ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

CD流通について

 レーベルを始めた頃、僕はバウンディという卸業者に流通を委託していた。そこだとメジャー流通を使えるからというのが主な理由だった。メジャー流通とは、メジャー各社が共同して作った倉庫に商品を保管し、その流通網を利用することで、注文が入った翌日には日本全国どこのお店にも商品を届けられるというものだ。これにより、僕の自宅はCDだらけにならず、出荷の手間もはぶけるというメリットがある。さらにJASRACへの登録や支払いも申し込めば代行してくれる。ネット配信も手配してくれる。至れり尽くせりだ。

 しかし、便利であるということは、その代価を支払うことでもある。つまり、なにかにつけお金がかかるのだ。インディーズ流通なら出荷手数料だけで済むところを、「いつJASRACから請求がくるかわからないから、その分は留保金とさせていただきます」とか「CDショップから返品された分のお金をサンドフィッシュさんが払えなくなるといけないから、売上げの数パーセントは留保金とさせていただきます」とか、細々と理由をつけて差し引かれていく。留保金とは、言うまでもなくうちのお金なわけだが、これを自由に使うことができない。レーベルの運営に使いたいなと思っても、「それはできませんね。どうしてもというなら稟議事項になりますので」とか言って返してくれない(注:半年ごとに一部返金されるものもある)。そんな留保金が今では何十万円も貯まっている。さらに最近だと倉庫の使用料を別途取るようになった。「保管料は1枚につき毎月2円です。余剰在庫を1枚9円で破棄することもできます。もし引き取られるのでしたら、1枚につき100円の出荷料をいただきます」といった内容。自分の商品を引き取るのにもお金がかかるのだから、やれやれといったところだ。

 こういうシステムでも多売できれば成り立つが、CDが売れなくなったと言われて久しい昨今、うちのような小さな洋楽インディーズには向いてないと思う。ただ、流通を変えるのはなかなか大変なので(廃盤にしたり商品を回収したり…)、最初に出した9枚は今もバウンディを通して出荷しているが、最近リリースした作品はリアル・ミュージックというインディーズ流通の会社を利用している。商品は自宅で保管するようになったし、出荷などの手間もかかるけど、それはそれで楽しい。いろんな面で利便性は低くなったけど、僕にはこの方が向いてるみたいだ。お金も少しは手元に残るようになったし。

 ミュージシャンでレーベルに頼らず自分で流通まで手配する人も、これからはもっと増えてくると思う。ただ、僕もそうだったけど、音楽の仕事をしてる人って割とこの辺のことに無知だったりするから、少しは事情を知った上で自分に合った流通を選んだ方がいいと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-29 09:42 | diary | Comments(6)

Don't Cry No Tears

 ニューリリースの準備でばたばたしてる間に、そろそろ7月が終わろうとしている。ラジオでは「明日からフジロックですね」とコールドプレイの曲が流れてきて、少々たじろいだ。行かないとはいえ、すっかり忘れてた。ふぅむ。ワイドスプレッド・パニックが観たいな。フジで観れたら最高に気持ち良さそうだ。あと、ウィルコとケークも観たいしな。ふぅむ。

 まぁ、いいや。海でビールでも飲もう(ワイドスプレッド・パニックの代わり)。海の家のラーメンも食おう(ウィルコとケークの代わり)。あー楽しみだ。

 フジロックは確か3回くらい行ってるけど、その中ではダントツでニール・ヤングが印象に残っている。正直、狂ってると思った。あそこまでやられると、もはやいいのか悪いのかさえわからない。ただただ凄まじかった。あれが凄すぎたもんで、翌年の単独公演が霞んでしまったほど。他にもフジではいいアクトをいくつも観たが、やっぱりニール・ヤングに尽きるね。ぶっちぎりだ。

 ニール・ヤングの魅力は、極点と極点を行き来するような振り幅の広さだ。あっちの世界の遥か向こうとこっちの世界の遥か向こうを、ニール・ヤングはワープするようにして自在に行き来することができるのだ。だから、ときどきついていけない。あの夜、ニールがやったのはそんなライヴだった。

 というわけで、今朝もニール・ヤング。『Zuma』。オープニングの“Don't Cry No Tears”が大好きだ。フジロックでもこの曲がオープナーだった。それから大好きになった。ライヴがきっかけで特別な意味を持つ歌というのもあるんだな。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-28 10:13 | diary | Comments(2)

Harvest Moon

 曇り空。テレビをつけてみたけれど、気分が晴れないので消した。今はニール・ヤングの『Harvest Moon』を久しぶりに聴いている。大好きなアルバムを聴けば、気持ちが上向く。これもそんな1枚だ。ベン・キースやスプーナー・オールダムがバックを固めている。ジェイムス・テイラーにリンダ・ロンシュタッド、ニコレット・ラーソンもコーラスで参加している。繊細でゆったりとした音楽だけど、生きる指針となりうる強い説得力を持っている。音楽から浮かんでくる風景は荒涼としたものだが、そこに穏やかな風が吹いている。厳しさの中にも幸せはあるのだと語りかけてくるように。このアルバムを聴くたびに、心持ちひとつで荒涼とした大地も希望の道に変わるのだと教えられる。そしてまたひとつ、小さな勇気を受け取るのだ。

 世の中はうんざりするニュースばかり。どうもニュースというのは、不幸じゃないとその価値がないみたいだ。でも、世界ではいいことだってたくさん起きている。僕はそれらをキャッチしたい。そして、この荒涼とした大地に穏やかな風を吹かせたい。

 さて、エドウィナ・ヘイズの2作がアマゾン、HMV、タワーオンライン等でも試聴できるようになりました。ふむ、メジャーじゃなくてもできるんだな。知らなかったよ。ジョン・リーゲンの新作からは、発売に合わせて試聴できるようにしよう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-27 09:20 | diary | Comments(0)

いつの間にか

 一昨日がお通夜で、昨日が告別式だった。伯母は62歳で亡くなったが、いい家族を持てた。そのことはなによりよかったなと思った。

 今朝は気持ちが重い。でも、少しづつ慣れていくだろう。叔母のことを思い出すとき、明るい笑顔や楽しかったことが浮かんでくるようになればいいと思う。ただ、それには少し時間が必要なのだろう。

 悲しみの中でいろんなことを感じた。1日1日を大切に生きようと思った。いつの間にか、僕も大人になったのだと思った。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-26 08:25 | diary | Comments(2)

そろそろ出かける時間

 昨夜は友人宅にお呼ばれしたので、ビールを買って遊びに行くと、テーブルには美味しい料理が並んでいた。僕らは乾杯し、5人であれこれ話をした。仕事の話、共通の友人の話、音楽の話、太った話、えとせとらえとせとら。中には耳寄りな情報もあった。ふむふむ。考えてみよう。

 いい感じになって帰宅。いつの間にか意識を失い、目が覚めると今年2度目の裸でソファーな午前6時。テーブルには食べた覚えのないカラムーチョの袋(もちろん空)。そのままベッドで2度寝。あーだらしない。

 はっと気づいてテレビをつけた。アナログ放送はもう終わっていた。エイミー・ワインハウスの死を知り、しばしぼんやりする。外で自転車のギアを修理していると、見知らぬ男に声をかけられ、お菓子をもらった。今日引っ越してきたお隣さんだった。どうぞよろしく。

 さて、髭でも剃ろう。ターンテーブルには『マッカートニー』。これからプチ店まわりへ。夜は叔母のお通夜へ。みんなで悲しみを共有し、叔母との「繋がり」を感じることができればと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-24 14:08 | diary | Comments(0)

店まわりをして

 清々しい朝。まるで高原にでもいるようだ。あの台風はいったいなにを連れてきたのだろう?とにかく、清々しい朝である。

 先日、お店まわりをしていくつか嬉しいことがあった。とある店では「エドウィナ・ヘイズの『コーヒー・タイム』を買ったお客さんの8割が『ボウ・ミー・ア・ドリンク』も買ってくれる」と言われた。とあるバーでは「あれが私の上半期ベスト・ワンだよ。だって、曲が全部いいから」と言われた。実際、どちらの店でもエドウィナのCDはよく売れている。それは作品が素晴らしいというだけでなく、このように彼女の歌を気に入ってプッシュしてくれる人達がいるからだ。そうした「つながり」の中で歌は広がり、多くの人達の耳に届いていく。それは本当に嬉しいことだ。「もっとたくさんの人に聴いてもらいたいね。そして、日本に呼べたらいいよね」とそのバーのマスターは言った。そうなったらどんなに素敵だろう。

 ジョン・リーゲンの新作もいい手応え。いい音楽には力がある。がんばろう。

 そして、今年も鰻を食べることができた。さぁ、元気が出た。これでなんだって乗り越えられる。鰻は偉大だ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-23 07:50 | diary | Comments(0)

Terry's Song

 昨日、叔母が亡くなった。お袋の妹にあたる人だ。最後に苦しんだ様子はなかったと聞いて、少しだけほっとした。僕は会いに行けなかったけど、従兄弟たち(叔母の子供たち)はみんな間に合ったと聞いて、また少しほっとした。

 ここ数年で死に対する感じ方が変わった気がしている。それは自分の肉体に衰えを感じ始めたり、親が初老を迎えたり、甥っ子や姪っ子が成長していく姿を見たことと、きっと関係しているのだと思う。つまり、確実に時が流れているということを、身に沁みてわかるようになってきたのだ。これから先、僕はたくさんの大切な人達を見送り、そしていつか自分も誰かに見送られることになる。避けられないものである以上、僕らはその行程に慣れていかねばならない。死を死として受け入れる心の準備を、僕はゆっくりと始めているのかもしれない。

 叔母の人生が幸せなものであったなら嬉しい。お袋にそんなことを言ったら、「子供達4人を育てて、みんな立派に成長している。だから、自分のやるべきことをひとつやり遂げたとは思えるのではないか」と言われた。おそらく、そうなのだろう。子供を生んで育てるってすごいことなんだなと思った。

 寝る前に、叔母のために僕が大好きなアーティストの曲をふたつかけた。ポール・マッカートニーの“Junk”とブルース・スプリングスティーンの“Terry's Song”。できるだけ静かな心で、僕の気持ちが叔母に届くようにと願いながら、このふたつの歌を聴いた。

 スプリングスティーンの歌詞を少し。亡き友に捧げた歌で、その友人が他の誰でもない特別な存在だったことを歌っている。

 死んだら何も持っていけないと言うけれど
 それは違うと思う
 というのも、今朝目が覚めたとき
 大きな何かが失われていて
 それは暗い天空へと持っていかれたからだ
 そこではあなたはまだ若く、強く、冷静だ

 愛は死よりも大きな力 
 語り継がれる歌や物語のように
 意志は死よりも強い力
 燃えるように熱くても、石のように冷たくても

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-22 09:33 | diary | Comments(0)

Good Times Bad Times

 なんだかよくわかんない感じの台風だな。今日は鎌倉で「サンドフィッシュ・カフェ」の収録。それから都内のお店を数店舗まわった後、お茶の水のロック・バーへふらりと顔を出すつもりでいる。昨日、各所に電話をしたら「あ、どうも。久しぶりです」と言われた。で、そのときに異動したのを知ったりとか。いやはや…。あと、「台風に気をつけてくださいね」と異口同音に言われた。ありがとうございます。でもね、なんだかよくわかんないんすよ。

 ひとまず気合いを入れてこうと、今朝はレッド・ツェッペリンをがつんと聴いている。やっぱりかっちょいい。僕が住む町には、店の入口にツェッペリン号が描かれた立ち飲み屋さんがあって、そこではロックの日(6月6日)に終日ツェッペリンが流れていたんだそうな。行きたかったなぁ。

 結論:いいときも悪いときもレッド・ツェッペリン。

 それにしても涼しいな。ほんとに変な台風だ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-21 09:44 | diary | Comments(0)

台風の想い出

 台風がのっそりと近づいてるんだそうな。暴風雨は困るけど、もうちょいしゃーっと抜けてほしい。しゃーっとさ。

 まだ小学生だった頃、僕の実家あたりを台風が通過したことがあった。家族がみんな揃っていたので、きっと日曜日だったのだろう。さっきまで激しく降っていた雨が突然止んで、きれいな青空になった。僕が外へ遊びに出ようとすると、きっと今は台風の目に入ったのだろうと親父が言った。しばらくすると再び激しい雨が降り出した。急いで帰ると、家には誰もなかった。お袋たちは近所の友人宅に集まっているとのことだった。遅れて帰ってきた妹と一緒に雨の中をみんなが集まる家まで走った。近所の子供達も続々と集まってきた。みんなちょっと興奮していた。僕もなんだかわくわくしていた。お茶を飲んだり、遊んだりしているうちに、台風は過ぎ去り、外は静かになっていた。玄関を出てみると、これまで見たことのないくらいの澄んだ青空が、頭上に広がっていた。そして、吹き抜ける風がやけに暖かかった。台風は南からやってきたんだなぁと思った。

 今日はずっと雨が降るのだという。できれば、あのときのように晴れてほしいけど、思い通りにはいかなさそうだ。まぁ、いい。それもまたしょうがない。

 さて、昨日から予約開始のジョン・リーゲン『Revolution』。早速、注文が殺到…というはずもなく、いたって静かなもの。えっと、もしよかったら聴いてくださいね。かっこいいから(試聴はこちら→link)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-20 08:42 | diary | Comments(0)

ジョン・リーゲン『Revolution』試聴&予約開始

 なんだか寝苦しい夜だった。明け方に目が覚めると、僕は一糸まとわぬ姿で寝ていた。いくら暑いからって…。ひとまず窓を開けて、ベッドに戻るも、激しい雨音に起こされて、また窓を閉めたりしてたもんで、あまり寝た気がしない。よくない。

 激安で購入したトマトが早速痛んできたので、フライパンでぐちゅぐちゅとつぶしトマト・ソースにした。そこに冷凍しといたイカやらキノコやらを入れたりして、なかなか美味しいパスタが出来上がった。赤ワインを350円で買ってきて、女子サッカーの決勝戦を見ながら一緒にいただく。最高。ほろ酔い気分で、ロン・デイヴィス、リトル・フィート、ヴァレリー・カーターといったレコードをターンテーブルにのっけた。いい気分。

 で、今朝はフィフス・アヴェニュー・バンドを。これでもう大丈夫。ちょっと寝不足気味だけど、今日もがんばれそう。

 さてと、通販サイト「サンドフィッシュ・レコード・ショップ」にて、ジョン・リーゲン『Revolution』の試聴&予約を開始しました。ぜひ聴いてみてください(こちら→link)。8月20日発売ですが、ご予約いただいた方にはどこよりも早くお届けします。お盆前を目標に、8月上旬〜中旬に発送予定です。

 ちなみに、前作『Let It Go』はサンドフィッシュ・レコードの売上げランキング第一位です。こちらも合わせてよろしくお願いします(ぺこり)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-19 09:09 | diary | Comments(0)