE DIG』編集部がびっくりする→「ひょっとしてさ、サンドフィッシュ・レコードってすごいんじゃね?」という噂が広まる→いろんなところで取り上げてもらえる→ラジオやCDショップで特集が組まれる→CDが売れる→万歳三唱…という流れがいこうかなぁと(そんなに甘くない)。

 ちなみに、今回の『THE DIG』の特集は、ビートルズの『ホワイト・アルバム』。ジョンとポールの表紙が目印です。サンプラー・プレゼントの記事はP72。よろしく。

 さて、日曜日は、藤沢の遊行寺で開催されたイベント『Echo Beats 湘南』へ。だらだらと仕事をしてたせいで、行くのが予定より遅れてしまい、2時間もいられなかったけど、古巣の同僚に会えたり、久しぶり&懐かし系の友人・知人に挨拶できたり、御堂の中でらぞくのライヴを観れたりと、楽しい時間だった。イベント自体もゆるゆるな雰囲気なのに、身勝手なことをしてる人も(少なくとも僕には)見当たらず、各自の自主性に任せた、いい意味でのまとまりが感じられた。問題を先読みしてとりあえず禁止!みたいな窮屈さがないのは、本当にいいことだと思う。それよりもイベントの主旨を理解してもらって、みんなで居心地のいい空間を作る努力をした方が、ずっと建設的というか、前向きというか、平和的というか、気持ちがいい。

 夜は、茅ヶ崎のレコード・ライブラリー『Brandin』へ。この日は、オーナーであるワーナー・ミュージックの宮治淳一氏と、音楽評論家の萩原健太氏による居酒屋トーク的なビーチ・ボーイズ・ナイト。これって、9/18付の日記に「行けない」と書いたイベントなんだけど、予定してた日程に台風が来てくれたおかげで、1週間の順延となったため、顔を出すことができた。萩原氏とは初対面だったので、軽くご挨拶&自己紹介。ちゃんとサンドフィッシュのことを知っててくれて、「ああいうのを出してるところって少ないから、目立ってますよ。なかなか力になれてないけど、頑張ってください」と言っていただき、ほっとひと安心。

 イベント自体は、ファースト・アルバムから順番に、宮治氏と萩原氏がそれぞれ1曲づつ選んでかけていくという、まぁ、いたって居酒屋的なもの。で、僕はこういう「何が好き?どの曲がいい?」的な話が大好きなので、両氏の軽妙トークを聞きつつ、友人達ともあーだこーだ言いつつ、“Your Summer Dream”やら“Ballad of Ole' Betsy”やら“Please Let Me Wonder”といった名曲の数々を聴いたのだった。事情あって『Smily Smile』までしか聴けなかったけど、楽しい夜だった。

 そんなこんなの日曜日。それにしても、先週は仕事がはかどらなかったなぁ。かなり反省しつつ、昨日からは危機感にかられてがんばってたりする。雨が降ってると、飲みに行く気にもあまりならないので、ちょうどいいのかもしんない。

 というわけで、今日もがんばろう。おー。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-30 09:31 | diary | Comments(0)

ノーブラ

 なんとなく早起きできた。よしよし。

 とりあえず、オハイオ・ノックスをターンテーブルにのっけて、朝食を作る。昨日炊いたご版と味噌汁、それに卵焼きと日本茶…というごくごく簡単なもの。この質素具合が、なんだか慎ましくて心地良かったりする。美味しくいただき、今度はニック・ロウをターンテーブルにのっけて、洗濯機をまわしてみる。で、日本茶をすすると。ずずず…と。穏やかな朝なり。

 ここ数日、だらけモードにはまりこんでしまい、笑っちゃうくらい仕事がすすんでいない。だから昨日はもうあきらめて、夕方にひと眠りして、それからゆっくり風呂に入って、夜はテレビで映画『スパイダーマン』のシリーズ1作目を観た。これまで僕は2作目しか観たことがなかったから、数年の時を経て、昨日でいろんなつじつまが合い、なんだかすっきりしたのだった。

 2作目は、公開当時に映画館で観たんだけど、同じく観たという友人に、「MJ(映画のヒロイン)がノーブラだったでしょ」と言われて、僕はそんなことに全然気がつかなかったから、「へぇー」としかそのときは言えなかったんだけど、昨日のテレビで観たMJもしっかりノーブラだったので(雨のシーンでわかりやすかった)、「あ、今日もノーブラだよ」とつぶやくことができて、よかった。

 …ま、どうでもいいことなんだけど。なんとなく。

 観終わってからは、もらいもののブランデーをちびちびしつつ、ニーナ・シモンのレコードを聴いた。で、ノーブラ的な心理(つまり、ノーブラで出歩く心理)について、ぼんやりと考察してみた。

 結論:女性であることを楽しむのはいいことだ。

 えっと、あくまでも個人的見解というか、希望的観測というかね。なんか前向きな気がしたもんで。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-27 07:50 | diary | Comments(0)

Tシャツ、再入荷しました!

f0182140_10353331.jpg

 自転車で近場を、例えば海とか飲み屋さんに行くときは、まだ短パン、Tシャツ&ビーサンなんだけど、そうは言ってもやっぱり秋なんだよなぁと感じることが徐々に増えてたりする今日この頃。で、このまま秋が深まっていくと、大好きなザ・フーが日本にやって来るわけでね。楽しみなり。

 そんなわけで、今朝はピート・タウンゼントの『Psychoderelict』を聴いてたりする。ピートのソロ作には、どこか近未来的なハイパー感があって、その辺の肌触りみたいなものが、しなやかな肉体性を感じさせるザ・フーとの違いかなぁと思ってたりする。ただ、ザ・フーの中でも、 “Eminence Front”とかはそんなところあるし、この曲がライヴでよく演奏されてるところをみると、きっとピートはこういう雰囲気が好きなんだろうなぁと思ったりする。

 で、僕としては、こういう音はソロでやってくれた方がしっくりくるし、多分、ピートにもそういう意識はあるような気がするので、ザ・フーでの活動と並行して、ソロもたまには出してくれると嬉しいんだけどなぁと思ってたりする。

 さてと、報告が少し遅れましたが、Tシャツが再入荷しました!んで、これまで在庫切れしてたサイズもすべて揃いました!(ライトブルーも他の色とサイズを統一しました)。昨日から通販サイト『Sandfish Records Shop』にてお買い求めいただけるようになってますので、興味のある人は覗いてみてくださいね(こちら→link)。秋とはいえ、まだまだTシャツの季節はつづきます。涼しくなったら、シャツの下にさらりと着こなしていただけるといいかなと。

 <色>
  ネイビー、ホワイト、ライトブルー
 <サイズ>
  ガールズS、ガールズM、S、M、L、XL
 <特別価格>
  3,675円→3,000円(675円OFF)

 来月からフリマ月間に入るので、CDをがんすかがんすかかけながら、相乗効果でTシャツやトートバッグも気に入ってもらえたら嬉しいです。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-26 10:38 | diary | Comments(0)

10月&11月のイベント情報

10月と11月は、フリマを中心にイベントがいっぱい。

JR藤沢駅北口サンパール広場の「藤沢オープンカフェ」で7日間。
大船観音のライヴ・イベントにも出店。
さらに、設立1周年記念イベントもあるわけでね。

詳細は「NEWS」欄にて(こちら→link)。

ぜひぜひ遊びに来てくださいませー。

MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-25 12:03 | diary | Comments(0)

Echo Beats

 今度の日曜日、藤沢の遊行寺さんにて、友人のkengoくん達が主催するイベント『Echo Beats湘南』があって、今からかなり楽しみだったりする。
f0182140_150329.jpg

 最近はほんとにあちこちでいろんなイベントがあって、正直ちょっとわかりにくかったりもするんだけど、その中でも『Echo Beats湘南』は目的というかベクトルというか、テーマがはっきりしてて、それはつまり、「自分らの好きなことをしながら、できそうなこと見つけて、地球や未来のためになんかしようぜぃ」的なことなんだと、僕は思っている。で、話を聞いてみれば、考えてることややっていることも、ゴミを持ち帰ろうとか、拾おうとか、廃油を再利用しようとか、どれも具体的でわかりやすいし、それはとてもいいことだと思うので、勝手に応援してると、そういうことね。

 日時やイベント内容の詳細は、公式HP(こちら→link)やミクシィのコミュニティ(こちら→link)を参照。

 うまく言えないんだけど、大切なのは、より良い未来を想像する力なんだと思う。無理矢理に、ただストレートに考えるんじゃ長つづきしないかもしれないけど、音楽や映像や絵などのアートを通して、なにかそういったポジティブな気持ちを刺激される機会や、具体的なきっかけって、あってもいいんじゃないかなぁと思う。出演者のラインナップも、面白そうなのが揃ってるし、頭よりも体が動くイベントにちゃんとなっているところがえらい!と思う。

 というわけで、サンドフィッシュ・レコードは『Echo Beats湘南』を応援します。当日は僕も、食器もってって、飲み食いして、ポスターかなんかを買って帰るつもり。楽しみだね。そもそも、お寺の境内で音楽を楽しめるだけでも、ちょっと愉快なことだと思う。 

 というわけで、よかったらみんなで遊びにいきましょう。そうしましょう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-24 14:53 | diary | Comments(0)

Happy Birthday, Bruce!

今日はブルース・スプリングスティーンの誕生日。
59歳になりました。おめでとう!おめでとう!
ぱちぱちぱち…。

スプリングスティーンには、
今もたくさんの勇気と元気をもらってて、
それはつまり、
自分がなりたかったはずの自分に、
今もちゃんと嘘をつかずになろうとしてるのか?
ということなのかもしれない。

こうしてレーベルをやっていることも、
そうした道の途中でありますように。

Happy Birthday, Bruce!

MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-23 19:58 | diary | Comments(0)

Around the Sun

 久しぶりにR.E.M.の『Around the Sun』を聴いて、これは本当にいいアルバムだなぁと思って、昨日から今日にかけて、ずっと聴いてたりする。このアルバムは、R.E.M.ファンの間ではあまり評判が良くないと聞いたことがある。実際、そんなに売れなくて、メンバー達からも「あれはうまくいかなかったかなぁ」みたいなことを言われているのを、どっかで読んだ気がする。

 そんなこと全然ないのに。すごくいいアルバムなのに。

 このアルバムのツアーに、僕は足を運んでいる。会場は熱心なファンでいっぱいで、愛情に溢れていて、やはり年齢層は高かった(僕くらいか、それよりちょっと上くらい)。ただ、おそらく、集まった多くの人達にとって思い入れがあるのは、古い歌だったと思う。多分、このアルバムの歌じゃなかったと、僕は思う。

 もし熱心なファンの人達に、このアルバムがあまり評判が良くないのなら(本当にそうなら)、それはとても残念だけど、しょうがないことなのかもしれない。だって、きっと彼らは彼らで、これまでの長い時間を、R.E.M.の音楽を聴いて育ち、共に成長してきたわけで、自分だけの特別な歌がいくつもあるわけで、もしこのアルバムが、そうした思い入れとはどこかそぐわないものだとしたら、気持ちが無条件に盛り上がらないのも、それはそれで仕方がないのかもしれない。で、僕はR.E.M.の熱心なリスナーじゃないから、そういう特別な曲をもっていないから、こんな話をしているのかもしれない。

 R.E.M.のアルバムは、主にそういう人達に向けて販売される。思い入れいっぱいの過去の名作と並べられる。そして、「昔の方がよかった」と、たまに言われたりするのかもしれない。こんなにいいアルバムを作っても。

 このアルバムは一体誰に聴いてもらえばいいのだろう?と、ふと思ったりした。誰が自分の心や体の大切な部分に、この音楽を重ねるのだろうと。もしファンがそっぽを向いてしまい、メンバーさえも作品に自信をもてなくなってしまったら。ちゃんと新しい誰かがどこかからやってきて、聴いてくれるのだろうか?

 聴くべき人はきっと他にもいるはずなのに、見つけられないのは、なんだか寂しい。

 つまり、このアルバムには、もっとふさわしい居場所があるんだと思った。そういう音楽って、きっと世界中にあるんだと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-22 11:50 | diary | Comments(0)

Sleep's Dark and Silent Gate

 雨がしとしと降ってたりする。ジャクソン・ブラウンを聴いてたりする。『The Pretender』を。大変よろしいかと。

 昨日は、茅ヶ崎にあるレコード・カフェ『Brandin』へ。今度の土曜日に、萩原健太氏によるビーチ・ボーイズ・ナイトがそこであって(ブライアン・ウィルソンの新作『That Lucky Old Sun』発売記念)、僕も新譜のたびに萩原氏にはサンプル盤を送っているのだけど、特に面識があるわけじゃないので、おそらくちゃんと聴いてもらえてないというか、そんな気がするので(ものすごい数のCDが送られてきてると思うし)、これを機会にご挨拶したいところなのだが、その日は友人の結婚式があって行けない。ということで、いつもお世話になっている店主の宮治ひろみさんに、「サンドフィッシュ・レコードって知ってます?あら、知らないですか?いつもCDは送ってるみたいですよ。うちでも扱ってて、ほら(と、さりげなくディスプレイされているうちのCDを指差してもらう)」作戦をお願いしにいったと、そういうわけね。

 ひろみさんは、ブライアンの新作の歌詞対訳をされたとかで、さらに数日前にはライヴもハリウッドボウルで観て来たとかで、相変わらずご活躍の様子。素敵なり。

 ジョン・メイヤーのライヴ盤などを聴きつつ、ずずずっとレモネードなどをすすっていると、「ジャクソン・ブラウンの新しいのは聴いた?」と訊かれたので、まだだと言ったら、すぐにかけてくれた。いつもと変わらないまっすぐなジャクソンの歌声に、なんだかほっとする。で、今回はすごくリラックスしてるなぁと思ったりした。

 11月には来日公演も決まっているジャクソン。とても観たいけれど、ザ・フーとキャロル・キングを観に行くので、そんな余裕はなかったりする。うー。で、とりあえずレコードでも聴いとけぃ!ということで、昨夜からジャクソンを聴いていると。そういうことね。

 ジャクソン・ブラウンはとてもいい。“Sleep's Dark and Silent Gate”なんて、ほんとにいいと思う。大好きだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-18 11:07 | diary | Comments(2)

Evergreen Music from Shonan

すがすがしい朝なり。
洗濯機をまわし、
フライパンに卵を落とし、
トーストを焼き、
コーヒーを入れる。

今日も1日がんばろう。

昨日はチラシをてれてれと作ってた。
とりあえず、表紙はこんな感じ。
えっと、シンプル・イズ・ベストということで。
f0182140_8534365.jpg

A5サイズの紙を半分に折って、
開いて見れるようなのにしようかなぁと思ってたりする。
先日、「余白や」さんにて、
「日本は折り紙文化だからね」と言われて、
なーるほどーと思い、
そういうのを作りたくなったのだった。

来週にはできるかなぁと。
そしたら、1枚1枚手折りしていくわけでね。
けっこう楽しみなり。押忍。

さて、今朝もピンク・フロイドを。
『Dark Side of the Moon』を。
久しぶりに聴くと、やっぱりいいんだよな。
ちょっとないくらいのクォリティに、
改めてびっくりさせられる。

長く愛されつづけている作品には、
やはりそれなりの理由があるのだろう。
うちもそういう作品を出していけたらいいなと思う。

MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-17 08:55 | diary | Comments(2)

Echoes

 リック・ライトが亡くなった。癌をわずらっていたなんて、全然知らなかった。享年65歳。浮遊感と幻想性を持ち合わせたリックのキーボード・プレイは、ピンク・フロイドのサウンドの基盤だったと思う。ビンク・フロイドと聞いて僕がまっさき思い浮かべるのは、“Echoes”や“Shine on You Crazy Diamond”での、リックのそんなプレイだっりする。そんなことを思いながら、今朝はピンク・フロイドを聴いている。『Dark Side of the Moon』と『Wish You Were Here』、そして“Echoes”を。いつまでも色あせない音楽を、ありがとう。

 昨日は夕方になってビールが飲みたくなり、友達の家に遊びに行こうとメールをしたところ、サイクリングで茅ヶ崎にいるので帰りに寄るとの返事。早速、ビールとかっぱえびせんを買いに行き、米を炊いたところで、友人が到着。ジェイムス・ブラウンやクール&ザ・ギャングやオハイオ・プレイヤーズを聴きながら乾杯。ワン・コード・ファンクの話をとりとめもなくする。それからは、生姜焼きを作ったり、まぜるだけのパスタを作ったり、ビールを買いたしに行ったり、お刺身を食べたりしつつ、友人が今練習してるという曲を聴かせてもらい、二人でポール・アブロやゲイブリエル・マンやジョン・リーゲンの曲を演奏し、なぜか海援隊の「人として」も歌い、トム・ウェイツの“Ol' 55”のコードをひろって、最後にスプリングスティーンのピアノ弾き語り“Thunder Road”の映像を観てから、友人は小雨降るなか、自転車のペダルを踏んで帰っていった。なんかいい気分転換になったような。さんきゅーまいふれんど。

 それにしても、海援隊の「人として」。これって、小学6年生のときに毎週観ていたテレビ・ドラマの主題歌なんだけど、当時から好きな歌じゃなかったし、今ではむしろ嫌いな方なのに、歌詞はしっかりと覚えてたりする。つまり、幼い頃の「刷り込み」って、そういうものなんだなぁと思った。

 ここ数日、長く置いておけるチラシらしきものを作りたいと考えてて、今日はそのデザインをしようかなぁと企んでたりする。A4の半分くらいの大きさで、2つ折りになっていて、開けると中にカタログ詳細が載ってるようなものを。あると便利かなぁと思って。今日の午前中はなんとなく過ぎてしまったので、午後からがんばろう。そうしよう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2008-09-16 12:30 | diary | Comments(2)