ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Early Morning

 なんとなんと6時前にベッドから抜け出すことに成功した朝。外はしとしと雨降り。ベン・テイラーの『Another Run Around the Sun』を数年振りに聴く。とりたてて素晴らしいアルバムだとは思わないけれど、丁寧に作ってあるし、ベンなりにできることはちゃんとやっているように感じられるのがいい。なんていうのかな、こういう手が届きそうな、日常的な音楽に、僕はいつも救われているような気がする。

 ビールを買って帰り、いただきものの長崎チャンポンと、酢豚的なるものを、その他こまごまとしたものたちと一緒に、食らう。ひたすら食らう。至福なり。んで、しっかりお腹を下したりする。安っぽいものをちょっとだけ食べることに日々慣れているので、美味しいものを腹一杯食べると、僕は、ほぼ100%の確率で、腹を下す。昨夜もそんな感じだった。でも、そんなことは、どうでもいい。美味しければ、それでいいのだと思う。

 ぽってりしたお腹をさすりながら、クラプトンのレコードを聴き、彼の自伝を読む。生き抜いたことから学んだであろう言葉が、ページのそこかしこに散りばめられていて、その重みに胸を打たれる。例えば、エリックを育てた祖母ローズは、口蓋の手術中に停電になったことが原因で、頬の一部がくぼんでおり、そのことが彼女をいくぶん自意識過剰にしていたという。そのことをエリックはこんな風に語る。「ディランの書いた“Not Dark Yet”という曲に、「どんな美しい顔の裏側にもある種の悲しみが潜んでいる」という歌詞がある。この受難が彼女を他の人間のジレンマに対して深い思いやりをもつ、とても暖かい人間にしていた。少年時代の大半は、彼女が私の生活の中心だった」。素敵だなと思った。ローズもエリックも。

 というわけで、やっぱりベン・テイラーはそこそこにして、エリックのレコードをターンテーブルにのっける。泣く子も黙る名作『Layla』。こうした偉大な音楽が、僕の人生の大きな部分を作り上げている。僕は無意識に、そしてときに意識的に、その中に隠された大切ななにかを必死になって吸収し、自分の一部にしてきた。今でも、こうした古いロックやソウルのレコードを聴くと一番心がしっくりくるのは、そういった理由からだと思う。けれど、そうだからといって、僕にエリックのような振り切った生きた方ができるわけじゃない。だから余計に、ベン・テイラーのような、けっして偉大ではないけれど温かい歌に、心惹かれるのだろう。

 さて、なんとまだ7時過ぎだったりする。出かけるまでに3時間もあると、なんでもできるような気になるね。なんて素晴らしいんだろう。僕は1日の中で、朝が一番好きだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-30 07:21 | diary | Comments(0)

Hey Bulldog

 昨日は、肉じゃがに振り回された1日だった。みりんのつもりがお酢を入れていたことに気づいたときは、随分がっかりしたけれど、友達がメールで対処方法を教えてくれて、言われた通りにしたら、どうにか普通に食べれるくらいにはなった。だから、夜にはご飯を炊いて、味噌汁をこさえて、無事に肉じゃがを食べることができた。思い通りの味ではなかったけれど、もう気にならなかった。そもそも、思い通りの味にできるほど、自分の料理の腕が上等じゃないことくらいは、よくわかっている。

 友人がリマスターされたビートルズのアルバムを何枚か貸してくれた。立体的で、リアルで、フィルターが取れたような、とても良い仕上がりだと思った。すっかり感心した僕は、興奮気味に何人かの熱心なビートルズ・ファンの友人にメールを送った。昨夜もステレオの前に座って、そんな話をした。「これはなんて曲?」と訊かれ、「“Hey Bulldog”だよ」と教えたりした。イントロのピアノが激しさを増し、ジョンのヴォーカルが鋭く突き刺さってきて、たまらなくかっこよかった。

 寝る前には、やはり友人から貸してもらったエリック・クラプトンの自伝を、ぱらぱらと読み始めた。頭からきちんと読むのではなく、エリックとジョージ・ハリスンとパティ・ボイドとの関係の顛末をいやらしく拾い読みした。それだけでも、この本がエリックのレコードと同じくらいに正直なものであることが、よく伝わってきた。僕はエリックの歌を聴かずにはいられなくなり、ベッドから起き上がって、『Pilgrim』をプレーヤーにセットした。それからまたベッドに戻り、しばらくの間、この本を読み耽った。

 ビートルズのリマスターもクラプトンの自伝も、彼らにさほど興味のない人にとっては、別段価値のあるものではないのかもしれない。でも、僕には深い意味がある。なにがきっかけでこれほど大きな差が生まれるのだろう?不思議なもんだなと思う。

 明け方に降っていた雨もあがり、今は小鳥の声が聞こえる。歩いて出かけるか、自転車に乗るか。もう少し考えてから、アルバイトに行こう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-29 08:58 | diary | Comments(0)

So Sad

 昨夜は友人宅にお呼ばれし、いい感じに飲んだもんで、ちょい遅めの起床。洗濯機をまわしながら、肉じゃがを作る。基本的に僕は同時にふたつ以上のことをやるのが苦手なんだけど、これくらいならできるでしょうと思っていた。でも、それは間違いだった。できあがった肉じゃがはとてもまずかった。なんでこんなにすっぱいのん?と思い、みりんを手に取ってみたところ、それは最初からみりんではなく、お酢だった。

 あーうー。まずいだよー。もったいねーけど食いたくねーだよー。

 というわけで、今は悲しい。とても悲しい。大好きなビートルズさえ悲しく聴こえる。それくらい悲しい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-28 12:35 | diary | Comments(0)

Get Happy!!

 日曜日の昼下がり、カレーライスを食べながら、エルヴィス・コステロの『Get Happy!!』を聴く。実に素晴らしい休日の過ごし方だと思う。

 例えば、週明けの学校や会社で、隣の席の女の子に「日曜日はなにしてたん?」と訊ねたとき、「エルヴィス・コステロの『Get Happy!!』を聴きながら、カレーライスを食べたわ」と言われたとする。きっと僕は愕然とし、「負けた…」と思うだろう。「“Possession”のときにスプーンでジャガイモころがしたりしてね。“Clowntime Is Over”でちょうど食べ終わって、麦茶飲んで、少しだけぼんやりして、“High Fidelity”を聴きながら洗い物をしたわ。そしたら、お皿を2枚割っちゃったのよねん。いやん」てなことまで付け加えられたら、頭が真っ白になって、しばらくその場から動けないと思う。そして、もしかすると、僕は、彼女に、恋をしてしまうかもしれない。

 とまぁ、そんなこんなの『Get Happy!!』だったりする(どんなだ)。僕の友人で、このアルバムがなによりも好きだというのがいて、「これまで何人に聴かせたかわからない」と言っていた。そんな彼にも先月半ばに初めての子供が産まれた。そんな話を昨夜ちょいとしたもんだから、なんとなく聴きたくなったのかもしんない。コップの跡がついたジャケも大好き。

 さてと、これからちょっくら海まで。小1時間ほどで戻るつもり。ほんと。そのつもり。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-27 13:54 | diary | Comments(0)

ふわふわ

 ニューリリースのための音さがしが楽しい。名前も知らない人達の歌をたくさん聴くわけだし、そうそういい作品があるわけでもないので、けっこう出口が見えないというか、煮詰まる作業でもあるんだけど、ぐったりしたところに「おっ、これはいいんじゃない?」と思える作品に巡り会えると、それまでの鬱屈した時間がぴゅーっとどっかへ飛んでいく。こうした高揚感やときめきを日常の中で持てるというのは、とても幸せなことだ。

 で、昨日の朝は、そんなことがあったりした。だから、1日中、足はふわふわと浮いてるような気分だった。まだリリースするかはわからないけど、取り寄せる手配はしたので、届いたらじっくり聴いてみたい。わくわくするな。

 僕は自分で音楽ができないから、人が作ったものを自分の中に入れていくしかないし、それを僕なりのやり方で外へ出していくしかない。けっしてクリエイティヴなことではないけれど、うまくやれたら、なにかの役に立つかもしれないし、誰かが喜んでくれるかもしれない。ささやかでもいいから、そんな風になれたらいいなぁと思ったりする。

 今宵は、お酒を持って、まだ知り合ったばかりの人の家へ、のこのこ出向く予定。魚を食べさせてくれるみたいなので(多分だけど)、やっぱり日本酒かなぁと考えてたりする。楽しみなり。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-26 08:14 | diary | Comments(0)

夕焼けを眺めたら「海樹」に行きたくなった

 ぼんやり気味の朝。ふぁ〜〜〜〜。

 昨日は夕方に海へ。とても夕焼けがきれいで、照り返しの赤がどこまでも広がっていて、富士山もくっきりと浮かび上がって、三日月もぽっかりと浮かんでたりして、あんまりきれいなもんだから、僕は暗くなるまでずっとそんな景色を眺めていた。そしたら、無性に日本酒が飲みたくなり、こきこきと自転車をこいで、馴染みの飲み屋さん「海樹」へ。とれたての小茄子のあげだしを日本酒と一緒にいただいたんだけど、これがべっくらこいちゃうくらい美味しかった。連休中の楽しいお土産話を聞かせてもらい、「野菜いっぱいもらったから持ってって」と手渡される。いつもお世話になりっぱなしの「海樹」さんだったりする。

 部屋に戻ってからは2次会。白ワインと焼酎を飲みながら、しつこくブルース・スプリングスティーンを観たり聴いたりする。めずらしくベランダでタバコを吸ったらむせた。中学生みたいだなと思った。

 で、今はぼんやりしてたりする。もっとしっかりしよう。そうしよう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-25 08:06 | diary | Comments(0)

ブルース・スプリングスティーンはつづく

 昨日はブルース・スプリングスティーンの誕生日だった。60歳になりました。ぱちぱちぱちー。というわけで、日付けが変わってから『The River』をターンテーブルにのっけて、寝る前に何曲か聴いて、朝起きてからも何曲か聴いてから、出かけた。

 で、夜はといえば、僕の町で一番ディープな音楽がかかるバー『ケインズ』へ。扉を開けるとトム・ウェイツが流れており、うちのTシャツを着たマスターのゲンちゃんがカウンターの中から迎えてくれた。「今日はスプリングスティーンの誕生日だから、一緒に『The Ghost of Tom Joad』を聴こうと思って来たんだよ」と僕が言うと、ゲンちゃんは「そう、今日なんですよね。ちゃんと覚えてますよ」と言って、すぐにスプリングスティーンをかけてくれた。でも、それは『The Ghost of Tom Joad』じゃなくて『Lucky Town』だった。「これを聴きたいなぁと思ってたんですよ」とのこと。ノー・プロブレム。まるまる聴き終えたところで、今度は僕のリクエストである『The Ghost of Tom Joad』を。一緒に行ったミュージック・マスター=浅見氏が「これってこういうアルバムなの?いいね。アナログ出てるの?買おう」と言ってくれたのが嬉しくて、僕はくさい焼酎をおかわりした。ゲンちゃんの友達が2人やって来て、そのうちのひとりがスプリングスティーンの歌を軽いと言った。「あ、そう?じゃ、重みがあるのってなんだろね?」と訊ねたら、矢沢永吉とのことだった。人それぞれなり。ちなみに、矢沢永吉も60歳なんだとか。いろんな人がいて、いろんな夜があるように、いろんな60歳がいるのだと思ったりした。ゲンちゃんは、『The Ghost of Tom Joad』が終わると、今度はファーストをかけてくれた。ずっと聴いていたかったけど、既に午前2時半をまわっていたので、3曲ほど聴いたところで泣く泣く店を出た。帰り道、ふらふらと自転車をこぎながら“Hungry Heart”を口ずさんだ。さらさらと吹く夜風が、いつもよりも心地良く思えた。

 で、今朝は『Working on a Dream』を。それから、『The River』をあたまからちゃんと聴いてたりする。ブルース・スプリングスティーンはつづく。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-24 12:07 | diary | Comments(0)

真夜中のペヤングと半世紀の男

 先日、群馬県へ行ったという友人が、ペヤングのカップラーメンを買ってきてくれた。焼そばではなくラーメンだったりする。「なんか珍しくて買っちゃった」んだとか。確かに、珍しい。なんでも、群馬県はペヤングの本拠地なんだそうで、きっとそこには僕らの知らないぺヤングがいろいろあるのだろう。

 カップには「Pe Young」と書かれており、「へぇー、そうだったんだぁ」と思ったりする。でも、Wikipedia先生によれば、元々はおしゃれにカップルにひとつの焼そばを分け合って食べてほしいという願いから「ペアでヤングなソースやきそば」という商品名だったんだとか。それが次第に縮まってって「ペヤング」になったとのこと。ふむ…、だとすると、この「Pe」は一体なんなんでしょ?…と思わないでもない。

 と、そんなことを考えてたら無性にペヤングが食べたくなった。で、買いに行った。缶ビールも一緒にレジへ。真夜中のペヤング・ソース焼そばと缶ビール。正しい組み合わせだと思った。

 今宵は、和久井光司氏が主催している(と思われる)浦沢直樹のライヴを観に新宿へ。なんでも、ゲストに岡林信康も出るんだとか。「ライヴ行くならこれ聴いとけば」と友人が、浦沢直樹の『半世紀の男』というCDを貸してくれたんだけど、これが思いの外いい作品でびっくりした。意外と言っては失礼だけど、曲も粒揃いだし、ヴォーカルの魅力的だったりする。今夜のライヴが楽しみになってきた。

 最近、またぽつぽつと都内へ出る機会が増えている。レーベルをスタートした頃は週に3回ほど出向いていたのが、いつしか数ヶ月に1回とペースが激減してったんだけど、こんな風にしてときどき外の風に当たるのも、それはそれで、悪くなかったりする。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-23 08:05 | diary | Comments(0)

Quiche

 たまに、どっか知らない場所へ行きたいなぁと思ったりする。そんなに遠くじゃなくてもいいから、まだ行ったことのない場所。できれば、誰も知らないような小さな町で、いたって普通の民宿に泊まって、その日は特別なことなんかなにもなくて、すべてのお店が通常営業で、いつもの朝といつもの昼といつもの夜がいつも通りに流れていて、みんながいつもの顔をしている。そんな中を、歩いたり、どっかでご飯を食べたり、お酒を飲んだりしてみたいなぁと。で、特になにがあるわけでもないまま、帰って来たいなぁと。

 これまでいろんなところに出かけたけれど、心にはいつも目的があったり期待があったように思う。それはときに達成され、達成されずに終わったりもした。期待以上のこともあれば、期待はずれなこともあった。だから…というわけじゃないんだろうけど、今度どこかへ行くときは、そういった感情をできるだけ持たないで出かけてみたいなぁとか、なんとなく思ったのかもしんない。

 この夏、葉山へ行ったときに、ふとそんなことを考えた。知らない町にただ来て、ただ過ごすというのは、どういう感じなのかなぁと。で、ただ帰るという。うまく言えないのだけど、将来的に、そんな感じの大人になれたらいいなぁと思ったりした。なにもないことに、なにも起こらないことに、動じないような人に。

 昨日、近所の酒屋さんに行ったら、ワインがとても安かったので、赤と白を1本づつ買った。で、本当に美味しいキッシュと一緒にいただいた。部屋にはストーンズやジョージ・ハリスンの歌が流れていた。キッシュってどこの国の料理なんだろうと、イタリアのワインを飲みながら、思ったりした。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-22 07:28 | diary | Comments(0)

Never a Dull Moment

 「ネヴァー・ア・ダル・モーメント」とロッド・スチュアートは言った…というか、昔そういうアルバムを作った。「だらだらしてらんねーよ」みたいな意味なんだと、なんとなく思いつづけてるんだけど、あってるかどうかは不明。なんであれ、この頃のロッドのアルバムは、どれも大好きだ。こんだけとっちらかったロックン・ロールが、悪いわけない(断言)。

 昨日実家に帰ったら、親父が最近整理したというアルバムを見せてくれた。親父やお袋が子供だった頃や、結婚したばかりの頃や、兄貴や妹や僕がまだ子供だった頃の、そんな古い写真たちが、きれいにアルバムに並べて貼られていた。なんだか自分のルーツを感じて、胸にじんわりと広がるものがあった。また、まだ手つかずのアルバムの中には、産まれたばかりの僕だけをまとめたものもあったりした。出生証明書が貼ってあり、それによると僕は、1970年1月 17日の土曜日の午後12時31分に産まれたと記されていた。ふむ、そうだったのか。自分では、木曜日の午後3時頃に産まれたのだと思い込んでいた。いったいなぜそんな思い込みをしたんだろ?不思議なり。ちなみに、体重は3700gで、頭囲は35cmだったみたい。これっておっきい方なのかな?どうなんだろね。写真の横には、お袋の字でたくさんの書き込みがなされていた。とてもありがたかった。今度ゆっくり読んでみようと思った。

 この夜「菜音」で聴いたExpeのギターは宇宙のようだった。弾いたフレーズをその場で録音してループさせながら、音を重ねていく。リアルなギターを重ねていく。Expeは、その手法をかなり高いレベルで昇華させていた。Expeが作り出していたのは「空間」なのだと思う。その空間を濃密な音で埋めていく。でも埋まらない。埋まり切らないから、ゆらぐ。不思議な音をたくさん聞いた。それはギターの音でありながら、既にギターではなくなっているようにも思えた。どういう音楽経験をしたら、ああいう表現へと辿り着くのだろう?聴いたことのない音を追求していった結果なのだろうか?そんなことを、渦巻くような音の中で、ぼんやりと考えたりした。

 今日はこれから「パラソル」というインドカレー屋さんへ。ここのナンはとても大きい。昨日は実家でお袋のカレーを食べた。音楽にもいろいろあるように、カレーにもいろいろあるんだと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-21 11:24 | diary | Comments(0)