ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Heron

 ど快晴っ! 見よっ! この抜けるような青空をっ! …と、僕は言いたい。いやぁ、晴れてよかったなぁ…なんて書いてたら、うっすら雲が出てきたけど、雨の心配はないでしょう。ほんと、よかったよかった。

 というわけで、しつこいようですが、今夜は『Sandfish Records Night Vol.1』です。もしよかったら、遊びに来てくらさい。よろしく。

 そんな気分よろしき朝、窓全開にして、洗濯物を干して、イーグルスのファーストとロギンス&メッシーナのファーストをかける。トーストと目玉焼きとオレンジとバウムクーヘンを食べて、牛乳とレモネードを飲む。幸せって、割と身近にあるもんだなぁと、思ったりする。

 ふと思ったのだけど、例えば青い空を見てイーグルスの“Take It Easy”を聴いてしまうというのは、今の時代、かなりクールじゃないことなんだろうなぁと(そもそも、クールだったことがあったのかさえ怪しい)。でも、僕はそれでもいいのだ。別にクールじゃなくても、全然いいのだ。いぇい。

 で、これからポール・アブロを聴こうかなと。これは、けっこう、クールなんじゃないかなぁと、思わないでもない。

 さて、プチ連載も今日が最終回。レーベルを始めたときから、ずっと頭の片隅にあるのが、実はこのアルバムだったりする。なんてことなさそうで、そんなことない。どこにでもありそうで、なかなかない。簡単そうで、実は誰にも真似できない。全然押しつけがましくないのに、ちゃんと存在感がある。そんなレーベルになっていけたらなぁ、と思っている。

◇Heron『Heron』
ヘロンの歌には、そよ風にのって運ばれてくる木々の匂いがする。降り注ぐ光のまぶしさに、思わず手をかざして、目を細めてしまうような、そんな気持ちにさせられる。手持ちの楽器とシンプルな機材を野外に持ち出して録音された、優しく穏やかなアコースティック・サウンド。もし日常の中に、ささやかであれ、奇跡というものが存在するのならば、ここで聴ける歌と演奏は、まさにそういうものだと思う。「幸せ」が、まるで当たり前のことのように、音楽の中で息づいている。<MIYAI@Sandfish Records>

 では、これから準備なり。あれこれと。やることをやる。とにかく、僕は、楽しみで、しょうがない。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-31 10:24 | diary | Comments(0)

Village Green Preservation Society

 どうにか雨は降ってないみたい。自転車で出かけられそう。えっと、多分。で、明日も、なんとか雨は降らなそうな予報。どうか当りますように。

 昨夜は、白ワイン(メルシャン385円)とイチゴ(とちおとめ198円)をいただきながら、オーティス・レディング『The Soul Album』、リトル・ウォルターの初期ベスト盤、ローリング・ストーンズのファーストを聴いた。ディープでガッツのある、ちょっと硬派な夜だった。

 そういや、映画『ブリティ・ウーマン』の中で、リチャード・ギアがジュリア・ロバーツに、シャンパンとイチゴを振る舞うシーンが確かあったと思うのだけど、ちょっと似てるじゃんと思ったりもした。えっと、メルシャンととちおとめだけど。

 …ふむ、あんま硬派な夜でもなかったような気がしてきたな。ま、いいや。今朝はロジャー・ティルソンのアルバムをターンテーブルへ。なかなか硬派な朝…だったりする。

 さて、プチ連載なり。今回はイギリスを代表する天才ソングライター率いるこのバンドの登場。もしオールタイム・ベストを作ったら、このバンドに対抗できる奴らなんているの?とさえ思ってしまう。それくらいいい曲だらけのバンドの、これは最高傑作な1枚だと思う。

◇The Kinks『The Kinks Are the Village Green Preservation Society』
音楽に心を奪われてからずっと、イギリス的な世界観に強い影響を受けてきた。一筋縄ではいられない性分、伝統的な気品、ノスタルジーとファンタジー。キンクスのこのアルバムには、僕が求めるイギリス的なモノの重要なエッセンスが、ほぼすべて詰まっている。切ないメロディを通して見え隠れする、一生懸命さや優しさがたまらなく愛おしい。キンクスははぐれ者だ。大通りの真ん中じゃなく、道ばたから歌を歌う。でも、そこからしか見えない風景というのも、確かにあるのだと思う。<MIYAI@Sandfish Records>

 最近、イベントの日はいつも雨が降っている。「ひょっとして雨男?」とささやかれるようになってたりもするけど、そんなことはありません。明日は、雨なんか、降りません。だから、安心して足をお運びくださいませ。みんなで、楽しく、遊びましょう。『Sandifish Records Night Vol.1』、どぞよろしく(ぺこり)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-30 07:33 | diary | Comments(0)

Honeysuckle Rose

 どうしようもなく眠くなって、ベッドに潜り込んだのが、昨夜の午後10時頃。んで、ようやっとベッドから抜け出したのが、今朝の午前8時。あー、よく寝た。で、今は数日ぶりに清志郎をかけてたりする。「君が僕を知ってる」とか、RCの初期の歌を。

 さてと、プチ連載なり。気持ちが明るくなって、穏やかになって、リラックスできる。毎日の暮らしの中で、そんな時間が増えていったらいいなぁと、そんなことを思わせてくれる1枚を。

◇The Central Park Sheiks『Honeysuckle Rose』
天気のいい休日に、公園の芝生でのんびり過ごしてるような気分になれる1枚。スウィング・ジャズの小粋さを身にまとった、このアコースティックなルーツ・ミュージックは、とにかく音楽への愛情に溢れている。好きな音楽を受け継ぎ、自分達のものにして、別の人に伝えていくということが、こんなにもフレッシュで心躍ることなのかと、このアルバムを聴くたびに、僕はつくづく思い知らされるのだ。昔からあるのに、いつまでも古くならない。ここで聴けるのは、そういう音楽なのだと思う。<MIYAI@Sandfish Records>

 今度の日曜日に行われる『Sandifish Records Night Vol.1』。天気予報によれば、雨は降らないみたい。ま、屋内だから降っても平気なんだけど、やっぱり降らないにこしたことはないわけで。既に第2回の話もいただいてたりとかしてて、最近なんだかいい雰囲気だったりする。楽しみだ。

 というわけで、今日も元気にいこう。やっぱり元気なのは、大切なことだと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-29 09:00 | diary | Comments(0)

Rhymes and Reasons

 雨の木曜日。朝からビールを飲んだ。うめー。

 で、今は仕事中。31日(日)のイベントに関することをせこせことこなして、それ以外のこともあれこれとやってたりする。レーベルをひとりでやっていると、例えば5人でやってるレーベルと同じことをするには、単純に5倍の時間がかかったりするわけで、スタートした当初は、この感覚をうまくつかめず、いつも追いつけてないような気持ちがして、焦ったものだけど、今はもう慣れたというかなんというか、とりあえず焦らなくはなった。相変わらず5倍の時間はかかってるんだけど。

 結論:焦ったってしょうがない。

 さて、プチ連載です。サンドフィッシュ・レコードはシンガーソングライターものを中心にリリースしてるわけだけど、やっぱりこの人がいなかったら、こんなレーベルをやることはなかったんだと思う。絶対。

◇Carole King『Rhymes and Reasons』
こんなに心が和らぐアルバムなんて他にあるのだろうか?…と思い続けて、随分と長い時間がたった。ほとんど地声で歌われる曲の数々は、毎日の会話のように気安く、ちょうど家事の合間にこしらえた刺繍や小物を、きれいに箱に詰めたような印象。でも、それがかけがえのないものであることは、もはや言うまでもない。これはキャロル・キングの作品の中でも、とりわけナチュラルな1枚。彼女の歌は、いつだって、人が自然体でいることの美しさを教えてくれるのだ。<MIYAI@Sandfish Records>

 雨がしとしとと地面を濡らしている。雨音を聞くのも、たまには悪くなかったりする。場合によっては、遠い記憶を呼び起こしてくれたりもする。えっと、場合によっては。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-28 11:39 | diary | Comments(0)

Here Comes the Sun

 こういう場に書いていいのか微妙だけど、先日、スプリングスティーンの非公式音源(前回と今回のツアー音源)をどどっといただいたもんで、少しづつ聴きすすめている。今朝は、昨年のスウェーデン公演を。友人ブログにて、スプリングスティーンがいかにスウェーデンを贔屓しているかが熱っぽく語られており、「ほぉーほぉー」とそんな気分で聴いていると、セットリストからしてそんな感じがしてきたりする。

 それにしても、このあたたかな高揚感は一体なんなのだろう。まるで希望の光に照らされていくかのような感覚。いつかまた、僕にも、ブルース・スプリングスティーンのライヴを観れる日が訪れますように。

 さて、プチ連載です。今日は、個人的な想い出の中でも、特別な意味をもったこのアルバムを。

◇Nina Simon『Here Comes the Sun』
ニーナの歌には、ある種の救済がある。聴く者を包み、癒し、鼓舞し、そして許してくれるのだ。どんな歌でもニーナが歌えば、それはかなりの確率でニーナの歌になる。ジョージ・ハリスンでもボブ・ディランでもジェイムス・テイラーでも、とにかくなんでも。うまく言えないのだけど、彼女は太陽のようであり、月のようでもある。つまり、これはそういうアルバムなのだと、僕は思っている。永遠の名曲が、ニーナによって、もうひとつの永遠を手に入れた瞬間の記録。<MIYAI@Sandfish Records>

 パンが切れていたので、今朝は、お米を炊いてたりする。シャケでも焼こうかなぁと、なんとなく思ってたりする。焼きたてのパンも好きだけど、炊きたてのご飯も大変よろしいかと。今日もつつがなく1日を過ごせますように。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-27 08:04 | diary | Comments(2)

George Harrison

 ルウ・ロンドンを聴きながら、卵スープを飲む朝。幸せな朝。もし許されるなら、できることなら、このまま1日を過ごしたい。あいあい。

 昨日は、寝坊がたたって、気ばかり焦りながら仕事してたら、なんとなく息切れして、思ったよりもはかどらなかった。ま、無理してもなぁ…ということで、21時半を過ぎたくらいに隠れ処「海樹」へ。お通しに出されたホタテの卵巣と白子が素晴らしく美味しかったので、お刺身も注文。冷酒と一緒にこんこんといただく。で、そのままいただきつづけてたら、日付けが変わっていたと。えっと、どうも、ご馳走さまでした。いつも美味しい料理とお酒をありがとう。

 帰りの道すがら、ローソンに寄り、ビールとサンドウィッチと割子蕎麦を買って、部屋で2次会。最後は、ジェフ・ベックを聴きながら、寝た。ぐぅ〜。

 で、今日はとてもいい天気だったりする。ルウ・ロンドンが心地良い。

 さてと、プチ連載。今日はついにこの人が登場。真打ち…と言ってでしょう。はっきし言って。

◇George Harrison『George Harrison』
もしも生まれ変われるなら、僕はジョージ・ハリスンのような人になりたい。ジョンでもポールでもリンゴでもなく、できればジョージがいい。レーベルをスタートさせたとき、いつでもそばに置いておきたくなるような作品をリリースしていこうと決めた。嬉しいときも、悲しいときも、ただ流れていくだけの時間の中でも、黙って隣に座っていてくれるような、静かに希望の光が投げかけてくれるような。つまり、このアルバムのような作品をリリースしたいと、僕は、今も思いつづけている。<MIYAI@Sandfish Records>

 卵スープが終了。ルウ・ロンドンもそろそろ終了。そしたら、ジョージの歌を聴くとしよう。そうしよう。皆さんにとって、そして僕にとっても、今日という1日が、慈愛に満ちてますように。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-26 09:25 | diary | Comments(0)

First Songs

 ちょい久しぶりにお米を炊いてたりする。お昼くらいに炊きあがったりするのではないかと。炊けたら、味噌汁と、いただきものの崎陽軒のシュウマイと一緒に食らう予定。うー、楽しみだ。ほんとはこれにもう一品くらいなんかあるといいのだけど、ま、贅沢が言える立場じゃないので、これで充分だったりする。

 昨日は、雨の中、たくさんの人がチャリティーライヴに集まってくれて、CDやTシャツを手に取ったり興味深く眺めてくれて、友達も手伝いに来てくれて、なかなか充実した良い1日だった。ステージは、来週末(5月31日)の「Sandfish Records Night Vol.1」にも出演するボードビリアン=夢集竹内の司会で進行。僕は販売ブースにずっといたから、ほとんど観れなかったのだけど、時折友人にブースを任せて覗き見させていただく。大トリを務めた月明かり4人組はもちろんのこと、高い音楽性が光っていたアジアン・ジャズ・パフォーマンス、そして大道芸人=チャックによる圧巻のチャップリン・パフォーマンスは、とりわけ素晴らしかったと思う。

 それにしても、雨なのに、Tシャツがよく売れたな。やっぱり、今はそんな季節なんだな。

 終演後は、手伝ってくれた友人と「和民」にてがっつり飲む。悲しい歌が大好きなその友人は、「太陽の歌よりも、雨の歌の方が絶対に多い」と力強く語っていた。多分、その通りなんだと、僕も思う。部屋に戻ってからは、その友人が昔作ってくれたカセット・テープを聴いた。いくつもの優しい歌にまじって、アーマ・トーマスの“It's Raining”が入っていた。しみじみといい曲だなぁ、と思った。

 さて、プチ連載のコーナー。今日はこの人の登場。僕にとっては、(怖さも含めて)もっとも女性を感じさせるアーティストかもしれない。

◇Laura Nyro『First Songs』
ローラ・ニーロの奔放な歌を聴くたびに、僕はひょっとすると一生「自由」になんかなれないのかもしれないなぁ…と思ったりする。それくらいローラの歌は、のびやかで、制限というものがなくて、鳥のようにどこまでも高く遠くまで飛んでいってしまう。夜のイメージをまとった時代の彼女も好きだし、女性らしい包容力をたたえた後期の彼女も好きだけど、このアルバムに収められたあまりに自由で屈託のない歌の魅力は、やはり特別だ。汚れのない情念に、いつも圧倒されてしまう。<MIYAI@Sandfish Records>

 お昼過ぎには、お米も炊きあがるはず。そしたら、シュウマイをあっためよう。味噌汁を作ろう。そうしよう。んで、夜になったら、隠れ処「海樹」へ。今日は、そんな予定になってたりする。

 MIYAI
f0182140_11432420.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-25 11:39 | diary | Comments(0)

Good Old Boys

 なんなんだ、この雨は…。どうもイベントのたんびに雨が降ってるような。江ノ島のチャリティーライブも雨。この前の茅ヶ崎ライヴも雨(野外のため中止)。で、今日も雨…と。

 だどりついたらいつも雨降り。そんなことの繰り返し。僕は車を持ってないので、電車ではんぱない量の荷物を持っていくんだけど、とてもひとりじゃ運べないから、友人に手伝ってもらうわけでね。だのに、この雨なわけでね。ほんと、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい(えんどれす)。

 ま、でも、今日のライブは屋内なわけで。着いてしまえば、ノープロブレムなわけで。がんばろう。おー。

 さてと、プチ連載のコーナー。今日はこの人の登場。素晴らしいアルバムの登場。世界最高のソングライターのひとりであることは、まず間違いないでしょう(断言)。

◇Randy Newman『Good Old Boys』
ハートフルであることと、アイロニックであることが、実はコインの裏表だということを、ランディ・ニューマンの歌は、誰よりも明確に教えてくれる。それはつまり、ただ優しいだけが本当の優しさでないということだし、ちっぽけな存在の僕らが、この冷たい世界で、たったひとりで、精一杯「No!」と叫ぶための勇気でもあるのだと思う。溢れ出る情感と郷愁。このアルバムには、そんなランディが、これまでに書いた最高の歌がいくつも並んでいる。その事実だけで、僕は充分なのだと思う。<MIYAI@Sandfish Records>

 では、これから着替えます。出かけます。外は雨ですが、もしよかったら遊び来てくらさい。こちら→link。よろしく哀愁。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-24 09:25 | diary | Comments(0)

JT

 くすみまくってたヤカンがピカピカになってたりする今日この頃。僕は水まわりがきれいだと嬉しいので、ヤカンがきれいというのもまた、妙に気持ちがよかったりする。

 さて、プチ連載がスタートした「サンドフィッシュ・レコードの世界観を、サンドフィッシュ以外の作品で紹介」する企画。今日はこの人が登場。もう最高。おーいぇー。

◇James Taylor『JT』
ジェイムス・テイラーの聖霊をたたえた歌声は、本当に唯一の、この世界でただひとつだけのものだ。手の平にのせたナイーブな魂のように、そっと触れないと傷ついてしまいそうでいて、どんなものよりも強い力を秘めている。あらゆる壁を越えて、人の心の奥まで届いてしまう。このアルバムは、素朴なスタンスと都会的なサウンドのバランスが素晴らしく、何度繰り返し聴いてもまったく飽きることがない。でもそれはきっと、この特別な「歌声」が、真ん中にしっかりとあるからだと思う。<MIYAI@Sandfish Records>

 さてさて、「News」欄にもアップした通り、明日はi-SHONAN主催のチャリティーライヴ。とにかく出演アーティストが大充実!という話のこのライヴだけど、ホールの雰囲気もとてもいいと聞いて、今からすごく楽しみだったりする。サンドフィッシュ・レコードでは、いつものようにCD、Tシャツ、トートバッグの他、出演アーティストのCDもいくつか販売する予定。よかったら遊び来てくらさいませ。お待ちしてやす。

 昨夜行われたWADDYのマジックショーは、びっくりびっくりの連続で、そらもう楽しい夜だった。WADDYはいつもサービス精神旺盛で、お願いするといつまでもマジックをつづけてしまいそうで、きっと本当にマジックが大好きなんだと思う。で、それはとても素敵なことなんだと、僕は思う。

 MIYAI
f0182140_7413811.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-23 07:42 | diary | Comments(0)

Tarzana Kid

 今朝目が覚めたら、なんとなく、ぱっとしない気分だった。「なんでだろ?」と、いろいろ理由を考えてみたけれど、思いつかない。で、思いつかないまま、ベッドでしばらくうだうだして、さっき起きたところ。さて、そろそろしゃきっとしよう。

 とあるCDショップから、「サンドフィッシュ・レコードの世界観を、サンドフィッシュ以外の商品も交えて紹介」するコーナーを作るというお話をいただき、とりあえず10アイテムを選んで、昨日は各タイトルのコメントを書いたりした。というわけで、今日から1タイトルづつ、この日記でもご紹介。

◇John Sebastian『Tarzana Kid』
ジョン・セバスチャンは、僕にとって憧れの人。ハートフルな歌声と、音楽への強い探究心が素敵だ。ずっとウッドストックで暮らしているセバスチャン。そんな日々の生活にしっかりと根づいたかのような素朴で穏やかな歌は、使い込まれた食器や家具の温もりに、どこか似ている。それにしても、このリラックスした歌と演奏は一体なんなのだろう?聴いていると、眼鏡の奥で目を細めているセバスチャンの笑顔が浮かんでくるようだ。<MIYAI@Sandfish Records>

 昨日のお昼は、サンラー焼そば(サンラータンメンの焼そば版)を食べた。美味しかった。それから海でビールを飲み、部屋で清志郎のDVDを観て、『ブルース・ブラザーズ2000』も途中まで観て、「サウサリート」でワインを飲んで、カウンターに居合わせた友人から崎陽軒のシュウマイをもらって、帰宅。そんな一日だった。

 今宵は、マジシャン=WADDYのショーを観に「Long Tone Cafe」へ。きっと、たくさん驚かされるのだと思う。それもまた、楽しみなり。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-22 09:56 | diary | Comments(0)