ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ビールが沁みた夜

 作業終了。ふぃー。いつしか陽が暮れて、夜になって、ひと段落がついてから、ビールを買いに出かけた。冷えたのをキンミヤのグラスに入れて飲んだ。ぐびぐびっと。なんだか、やけに沁みたのだった。

 作業中は、タランティーノやデヴィッド・リンチとかの映画に使われた曲を集めたコンピをかけていた。どの曲も懐かしくて、またどこか古めかしくもあった。映画の記憶と共に、そこには90年代の匂いが感じられた。ソウル、ディスコ、クラブ・ミュージック、ハウス、トランス等が同じ場所に無整理に置かれていた。僕が20代だった頃のサウンド・トラック。

 あと、昨夜は「サンドフィッシュ・カフェ」の放送もあったので、ビールを飲みながら聴いた。正直しんどいものがあり、大いに反省することになった。このままではラジオの前の人達に申し訳ない。考えよう。

 今週はお世話になっている地元のお店に、新譜を届けてまわる予定。毎回ご厚意で置かせてもらっている。どうもありがとうございます。もしどこぞのカウンターで見つけたら、ちょいと手に取ってみてやってくださいませ。どうぞよろしく。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-31 09:31 | diary | Comments(0)

おっおっお♪

 荒れかけた部屋を片づけて、具なし焼そばに目玉焼きをのっけて食べた。ベランダでは、洗濯物がぱたぱたと風に揺れている。今日もいい天気。昨日の夕方、CDとライナーと帯が無事到着。今日は、それらを折ったり投げ込んだり封をしたりする作業の日。こつこつやる日。

 昨夜は「バー・ケインズ」にて、「ポットラック・ナイト(一品持ち寄りナイト)」。若手シンガーソングライターの近田心平くんの仕切りで、たくさんのお客さんというか出演者が集まり、歌ったり、楽器を演奏したり、詩や物語を読んだりした。内容は玉石混淆だったけど、そんなとっちらかった感じもまた、海のある南口とは違った北口の魅力なのかもしれない。僕が住む町でも、海側と山側ではなんとなく雰囲気が違ったりする。僕は今回なんも用意できなかったので、届いたばかりのCDにささっと帯ライナーを付けて何枚か持参したところ、さくっと売れて嬉しかった。どうもありがとう。

 というわけで、昨夜から先行発売開始です。ご予約いただいてる方には今日発送しますね。押忍。

 ちょいと久しぶりだった昨夜の「ケインズ」。僕が行かなかった間に、店内には念願のアップライト・ピアノが置かれていた。先日、そのこけら落としとして、リクオさんが素晴らしいライブをやったらしい。シンガーの岡崎恵美ちゃん曰く、「胸が熱くなり過ぎて、眠れなかった」とのこと。この話になると、みんなの顔がぱっと明るくなる。さぞや素晴らしかったんだろうなぁと思ったりした。「ケインズ」のような酒場でライヴをやらせたら、リクオさんにかなう人はそういないだろう。

 結局、他のお客さんがいなくなるまでだらだらとカウンターで語らい、午前2時半過ぎに帰宅。やっぱり「ケインズ」は楽しい店だ。よかったよかった。

 さてと、作業しよう。こつこつやろう。おっおっお♪

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-30 11:34 | diary | Comments(2)

Drinkin' Saturday

 エドウィナより特典バッヂが届く。で、今夜にはCDと帯とライナーが届く予定。楽しみなり。

 昨日は、ばあちゃんの102歳のお祝いで、昼から飲み放題。きっちり酔っぱらう。夕方、ほろ酔い気分で隠れ処「海樹」へ立ち寄り、日本酒とめざしと餃子をいただく。さ、パンと卵を買って帰ろうとスーパーに寄ったら、「ロケット・デリ」のユウキくんと遭遇。そのまま「ロケデリ」へ。確かビールで乾杯し、美味しいパスタをいただいて、ようやっと帰宅。なーんもやる気がしないまま、ソファーでごろん。一旦、起きるも、またごろん。仕事しようと起きるも、やっぱりごろん。そんなことを何度か繰り返してから、ベッドへ。

 そんなこんなでちょっと疲れ気味の朝。でも、外はいい天気。バッヂも届いたし、夜にはCDと帯とライナーが届く予定。今日もがんぱってこう。おー。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-29 08:13 | diary | Comments(0)

102歳のお祝い

 いい天気。今日は、ばあちゃんの102歳のお祝いをしに都内へ。近い親戚がわわわっと集まって、昼から酒を飲むのだ。いやぁ、めでたい。これもばあちゃんが長生きしてくれてるからこそ。ありがたい。

 昨夜は、馴染みの音楽バー「サウサリート」へ。カウンターでワインとすすり、ピザをいただく。ばあちゃんの話をしたら、「ほんとに生きてるんですか?」と友人に言われた。だはは。ビートルズ、ダン・ペン、DJ、デルタ・ブルース、プロレス、相変わらずいろんな話題が飛び交う「サウサリート」であった。最近、映画『スモーク』を観た友人が、エンドロールでエリカ・ギンペルの名前を見つけたと言ってきた。そうなのだよ。ちょい役だけど出てるのだよ。あれはいい映画だよね。ちなみに、アマゾンで売り切れてたエリカの『翼を広げて』、また購入できるようになったみたい。よかったよかった。

 エドウィナ・ヘイズ『Pour Me a Drink』も、早速ご予約をいただき嬉しい限り。通販サイト『Sandfish Records Shop』では、準備でき次第、先行発売するので、今しばらくお待ちくださいませ。

 さ、そろそろ出かけよう。昼ビールしに行こう。ばあちゃん、すぐ会いに行くからね。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-28 11:00 | diary | Comments(0)

Edwina Hayes『Pour Me a Drink』

f0182140_9261271.jpg

 昨夜は、近所にある諏訪神社のお祭りだった。お囃子が聞こえてきて、夜店が出て、「片瀬餅つきの歌」が歌われ、400個のお餅が振る舞われた。自分の住む町に、けっして大きくはないけれど、昔からつづいているお祭りがあるというのは、なんだかいいもんだなぁと思ったりする。お餅をいただき、夜店のお好み焼きを買い、部屋に戻ってからビールと一緒にいただいた。外からはお囃子の音が遅くまで聞こえていた。

 さて、「news」欄にもアップしましたが、ニュー・リリース詳細です。

 Edwina Hayes『Pour Me a Drink』
 エドウィナ・ヘイズ『ポウ・ミー・ア・ドリンク』
 9月15日発売/品番:SFR-002/価格:2,500円(税込)

 エドウィナ・ヘイズは、イギリス出身のシンガー・ソングライター。ブリティッシュ・フォーク独特の透明感と、アメリカン・ミュージックの大らかさを併せ持ったアーティストです。とにかく歌声が素敵な人で、素朴さと深みがじんわりと伝わってきます。ソングライターとしての才能も素晴らしく、ほぼ100%アコースティック・ギターでの弾き語りですが、まったく飽きさせない。穏やかな起伏をもった作品に仕上がっています。

 まずは試聴してみてくださいませ。こちら→link

 僕はこれまでさんざん聴いているわけだけど、先日歌詞の対訳があがってきて、それを目で追いながら聴き直したら、ちょっとびっくりするくらい感動的でした。慎ましやかなスタンスから伝わってくる、穏やかさ、優しさ、素朴さ、そして芯の強さ。ぜひたくさんの人に聴いてもらえたらと思います。

 通販サイト『Sandfish Records Shop』では、昨日の夜から予約受付を開始しました。発送は9月上旬の予定です。発売日よりも早くお届けします。ジャケ写をデザインしたバッヂも特典で付きます。

 以上、ニューリリースのご案内でした。どうぞよろしく(ぺこり)。

 MIYAI
f0182140_9263497.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-27 09:28 | diary | Comments(0)

ほろほろ

 帯とライナーの入稿完了。週明けにはあがってくるだろう。CDも数日中には届く予定。そしたら、せっせと加工作業。うーん、近づいてきたぜ。

 昨夜は、地元の小粋なバー「milk bar + cafe」へ。鎌倉にある姉妹店「Rakaposhi」で、エリカ・ギンペル『翼を広げて』を置いてもらえることになったので、その納品を兼ねて遊びに行ってきた。マスターの池田くんと旅話などしつつ、ビールをぐびり。タイ・カレーをぱくり。カウンターには若いお客さんがずらり。盛況でなにより。ニューリリースの音源を渡すと、すぐにかけてくれた。どうもありがとう。

 その後、馴染みのバー「ロケット・デリ」で友人と合流。珍しくマリブ・グレープフルーツなんぞを注文し、軽く驚かれたりする。「ビールだと思って用意しちゃいました」と、マスターのコータローくんがビールに付くおつまみをサービスしてくれた。どうもありがとう。友人とあれこれ世間話をしてる間に、若いお客さんがどしどし入ってくる。盛況でなにより。おかわりにテキーラを1杯いただく。友人からキンミヤ印のグラスをいただく。350缶がぴったり入って便利とのこと。あと、ちょっと愉快な耳かきもいただく(というか、預かる)。どうもありがとう。

 幸せ気分でほろほろと部屋に戻り、缶ビールを飲む。エビフライをいただく。ついでに魚肉ソーセージとクッキーも。なぜか妙に腹が減る夜だった。

 で、今日はちゃんと早起き。帯とライナーの入稿を済ませ、これから試聴の準備。夜は近所の神社のお祭りへ。金魚すくいがやりたいのだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-26 12:42 | diary | Comments(0)

あの夏の日のように

 午前3時頃、寝苦しくて目を覚ました。月を見ようと窓を開けたら、外の空気が部屋とほぼ同じに感じられた。なんとなく外で寝てみたくなって、ボディ・ボードを横にしてベランダで横たわった。昔、自転車で日本中を旅していた頃、公民館の軒下や駅のホームなどで、テントも貼らずに寝こけていた夏の夜を思い出した。あの自由な感じがなんとも言えず好きだった。 

 HMV渋谷が閉店をして、いろんな人から連絡をもらった。サンドフィッシュ・レコードのコーナー展開をしてくれたり、新譜ごとにディスプレイをつけて大きく扱ってくれたりと、とてもよくしてもらったお店だ。今月のはじめに足を運び、お世話になった人達に挨拶をした。今度のニューリリースの音を渡したら、その場で聴いてくれて、「今回もいいですね」と言ってくれた。

 エリカ・ギンペルが、またアマゾンで売り切れた。数日後には購入できるようになるはずだが、アマゾンも細かいところまで手がまわらないのか、なかなかすぐには対応してくれない。HMVに関しては、渋谷店にだけ置いてもらった。これまでの経験で、他の店舗にはもう売る力はないと、残念ながら僕の方で判断したからだった。特にエリカは返品を取らないと決めたので、こうなるとHMVに限らず、店舗はほぼ取り扱おうとしない。例えばたった5枚でも、売り切る自信がないのだ。渋谷店に挨拶に言った際、他の店舗でうちの音楽を押してくれそうなところはあるかと訊ねたところ、「いやぁ、もう駄目だと思います」という答えが返ってきた。ネガティヴに思われるかもしれないが、そのスタッフさんも僕も、ずっとその言葉の意味を肌身で感じてきたから、真実として受け止めるしかなかった。

 エリカの売上げの多くは、アマゾン等の通販や手売りによるものだ。店舗の売上げは全体の半分にも満たない。取扱い店舗を絞り込んだとはいえ、久しぶりに新譜を出してみて、この結果には少なからず考えさせられた。そして、先日、HMV渋谷が閉店した。音楽業界で仕事するようになってから、僕はずっと店舗と共に歩んできた。まだ誰も知らないような音楽を、お店のスタッフと力を合わせて発信してきた。そこには人としての繋がりがあり、音楽が結ぶ絆があった。そうしたネットワークの大半が、今では失われてしまっている。

 それでも、音楽はつづいていく。必ず。古いシステムは崩壊し、新しい流れが生まれる。そこにはいつだって自由の風が吹いている。あとは自分の好きな居場所を見つければいい。かつて自転車で日本を旅をしながら、公民館の軒下や駅のホームなどで寝こけていた、あの夏の日のように。だから、僕はなにも心配なんかしていない。自分を信じ、仲間を信じ、音楽を信じて、やっていくだけだ。

 「ポジティヴなエネルギーを外へ出していくこと。自分の持っているポジティヴなエネルギーを活かせる仕事をすること。そこに自由はある」by ジェリー・ガルシア

 ロック・オン。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-25 08:53 | diary | Comments(2)

オフはいい

 昨日は、完全オフ日。朝ビールして、海で焼肉して、夜は馴染みのバーへ。とてもいいリフレッシュになった。よかったよかった。

 海に七輪を持って行くのは久しぶりだった。ローリング・ピアノ・マンのリクオさんに声をかけたら、奥さんと一緒に遊びに来てくれた。暑い日だったけど、海では気持ちのいい風が吹いていた。リクオさんがシャンパンを持ってきてくれたので、それで乾杯した。あとは、ビールでその都度乾杯をした。音楽のことや知人のことなどを、よれよれと語らう。とても楽しかった。

 日が暮れたところでお開き。荷物を片づけて一旦部屋に戻り、今度はひとりで馴染みのバー「ウェスリー」へ。アイリッシュ・ウイスキーをちびちびしながら、ピザをかじり、音楽や野球の話をした。こういうのも楽しいなぁと思った。

 ビッグマックを買って帰り、ジョニー・キャッシュをかけながら、ビールと一緒に食べた。それからしばらく『1Q84』を読んでたんだけど、いつしか夢の中へ。おしりに汗疹が異常発生する夢だった。あれはなんだったんだろう。

 素っ裸でベッドへ。ごろごろと。朝から晩までずっといい気分の日。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-24 09:24 | diary | Comments(2)

夏じゃ

 今日も朝ビールなり。だって、暑いから。それに、ようやっと仕事の慌ただしさから抜け出したので(ひとまず)、今日はさっくりオフにしようかなと。そういうのも大事かなと。んなわけで、パチェコ&アレキサンダーやジョージ・ハリスンのレコードをかけて、ぐびぐびっとな。美味し。

 で、午後は海へ泳ぎ行って、七輪持ち込んで、焼肉でもすんべと企んでる。夏じゃ。おりゃ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-23 10:45 | diary | Comments(0)

Can't Take My Eyes off You

 寝坊&朝ビールなり。いやぁ、あちーもんで。陽気になったところで、タワー・オブ・パワーの“What is Hip?”でひと盛り上がり。今日もあれこれやることあるけれど、ビール飲んだから大丈夫。ちょろい。

 昨日の午前中はどどどどっと音を鳴らすような勢いで仕事をし、午後は鎌倉芸術館へムーンライト・オーケストラのライブを観に行った。真夏の真っ昼間のビッグ・バンド・ジャズ。ゆるーい司会進行に会場の雰囲気もすっかりほのぼのしてたけど、時折きらりと光るプレイが聴かれたりして、なかなかどうして懐が深かったりする。なにより演る側も観る側も、1年に1回のこのライブを楽しみにしているのがよく伝わってくる。それはとても素敵なことだなぁと思ったりした。アンコールの“Can't Take My Eyes off You”では、全員がステージ前に出ての演奏。あの楽しげな空気がこのバンドの魅力なんだと、僕は思う。

 結論:楽しいのはいいことだ。

 終演後は友人と立ち飲み屋さんでちょい飲みし、それから自転車で藤沢へ移動。別の友人達と合流して、ここでもさくっと乾杯。東京から来た友人とも久しぶりに会えてよかった。いい気分で帰宅し、のろのろと仕事に取りかかる。で、ずるずると遅くまで起きていた。午前2時過ぎにちょっとだけのつもりで横になったら、そのままあっちの世界へ。で、けっこうぐっすり眠ったと。そんな感じ。

 現在、午前11時。あと1時間ほどしたらそうめんを食べよう。夏はやっぱりそうめんだ。きっと、そうなんだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-08-22 11:07 | diary | Comments(0)