ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

実家の引越し

 今日は実家の引越し。両親が35年間暮らした家を離れる日であり、新しい生活を始める日である。一戸建てからマンションに移るため、実にたくさんのものが整理され、回収され、捨てられた。居間に飾られていた大きな絵、ピアノ、僕ら兄弟の通信簿や答案用紙、テーブルと椅子、本棚、洋服、コップや皿、等々。それは「痛みを伴う作業だった」と母は言った。これまで過ごしてきた「時間」がしみ込んだものを、ただ「必要ないから」という理由で捨てるというのは、どうやら簡単なことではないらしい。

 引越しを決めたのは、利便性を求めてのことだ。実家は最寄り駅から徒歩50分。バスの本数も1時間に2本。これからもっと歳を取って、車の運転ができなくなったとき、ここで暮らすのは、なにかと難しいことが多いだろうと判断したからだ。引越したくても引越せない人達はたくさんいる。でも、僕の両親は引越そうと思えば、引越すことができた。つまりは、そういうことなのだと思う。

 両親が新しい生活の場に選んだのは、兄貴一家が住む町だった。これまでの静かで緑に囲まれた生活に比べると、いくらか騒々しく落ち着かないかもしれない。でも、兄貴達が近くにいるし、駅はすぐそばだし、物価も安い。幸いなことに、部屋の窓から丹沢の山並みを眺めることができる。あとは少しづつこの町での生活に馴染んでいけばいい。僕もときどき顔を出せたらと思っている。

 40歳を過ぎて、僕も歳を重ねることの意味が少しづつわかるようになった。それは、僕がかつて思っていたよりも、どうやら切ないことのようだ。でも、今この瞬間を楽しみ、面白がることで、僕らは心を豊かにすることはできる。そうやって僕らは前へと進んでいく。死ぬまで進みつづけるのだと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-29 08:56 | diary | Comments(4)

It Looks Like Snow

 風の強い日がつづいてる。今日もびゅーびゅー吹いてるみたい。でも、陽射しはぽかぽか暖かい。あとで自転車に乗って出かけよう。

 今朝もフィービー・スノウを聴いている。弔いコーヒー中。昨夜は弔い酒だった。友人から「大久保のグローブ座での初来日は、ホントに素晴らしく今でも瞼に焼きついてます」というメールをもらった。いつ頃来たのだろう?と調べたら1989年だった。来てたなんて知らなかったな。

 何年か前に、大学の先輩からフィービーの『It Looks Like Snow』を誕生日プレゼントにもらった。その夜、先輩はこのアルバムから“Don't Let Me Down”をお祝いにかけてくれた。僕はボブ・ディランの“Like a Rolling Stone“をリクエストしたのを覚えている。翌日の夕方、別の友人に会うため原宿へ出かけた。曇り空の寒い日だった。僕らは小料理屋さんに入り、短い時間だったけど日本酒を飲んだ。ボブ・ディランの話をした。友人と別れた後、僕は渋谷まで歩くことにした。手には昨晩もらったフィービー・スノウのレコードを持っていた。空からは雪がちらちらと降り始めていた。

 昨夜は、ちょっと昔の話をしながら、お酒を飲んだ。話はよくわからないところでこじれ、行き場を失っているように思えた。まぁ、昔の話なんてのは、えてしてそういうものかもしれない。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-28 11:34 | diary | Comments(0)

Harpo's Blues

 昨夜、友人からのメールでフィービー・スノウが亡くなったことを知った。好きなミュージシャンの訃報が珍しいことではなくなって久しいが、やっぱり淋しい気持ちになる。フィービー・スノウはディープな歌声と、ジャズとブルースをほどよくブレンドした洗練された音楽性を持っていた。悲しい歌を歌ってもどこか朗らかで、母性を強く感じさせた。

 昨日は他にもいくつか訃報が届いた。数日前もいくつか聞いた。そして、被災地では今も行方知れずの人達がたくさんいる。でも、僕は今こうして生きている。元気に生きている。この差は一体なんだろう?なにが生と死を分けるのだろう?わからない。昔、お袋に「時間は大切な宝物」と言われた。僕にわかるのは、僕の手にはまだ時間があるということだ。

 フィービー・スノウに“Harpo's Blues”という歌がある。テディ・ウィルソンが素敵なピアノ・ソロを聞かせてくれる曲だ。ヴォーカルに絡むテナー・サックスはズート・シムズだ。しかし、なにより生きる喜びを滲ませたフィービーの歌声が素晴らしい。これは確か亡くなった友人に捧げられた歌だ。彼の分も精一杯生きるという歌だと、僕は勝手に思っている。

 だって、僕らにはまだ時間があるのだから。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-27 08:14 | diary | Comments(0)

上手に楽器を弾きたい

 ニック・ロウの初期のコンピ盤が流れる部屋からこんにちは。僕はまだ鼻が詰まっています。もう鼻づまりには飽きましたが、ニック・ロウはちっとも飽きません。もし僕がニック・ロウのように曲を書けたら、どんなに楽しいだろうと思うのです。…と、なんとなくですます調で書いてみたりする。

 さて、昨日の「サンドフィッシュ・カフェ」は生放送だった。今、僕の部屋には楽器がたくさんあって(エレキ2本、アコギ2本、ウクレレ1本、シンセサイザー1台)、狭い部屋に並べてみると、なかなかどうしてミュージシャンみたいだったりする。それなのにどれもまともに弾けないとあっては、ちょっとかっこ悪い。せめて、みんなと楽しくセッションできるくらいにはなりたい。ということで、昨日の放送ではそんなところを相談してみたんだけど、なんも解決しなかった。どうして僕が上達しないのかは、なんとなくわかったんだけど。ふむ。

 なんであれ、音楽は聴くのも楽しいけど、やれたらもっと楽しいと思う。いつか僕も、ニック・ロウのように曲を書き、ポール・サイモンのように言葉を紡ぎ、スティーヴ・クロッパーのようにギターを弾いて、なによりもレイ・デイヴィスのように歌いたい。昨日の放送では「自分はできるんだと勘違いするのが大事」と言われた。なーんだ、勘違いすればいいのか。そうかそうか。

 …ほらね、全然解決してない。まぁ、いいや。ゆっくりやってこう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-26 08:47 | diary | Comments(4)

ビューティフル・サンデイとレイジー・マンデイ

 とにかくビューティフルな天気だった日曜日、ふたりの友人が遊びに来てくれた。誰が呼んだか「辻堂のジミー・ウェッブ」=ソングライターの間瀬憲治氏と、自他ともに認める湘南きっての快楽人=フランク・ウエスト氏。僕の中では、特別な存在感をもったふたりである。

 ビールをたっぷり用意し、ドゥービー・ブラザーズのレコードをかけて待っていると、まずフランク・ウエストさんがワイン2本と自作のドライ・トマトを持って登場。僕はサンマの唐揚げを作って、まずはビールで乾杯。ターンテーブルにはジェームス・テイラー。しばらくして、ちょっといいビールをぶら下げて間瀬さんが登場。ウエストさんが餃子の皮を使ってピザを焼き、自由研究の発表と称して男モノのデュエット・ソングをかけていった。ビールとワインが小気味よいペースで減っていった。間瀬さんが渋いシンガーソングライターもののレコードを何枚かかけた。僕がギターを渡すと、ささっと2曲弾いてくれた。ウエストさんが自由研究第二弾と称して口笛ソングを何曲かかけた。僕はすっかり愉快な気分になり、わけもなく乾杯を繰り返した。あとはなにしたっけな?人参サラダを食べたのと、コーヒーを飲んだのと…。うまく思い出せないなぁ。すごく楽しかったのは間違いないんだけど。14時からはじまって、終わったのは23時くらいだった(多分)。僕は限界を超え、かなりだらしなく就寝。

 というわけで、今日の午前中は仕事にならなかった。そんなレイジー・マンデイ。さてと、今夜の「サンドフィッシュ・カフェ」は生放送です。ぜひ聞いたってくらさい。こちら→link(「湘南ミュージック・タウン( レディオ湘南 20:30〜22:00)」出番は21時くらいの予定)。

 MIYAI
f0182140_1512154.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-25 15:12 | diary | Comments(4)

Start Me Up

 とてもいい天気だ。でっかめの音で“Start Me Up”をかける。ねばすとっぷねばすとっぷ♪いい気分だ。今日は才能あるふたりの友人(というか先輩)が遊びに来てくれる。楽しみだ。

 昨日は、自分でもびっくりするくらいしけた昼間をやり過ごし、夜は電車に乗って落語を聞きに行った。顔見知りである入船亭扇里さんが真打ちに昇進し、時を同じくして真打ちになった噺家さん数名も集まってのお祝い高座だった。僕と同じくらいの歳格好である彼らの落語は、明るく、面白おかしく、どこか未完成で、フレッシュで、気持ちのいいものだった。古典から新作落語まで、けたけたと笑っているうちに3時間が過ぎていった。で、終わった後、日本酒が飲みたくなった。うぃ。

 というわけで、まっすぐいつもの隠れ処「海樹」へ。生のさくら海老と一緒に日本酒をぬる燗でいただく。こいつぁー粋なこって。へっへっへ。それにしても、この日聞いた落語にはたくさんの駄目な酒飲みが出てきた。きっと酒飲みというのは、基本的に、古今東西、駄目なのだろう。へっへっへ。

 で、今日は友達が遊びに来ると。ねばすとっぷねばすとっぷ♪

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-24 10:39 | diary | Comments(0)

土曜日に雨が降るということは

 雨が降っている。これからとぼとぼと歩いて出かける。さっき、お茶漬けとひじきを食べた。RCサクセションが「ボスしけてるぜ」を歌ってる。部屋はどんよりと暗い。雨の日の朝なんてそんなもの。

 昼間はしけた時間を過ごして、夜は真打ちに昇進した人達の落語を観に行く。天気予報では、夕方から横殴りの雨とか言ってるけど、別に気にしないよ。傘をさして落語にでかけるのは、なんとなく悪くない。

 さてと、歯を磨こう。着替えよう。時間があれば皿も洗おう。えっと、時間があれば。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-23 07:33 | diary | Comments(0)

どうでもいい記憶

 どうでもいいことなのに、何故かずっと忘れない。そういう記憶って、誰しもたくさん抱えてるんだと思う。浪人生だった頃、僕はデパートの本屋でいつものように音楽雑誌を立ち読みしていた。僕は洋楽一辺倒だったから、『ロッキング・オン』とか『ミュージック・マガジン』とか、その辺のページをぱらぱらとめくっていたんだと思う。そこに女子中学生か女子高生かの2人組がやってきた。彼女らは邦楽の雑誌を手にとって、あれやこれやおしゃべりをはじめた。しばらくすると、キヨシローの名前が聞こえてきて、僕は「およっ」と思った。RCサクセションは、当時僕が聴いていた数少ない日本人アーティストだった。

 少女A:「ねぇ、この人(キヨシローのこと)知ってる?」
 少女B:「うん、キヨシローでしょ」
 少女A:「聴いたことある?」
 少女B:「ううん、ない」
 少女A:「でも、名前はよく出てくるよね。」
 少女B:「そうそう。影響受けたのはキヨシローですって、みんな言うよね」

 僕は「へぇー」と思いながら、彼女らの会話を聞いていた。やっぱりキヨシローに影響を受けた日本人アーティストって、いっぱいいるんだなぁと。で、そんな彼らは、ローリング・ストーンズやオーティス・レディングも聴いてて、「リスペクトしてるぜー」とか言ったりするのかなぁと。そしたら、彼らのファンも(例えば、この2人組も)ストーンズやオーティスを好きになったりするんかなぁと。

 今でもキヨシローの歌を聴いていると、ふとこのときの情景が浮かんでくることがある。彼女たちはそれからキヨシローの歌を聴いたのだろうか?ストーンズは?オーティスは?なんて思ったりするのだ。まぁ、そういう人って、そんなに多くはないのだろうけど。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-22 09:46 | diary | Comments(2)

Spring has come

 鼻にティッシュを詰めてはいるけれど、気持ちのいい朝。「さて、なにを聴こうかなぁ」と、棚に並べたレコードをぱたぱたぱた…。で、選んだのが、バーニー・レドン=マイケル・ジョージアディス・バンドの『Natural Progressions』。明るい季節を迎えると、僕は反射的にウエスト・コーストのロックが聴きたくなるんだけど、とりわけこのアルバムが持つ控えめな明るさは、今日みたいな朝にはたいそうよろしいなぁと思う。アコースティック・ギターの屈託ない響きや厚めなコーラス・ワーク等、実に70年代のウエスト・コースト・ロックらしい。肩肘はらずに聴けるのがいいね。

 バーニー・レドンさんというと、イーグルスのオリジナル・メンバーだが、かの空前の大ヒット『ホテル・カリフォルニア』の前に脱退している。そんなところも、控えめなバーニーさんらしくていいなと僕は勝手に思っている。そのせいで、彼がイーグルスの再結成ツアーに誘われることがなくても、別にいいじゃないか。そういう人生も、また美しい。僕もかくありたい。

 そういえば、ちょうど1年前の今頃、キャロル・キングとジェイムス・テイラーがセクションの面々と一緒に日本にやって来た。僕は武道館で彼らのライヴを観た。その日は朝からずっと雨が降っていたんだけど、ジェイムス・テイラーが“Blossom”のイントロを紡いだ瞬間、僕の心はきれいに晴れ渡った。とても素敵な時間だった。つい終電を逃し、漫画喫茶で夜を明かしてしまったくらいに。

 エリカ・ギンペル『翼を広げて』をリリースしたのも同じ頃だ。なんだかもう懐かしい気さえするけれど、1年前のあの春からまたいろんなことが動き出したんだなぁと思ったりもする。こうしてまた春を迎えることができて嬉しい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-20 08:48 | diary | Comments(0)

鼻づまりはつづく

 アマゾンの入荷規制がようやく解けた。リリース以来ずっと品切れがつづいていたエドウィナ・ヘイズ『コーヒー・タイム』も、無事「在庫アリ」になったかと思いきや、またしても品切れになってたりする。今回は瞬殺だったようだ。売れるのは嬉しいが、アマゾンももうちょっと仕入れを考えていただきたい。とはいえ、こっちにも追加注文分が届いてないから、くれと言われても出荷できないんだが。今日くらいに届くとは思うのだけど。

 昨日は、音さがしをずっとしていた。いい作品と巡り会えるかは縁なので、正直、それがいつになるかは見当がつかない。ひたすら数を当たるしかないんだけど、あまり闇雲になるとなにがなんだかわからなくなるから、その辺の案配が割と大切だったりする。「これは売れそうだなぁ」と思う作品はあるし、クォリティ的には申し分ないものもある。でも、もし僕がその音楽をずっとフォローしていく気持ちがなければ、その作品をリリースすべきではない。売れるのは嬉しいが、それが一番じゃないということだ。結局、昨日はなにも見つからず、疲れ、風呂に逃げて、その後はライナーの折り作業をした。次回はいい作品に巡り会いたいものなり。

 ライナーを折り終わると、レディオ湘南の「湘南ミュージック・タウン」がはじまった。被災地に赴いたディレクターの話が興味深かった。避難所によって届く支援物資にばらつきがあるという。つまり、なかなか風呂に入れない避難所に、シャンプーがやたら届いたりするみたいなことが多々あるらしい。まだ各避難所の実情を把握するのが難しいのかもしれないが、被災から1ヶ月が経ったのだし、そろそろ効率を上げていきたいところではある。そして、僕の鼻づまりもいい加減おさまってほしい。被災地にいる花粉症の皆さん、心からお見舞い申し上げます。ぐずんぐずん。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-19 08:38 | diary | Comments(0)