ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

11年目のジョージの日

 今日は敬愛するジョージ・ハリスンの命日。あれからもう11年がたったのか。今でも遺作となった『ブレインウォッシュド』や「マイ・スウィート・ロード(2000)」や「ホース・トゥ・ザ・ウォーター」を聴くと、当時の悲しみがほんのりと胸をよぎる。

 僕は毎年この日を特別な気持ちで迎える。時間が許す範囲で、ジョージのレコードを聴いたり、彼の歌をギターで弾いたりする。昨年は10年目だったので、馴染みの音楽バー「サウサリート」のマスター(これまたジョージさん)にお願いして、ジョージの曲だけをかけるDJナイトをやらせてもらった。通常営業中にひっそりとやったにも関わらず、最初から最後までお店は満席だった。数名の友人達がジョージにちなんだレコードを持ち込んでかけてくれた。あれはいい夜だった。

 「ジョージのなにがそんなに好きなの?」とたまに訊かれる。その質問に答えるのはフルマラソンを走るより難しい。しいて言うなら、静かなところ。つっぱった物言い。顔つき。皮肉とユーモア、優しさ。なによりジョージが残した美しい音楽。ギター。歌声。

 そして、映画『リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』の中でのリンゴのコメントを思い出す。病床のジョージを見舞った際の話だ。ジョージは体を起こすのもつらいくらいに弱っていて、おそらく会えるのはこの日が最後になるであろうことは2人とも感じていた。でも、リンゴには脳腫瘍の娘がいて、すぐに行かなければならなかった。リンゴがそのことを話すと、ジョージは「一緒に行こうか?」と言ったという。

 ジョージのなにがそんなに好きなのか?と訊ねられたとき、最近は彼の音楽と一緒によくこの話を思い出す。ジョージ・ハリスンとは、きっとそういう人なのだ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-29 08:52 | diary | Comments(0)

なんであれ晩秋

 晩秋なり。朝のドアノブが冷たかったりする。そろそろパソコンを叩いてるときの指がかじかむんだと思う。昨日、義姉から「元旦はどうする?」というメールが届いた。そうか、ぼやぼやしてるとすぐ元旦とかになっちゃうのか。おやおや…。

 12月になったら(もう数日後)、今年よく聴いたアルバムをまとめて聴き直そう。それから、何があったのかを思い出そう。すっかり忘れっぽくなっているので、確認作業は大切だ。

 さて、昨日の日記に書いた「検索結果からうちの通販サイトが消えた」事件だが、今朝になっても真相は迷宮を彷徨ったまま。しかし、バイト先のパソコンではちゃんと姿を現してた。僕のパソコンだけから消えたのか?そんなことってあるのか?消えるなら消える。いるならいる。はっきりしてほしい。
 あの、もしお時間がありましたら、皆さんもヤフーかグーグルで「デヴィッド・ミード」と検索してみてくれませんか?で、うちの通販サイトのデヴィッド・ミードのページが出てくるかどうか、ちょいと試してみてくださいな。どうぞよろしく。

 検索にひっかかるようになったこともあってか、今月の通販売上げは確実に伸びている。まぁ、理由はそれだけじゃないんだろうけど、ネット環境の整備ってやっぱり大切なんだなぁと改めて思った次第。なんであれ、うちのアーティスト達の日本での窓口は僕だけなのだから、少しは喜んでもらえるようにがんばらないと。

 ま、なんであれ晩秋。明日はジョージの命日。今年も徐々に暮れてってます。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-28 07:14 | diary | Comments(4)

姿を消したのはなぜだ?

 地味に試行錯誤中の「検索上位に進出作戦」。最近は「デヴィッド・ミード」で検索すると、ちゃんと1ページ目にうちの通販サイトが表示されるところまできてたんだけど、どういうわけか昨日になってぱったりと姿を消してしまった。な、なぜだ????

 きっとなんか理由があるんだと思う。そこを改善すればいいんだ。きっとそうなんだ。がんばろう。

 日曜日に「バー・ケインズ」で行われた「北のシニガミ祭り」は大盛況だった。地元のバーによるバンド合戦とDJで盛り上がり、最後はプロのミュージシャンが締めたんだけど、大トリ(というか飛び入り)で登場した今西太一が、もう本当に素晴らしかった。剥き出しの歌は荒々しく、優しく、たった3曲でそれまでの長丁場をすっかりなかったものにしてしまった。これが本物のパフォーマーの力なんだなぁ。年末にまた「ケインズ」に来てくれるらしいから、今から楽しみだ。

 昨夜は月イチ放送の「サンドフィッシュ・カフェ」の生放送でレディオ湘南へ。いつもは僕がテーマを決めて、出演者3人でだらだらと語らうのだけど、今回のテーマはパーソナリティー=はっとくんの強い希望により「選挙」。僕は「寄る年波」にしようと思ってたんだけど、そうメールしたらはっとくんから「そんな話してる場合じゃねーだろ。今回は選挙に決まってんだろ」的なお叱りの返事をいただき、「あ…、は、はい。すんません。では、選挙でいきましょう」ということなったのだった(多少の脚色有り)。内容がどうだったかはともかくとして、なかなか熱のこもった回になったと思う。はっとくん、さんきゅ。

 さて、朝陽が昇り、暗かった部屋も明るくなった。今日がいい1日でありますように。デヴィッド・ミードがあちこちで売れますように。うちの通販サイトにも注文が届きますように。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-27 07:40 | diary | Comments(2)

シニガミの帰還

藤沢駅の南口を下りて、少し歩いたところに
「シニガミ通り」と呼ばれる道がある。
その一種独特な雰囲気と、
人通りの少なさから、
ここには死神が住み着いていると言われているのは、
多くの人々が知るところだ。
しかし、死神が一体どこからやってきたのかを知る者は、
ほとんどいない。
今夜は少しだけその話をしようと思う。
そう、死神は北からやってきたのだ。

ロイターの調査によれば、
死神が北から温暖な南へ向かうことは、
まずあり得ないのだという。
なぜなのかは、わからないが、
とにかく、死神というのは、
生まれつきそういう性質らしいのだ。

そんな死神がなぜ南へ向ったのか?
そこには北の町が抱えている、ある事情が存在する。
古くは江戸の昔…、と話せば長くなるが、
要約すると、つまり、
あまりに人通りが少な過ぎたのだ。
人がいないということは、死人も出ないということだ。
死神とて人ゴミを好むものではなかったが、
このままでは、死を司る神としての存在意義さえ
失われてしまう。
そこで、死神は仕方なく重い腰を上げ、
死神としての習性に逆らい、
北から人々が集う南へと向ったのだ。
そして、一番静かな通りを選んで、
そこをねぐらとした。
長い話を短くすると、まぁ、そんなところだ。

あれからどれくらいの月日がたったのだろう。
今宵、その死神が北に帰ってくるという。
なぜ今になって、死神はそんな気になったのか。
昨今の不況で、南にも十分な人がいなくなったからか?
はたまた、ねぐらにしている通りの
スペイン酒場から聞こえてくる
騒々しいパンク・バンドの演奏に耐えきれなくなったからか?
その真意を知る者は誰もいない。
しかし、これだけは間違いないと断言しよう。
今宵、死神は北に帰ってくるのだ。

だから、僕らは備えて待つ。
たっぷりの酒と音楽で、死神の帰還を祝う。
DJはロックン・ロール・レコードをまわし、
南からのパンク・バンドがやかましい音を鳴らす。
洒落た音を奏でるコンボ、アコーディオンの調べが、
死神にいっときの休息を与える。
そして、北のソウル・バンドの熱いシャウトが、
かつての北の繁栄を、死神に思い出させるだろう。
締めくくりは、
エレキ・ギターを持ったひとりの男。
暗闇に閃光が走り、スパークする。

誰もシラけてなんかいられない。
なぜって、これはただパーティーじゃないのだから。
ずっと僕らと一緒にいて、
僕らを見守り、きっとこれからもそばにいてくれるであろう、
神様の帰還を祝う夜なのだから。

(2012.11.25 「北のシニガミ祭り」@Bar Cane'sにて朗読)
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-26 12:04 | diary | Comments(0)

数日振り

 風邪から立ち直り、数日振りのすっきりした朝。朝陽がまぶしい。ビートルズを聴きながら熱いコーヒーをすする。美味い。

 それにしても、1ヶ月で3回も風邪をひくとはな。こんなの初めてだ。なんとかアルバイトには行ったものの、あとは終始ぼんやり過ごしてたので、ここ数日でなにがあったのかはあまり覚えてない。多分、なにもなかったんだろう。ずっと寝てたんだし。

 なんであれ、また元気になれてよかった。こんなことを書くのもかっこわるいのだけど、平熱が低下し、血圧が上がり、体重が増えてと、僕もじわじわ寄る年波と向き合いつつある。これから先も楽しく飲み食いし動き回りたいので、そのためにはこうした変化を受け入れて、気にかけてかないといけないんだろうなと、今は殊勝に思ってたりする。

 …うーん、ぱっとしない日記だな。はやくもっと元気になろう。

 さて、今宵は「バー・ケインズ」で「北のシニガミ祭り」というイベントがある。夕方から日付が変わるくらいまで(もしくはその先まで)、お酒やらDJやらバンドの演奏で、寒いけどひとつ盛り上がろうよというもの。僕も文章を書いてって、早めの時間に読むことになっている。内輪のイベントだけど、もしよかったら遊びに来てください。藤沢駅北口から歩いて5分くらい。どうぞよろしく。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-25 08:19 | diary | Comments(0)

ただいま

 ついこの間、伊豆の稲取温泉へ1泊旅行に行ってきた。稲取を選んだ理由は特になかった。ゆっくりと温泉につかり、美味しい食事ができれば、それでよかった。そういう意味では、稲取はいいところだった。とにかく人が少ないし、特筆すべき場所もない。僕らは終始時間を持て余し、おかげで心ゆくまで(あるいは半ば強制的に)のんびりと過ごすことができた。

 露天風呂から人気のない漁港を眺め、金目鯛の煮付けを食べ、大浴場で張り詰めた神経をほぐした。海は美しく、灯台は白く、空は青かった。どういうわけか、大きな表札をかかげた家が多かった。

 携帯電話は家に置いていった。たった1泊では無理なのはわかっていたけど、できるだけ日常から離れて、自由な気持ちになりたかった。かつて、あちこちを旅していた頃、音楽プレーヤーは持っていかなかった。きっとそれと同じことなのだろう。もしハサミのようなものでチョキンと日常を切り離すことができたら、どんなに素敵だろうと思う。

 稲取の陽射しはまぶしく、ベンチに座って目を閉じると、波の音が一層大きく聞こえた。それはどこか懐かしく、親しげで、僕が住む町と同じ匂いがした。そろそろ帰る時間だな…と思った。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-21 07:15 | diary | Comments(0)

いってきます

 昨日の日記に書いたノート・パソコン物色の件は、友人が4年くらい前のウインドウズを譲ってくれることになり一件落着。「Vistaだから遅いっすよ」とのことだけど、そんなそんな。もし問題があるようならメモリ増設してみるから(やったことないけど、多分できると思う)。ヤフオクで2,000円くらいで買えるみたいだし。ほんとにありがとう。

 メモリ増設もそうだけど、お金がないと自然と頭を使うようになるというか、まるで畑違いなことでも調べてやってみようと思ったりする。これはこれで悪いことじゃないんだろうな。

 さて、今日はこれから伊豆へ。安宿で1泊し、のんびり温泉につかってくる。携帯電話は置いていく。明日の夜には戻るので、ご用のある方はメールか留守電にメッセージを残しといてくださいませ。

 では、いってきます。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-18 09:29 | diary | Comments(0)

ノート・パソコン物色中

 ノート・パソコンを買おうと思案中。僕の古いマックはいたって好調に動いてるんだけど、なにぶんインテル入ってないので、いよいよ現在のネット環境に対応できなくなってきているのだ。どのブラウザにしても新しいヴァージョンに対応しておらず、よく使うアプリは軒並みアップデートできず、連戦連敗がつづいている。例えばフラッシュ・プレーヤーも更新できないだから、フェイス・ブック上で動画を再生することができない。このままだとユーチューブも時間の問題だろう。なにより困ったのが、いつも音さがしをしてるサイトで音が聴けなくなったこと。「あなたの環境では試聴できません」と無下に英語で言ってきやがる。ちくしょ。

 そんなわけで、中古のマック・ブックを買おうとヤフオクを物色中。タブレットも考えたけど、仕事で使うことを考えると書類の作成もすることもあるだろうし、やっぱりノートの方がいいかなと。ウインドウズを1台持つのもいいと思ったけど、やっぱりマックが好きだしなと。ただ、僕はこういうことに関する知識が明らかに希薄なので、値段に釣られて変なもんをつかまされないようにしないと。そうしないと。

 しかし、物を長く大事に使っていくことが困難って風潮はよろしくないね。買ったところでどうせ数年後には同じように環境に対応できなくなるんだろうなと思うと、なんとなく気分がすっきりしない。そうならないといいな。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-17 07:08 | diary | Comments(0)

いつも通り

 のそのそと遂行中の「検索上位に進出作戦」の経過報告を。ヤフーで「デヴィッド・ミード」と入れると1ページ目にうちの通販サイトが出るようになった。「David Mead」だとダメ。グーグルではどっちもまだダメ。あと、パソコンによって検索結果が違うというか、僕みたいに何度も同じキーワードをチェックしてると、パソコンも学習するのか、上位にくるようになるみたい(多分)。皆さんのパソコンではどうでしょうか?

 仕事部屋がだいぶ片づいていい気分。部屋がとっ散らかっていると心も雑然とするというか、心がとっ散らかってるから部屋も雑然とするというか、まぁよくわからないけど、僕の場合そういうところがあるので、部屋の中がすっきり片づいていることには割と意味があったりする。

 昨日、海辺のサイクリング・ロードに行ったら、連日の強風で道には砂山がいくつもできていた。これでは自転車をこぐのも難儀なので、その辺をぷらぷらと小1時間ほどポタリングすることにした。風もなく陽射しもぽかぽか。快適な自転車散歩となった。江ノ島に寄って、前に住んでた部屋の前を通って、蓮池を抜けて、駅前の銀行でお金をおろして、入ったことのない店で担々麺を食べた。そこに友達が入ってきたので「よぉ」とご挨拶。「よく来るの?」と訊ねると「初めてだよ」と言う。奇遇だね。昼風呂につかり、部屋の片づけをして、「相棒」の再放送を観て、ライナーノーツの折り作業をした。夜は馴染みのバー「サウサリート」へ行って、ボジョレーヌーボーを飲んだ。ハンク・モブレイやジェリー・マリガンのレコードを聴きながら、先日行われたマラソン大会のことや介護施設のことなどをあれこれと語らう。美味しいポークソテーもいただく。帰宅してポールのDVDを観てたらそのまま寝落ち。ゆるい感じで1日を締めくくったのだった。

 で、今はコーヒーにミルクを入れて飲んでいる。インターネット・ラジオを聴きながら、こんな日記をつけている。いつも通りの朝。いつも通りの自分…だったりする。それはそれで悪くない。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-16 07:18 | diary | Comments(0)

Live Kisses

 まったくインターネット・ラジオとは侮れないもので…。今朝、まだ暗い部屋でつけたらキンクス「セルロイド・ヒーローズ」、ジェイムス・テイラー「ダディーズ・オール・ゴーン」、そしてブルース・コバーン「オール・ザ・ダイヤモンド・イン・ザ・ワールド」とつづけざまにかかった。あり得ない。ブルース・コバーンは、寒くなるとやけに聴きたくなる人で、この曲が収録された『ソルト・サン・アンド・ タイム』は僕も好きな1枚。季節がもう少し進んだらひっぱり出そう。そうしよう。

 朝の光が近所の家の壁を照らしている。今日も天気がいい。久しぶりに鎌倉の裏山をハイキングしたい気分にもなるが、ちょっと感動的なくらいに散らかりつつある仕事部屋を掃除したり、レーベル・サンプラーを追加で用意したり、懸念である「検索上位作戦」の遂行など(最近状況は好転しつつある)やることたっぷりなので、まぁしょうがない。運動不足にならない程度に海辺をサイクリングして、夜になったら馴染みのバーへボジョレー・ヌーヴォーを飲みに出かけよう。そうしよう。

 一昨日の夜、風邪っぴきなのをいいことに、ポール・マッカートニーの新作DVD『ライヴ・キス』をゆっくり鑑賞できた。これはもうね、素晴らしい作品だと思う。モノクロームな映像は品があるし、ダイアナ・クラールやジョン・ピザレリといった凄腕バック陣の気持ち良く揺れるような演奏もいいし、なによりポールのコツをつかんだかのような歌いっぷりがチャーミングだ。ジャズのスタンダードを前に臆する事なく、実にポールらしく、自由に、わざと崩した感じで、楽しそうに歌ってみせる。互いの目線を合わせながら進んでいく演奏。画面全体から極上のミュージック・マインドが伝わってきて、それは至福の時間を過ごすことができた。

 そういや、ポールって1942年生まれなんだけど、「それってつまり昭和17年生まれってことだよね」と最近気づいて軽くおののいた。いやはや、かっこいいおじいちゃんだ。
 
 MIYAI


[PR]
by sandfish2007 | 2012-11-15 08:17 | diary | Comments(2)