ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

晴れた日の野球場

 昨日の午前中は、各所からいただいたコリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』の追加注文をせっせと出荷。在庫も薄くなってきたので、うちからもコリーンに追加注文を出した。発売から2週間ちょっと。まずまずかな。ひきつづきがんばろう。

 午後はベイスターズを応援すべくハマスタへ。15時過ぎに窓口でチケットを受け取り、青空に映えるスタジアムを眺めながらビールを呑みつつ、開門を待つ。16時30分、開門。最上段から2番目の指定席に座ると、初夏の風がスタジアムを回り込むようにして吹き抜けていった。気持ち良く晴れた日の野球場は美しく、心が洗われるようだった。試合は連日の延長戦。ベイスターズが劇的なサヨナラ勝ち。がんばって最後までいてよかった。あー、よかった。

 そんなわけで、ちょっこし疲れ気味な朝。でも、気分はいい。大事なことだ。

 写真は、2014年5月26日付の朝日新聞夕刊「for your collection」に掲載されたコリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』のレビュー。今月の10枚に選ばれました。執筆は音楽評論家・萩原健太さん。簡潔にして的確な紹介となってます。読んでみてください。

 MIYAI
f0182140_07204432.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-30 07:22 | diary | Comments(0)

Worried About You

 目が覚めてカーテンを開けると、外は朝霧に包まれていた。森をすっぽりと覆い隠し、目に映るすべてがふんわりと、ぼんやりとしていた。いつもと違う風景に、僕の心持ちもいつもよりふんわりぼんやりしてくるようだった。今は霧もすっかり晴れて、きれいな青空が広がっている。視界を遮るものは何もない。世界は輪郭を取り戻し、くっきりはっきりとしている。今日も緑がまぶしい。

 ラジオからはストーンズの「ウォリッド・アバウト・ユー」が流れている。ミックの恋人の自殺によりツアーを中断していたストーンズだが、先日ノルウェーのオスロからツアーが再開された。この曲も演奏され、終わった後にキースがミックに近づき軽く背中を叩いたんだそうな。「ウォリッド・アバウト・ユー」。いい曲だし、いい話だ。

 今日は半分オフ。横浜スタジアムで野球観戦。早い時間に行って、シートノックとかそういうのも見るのだ。今年は野球のチケットをいただくことが多い。ありがたや。

 武蔵小山の名店「ペット・サウンズ・レコード」でもコリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』を取り扱ってもらうことになりました。数日後には店頭に並ぶと思います。お近くの方は足を運んでみてください。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-29 08:36 | diary | Comments(0)

ご利用くださいませ

 ひっそりとアマゾンのマーケット・プレイスでもコリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』の販売を始めた。代金はアマゾンに支払うけど(クレジット決済)、商品はうちから直接送るので、ひとまず在庫の問題は解消される。

 在庫が切れててもアマゾンに注文する人が多いので始めたんだけど、アマゾンの販売価格より安く価格設定してはいけないとか、送料は一律350円かかるように自動設定されるとか(この分はアマゾンから返金される。なんだかね。)、いくつか制約があるので、結果的に割高感が出てしまう。表示もわかりづらいな。

 とりあえず、購入方法の幅がちょっこし広がったので報告でした。ご利用ください。

 昨夜は、毎月最終土曜日に放送されている茶飲みコーナー「サンドフィッシュ・カフェ」の収録があった(オンエアは5月31日(土)レディオ湘南「湘南ミュージック・タウン」内にて)。少し遅い時間の収録だったので、その前に新譜が売り切れたという「バー・ケインズ」へ商品を補充しに行った。ベアフット・ジェリーやJ.J.ケールが流れる心地良い空間。焼酎とスコッチを呑んでほろりといい気分になってから収録に向かうと、鎌倉小川軒の若旦那チュウソンはもっといい感じになっていて、収録中にも関わらずうとうとしかけていた。お酒を呑まないパーソナリティーのはっとくんからは、「酔っぱらいはしゃべるペースが遅い」と指摘された。茶飲みコーナーならぬ酒飲みコーナー。僕はコリーンの歌をかけれたからいいけど、チュウソンは電車の網棚にお菓子を忘れてきたので、一体なにをしに来たのやら。

 結論:もう少しまじめにやろう。

 コリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』、発売以来いろいろなところで紹介してもらったり、問い合わせを受けたりしてる。とてもありがたいだけに、供給がうまくいってないことが気になるところ(まぁ、新譜を出すといつもそうなんだけど)。とりあえず、アマゾンでも買えます。割高でよろしければ(+送料350円)、すぐに発送できます。ご利用くださいませ。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-28 07:25 | diary | Comments(0)

辿りつく場所

 昨日、ポールが帰国の途についたとのこと。もうイギリスにいるのだろうか。なかなか体調が快復せず気をもんだが、これでひと段落。あとは自宅でゆっくり静養して、心も体も元気になってほしい。いろいろ大変でした。お疲れ様。

 そんな日の午前中、大学時代の友人が来て、シフト・ワイヤーの交換ができずに困っていた僕の自転車を修理してくれた。どうもありがとう。最近、彼は身内に不幸があったという。とても驚いたし、言葉にならなかった。友人は少しづつだが、生活のペースを取り戻しつつあるようにみえた。僕らは世間話をし、近所でラーメンを食べた。友人が帰った後も、心にほのかな喪失感が残った。

 午後、独立して仕事をしている友人宅を訪れた。アルバイト生活の僕と違い、彼は事業をきちんと軌道に乗せ、社員まで雇っている。友人は僕にアマゾンでの販売方法を教えてくれた。彼から見ると、僕は「全然売ろうとしてない」ように映るらしい。売りたいのなら、もっとその為の努力をしろということだ。友人の言うことは僕にも理解できた。ただ、その術がないというのも今のリアルな実感としてある。しばらく、そんな話をして、コーヒーを一杯ご馳走になって、僕は帰った。結局、辿りつくのはいつもと同じ結論だった。それは、いい音楽を出しつづけること。いつか誰かが気づき、うちのカタログを見たときに、いい作品だけが揃っていることに驚く。そうありたい。僕が求める信頼は、そこからしか生まれない。

 夕方、コリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』が新聞2誌に掲載された。ひとつは、北海道新聞夕刊の音楽評論家・天辰保文さんによるコラム「音楽アラカルト」にて。もうひとつは、朝日新聞夕刊の「for your collection」にて。執筆は音楽評論家・萩原健太さん。記事を確認でき次第、画像アップしたいと思います。

 夜、呑みに出かけようと思っていたが、なんだか疲れてしまったので、家でのんびり過ごすことにした。テレビをつけると、クラプトンが主催した「クロスロード・フェスティバル 2010」のダイジェストが放送されていた。素晴らしい内容に思わず見入ってしまい、気がついたら缶ビールをあけていた。テレビを消したとき、背中から後頭部にかけて軽い痺れを感じた。目を閉じると、亡くなったという友人の身内のことが頭に浮かんで、しばらく消えなかった。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-27 06:43 | diary | Comments(0)

僕の自転車

 今度の日曜日、親父とサイクリングに出かける。1987年に廃線となった筑波鉄道の線路跡地を利用して作られた40キロほどのサイクリング・ロードがあり、そこを走ろうという計画だ。親父も今年の夏で77歳になるが、まだまだ元気だ。

 親父とは、東北の震災があった1年前に、南相馬市原町区から仙台までの沿岸を自転車で走った。それ以来のサイクリングということになる。

 というわけで、久しぶりに自転車の整備をすることにした。サドルもペダルもグリップもシフト・ワイヤーも、とにかくひどい状態になっていたので、このままではいけないと思い立ったのだ。で、早速、パーツをひとつひとつ交換してったんだけど、まじまじと自分の自転車を見て、そのあまりのオンボロ具合に僕は少なからずショックを受けることになった。

 いや、ボロいのはわかっていた。しかし、鵠沼海岸で暮らした2年間で家の中に入れず外に置いておいたことが、思った以上のダメージを自転車に与えていた。おそらく潮風によって生じたであろう錆が、パーツだけでなくフレームにまで及んでいた。僕は整備をしながら、胸が痛んでしょうがなかった。もう元のきれいな状態には戻せないけど、今度じっくり錆落としをしようと心に誓った。

 この日記にも何度か書いたことがあるけど、かつてはよく自転車旅行に出かけたものだった。日帰りのときもあれば、1ヵ月以上帰らないこともあった。どれも随分昔のことだけど、あの頃の感覚は今も僕の心と体の中にあり、消えずに残っている。そんな自転車を雑に扱っちゃいけないよ。もっと大切にしよう。

 MIYAI

[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-26 06:48 | diary | Comments(0)

Street Legal

 今日はボブ・ディランの73歳の誕生日。いつものようにベランダで朝日を浴びて、コーヒーを淹れて、『ストリート・リーガル』をターンテーブルにのせた。ボブ・ディランの歌は魔法のようだ。コーヒーの味さえ変えてしまう(そんな気がするのだ)。

 昨日の日記でコリーン・クラークが好調だと書いた後、「これはまずかったかなぁ」と後悔した。というのも、僕が調子にのったことを言うと、たいていはそれと逆の方向に事が進んでしまうのだ(経験則)。せめて、「コリーン・クラーク、好調かも?」とか、「コリーン・クラーク、好調だといいんですが…」とか、謙虚な姿勢を示しておくべきだった。実際、昨日は注文こなかったしな。やばいな。

 長年鳴かず飛ばずでやっていると、こういう精神構造になってくる。恐ろしや。昨夜は夢を見た。僕が空の写真を撮ろうとすると、次々と見知らぬ子供たちがやってきて、僕の邪魔をするのだ。雲はどんどん流れ去り、日が暮れていってしまう。これには一体どんな意味があるのだろう?うー。

 そんな心の暗雲を吹き飛ばすべく、ボブ・ディランの『ストリート・リーガル』を聴いている。今日はボブ・ディランの誕生日。心からおめでとう。泉のように溢れる勇気と英知に、胸を打たれている。コーヒーの味が変わってしまうくらい感動している。ありがとう、ボブ。たくさんの感謝と尊敬を込めて。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-24 07:23 | diary | Comments(0)

コリーン・クラーク、好調です。

 昨日は、コリーン・クラークを置いてくれているお店へ様子伺い&ご挨拶に出かけた。まずは、呑み友達のいるディスクユニオン関内店。ピンク・フロイドやリンダ・ロンシュタットなど錚々たる面々に囲まれて並んでいた。どうもありがとう。それからタワーレコード渋谷店5Fへ。試聴機展開されており(写真参照)、仕切り板のところでも面出しされていた。ありがとうございます。そして、タワーレコード新宿店9Fでは、もうあと1枚しか残っていなかった。問い合わせもくるそうで、既に追加注文も出してくれたとのこと。ありがとうございます。

 …と、なかなか好調なご様子のコリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』でありました。よかったよかった。

 ラジオでもちょくちょくオンエアされているみたいだし、紙媒体も、毎日新聞につづいて数誌から掲載の連絡をいただいている。どうもありがとうございます。ただ、せっかく紹介してもらえても、販売してる店舗が非常に少なく、通販も軒並み在庫切れ。買いたくても買えない「完全ショート状態」がつづいており、胸が痛いです。なので、しつこいようですが、うちの通販なら在庫があります。ぜひご利用ください。こちら→『Sandfish Records Shop』。

 というわけで、昨日はいい気分で帰宅。まとめ買いしたソウルのレコードを聴いたり、リクオさんのライヴ映像を観たりしながら、くびくびとお酒を呑んでいると、注文メールが届いたりして、最後までにこにこのまま1日が終了。たまにはこういう日があってもいいよね。皆さん、どうもありがとう。

 MIYAI
 
f0182140_7275155.jpg


http://sandfishrecords.shop-pro.jp/?pid=72383213
[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-23 07:28 | diary | Comments(0)

少し考えよう

 ポール・マッカートニーが都内の病院に入院したという。韓国公演も中止。帰国もできないのか…。1日も早い快復を祈ってます。

 昨日は武道館公演があるはずだった日。僕は予定通りアルバイトを早あがりしたものの、行き先を失い、まっすぐ家に帰ってきた。いくつかの仕事をこなし、自転車のパーツを注文し、網戸交換の相場を調べた。近所のリサイクル・ショップでソウル・クラシックスなアナログ・レコードを10枚買ったり(1枚100円だった)、コリーン・クラークに関して嬉しい報告をいただいたりと、ちゃんといい事もあった。

 それにしても、在庫が切れてても、みんなアマゾンに注文するんだね。うちの通販ならすぐ発送できるのにな。どこで買ってくれても僕は嬉しいけど、素朴にそんなことを思ったりはする。直売を伸ばすのは簡単じゃない。

 ポールを観れなかったので、ラトルズのライヴに行こうかなとふと思った。6月に来日するんだよな。同じ時期にリクオさんのライヴもあるんだよな。ふむ…。まだ心がふらついていて、行き先が定まっていない感じ。少し考えよう。

 ポールが今も日本にいる。病院の窓越しに同じ空を眺めているかもしれない。今日もいい天気だ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-22 07:59 | diary | Comments(0)

仕事に打ち込んでやる

 今回のポールの来日は、全公演中止で幕を閉じた。楽しみにしていたから、とても残念だけど、ポールの健康が最優先だ。中止は正しい判断だと思う。今は病状が伝わってこないのが心配。家のベッドでゆっくり休んで、いつかまた日本にも来てほしい。お疲れ様でした。

 心にはぽっかりと穴が空いているけど、少し肩のあたりが軽くなった気がする。僕は僕で気疲れをしていたのだろう。昨夜はポールのDVDを観ながら、お酒をくいくいと呑んだけど、まだうまく酔っぱらえなかった。

 こうなったら、仕事に打ち込んでやる。昨日の「バラカン・モーニング」では、コリーン・クラークの「バーズ&ドッグス」がかかったらしい。番組の終わりの方で、僕はもうアルバイトに出かけた後だった。聴きたかったな。「バーズ&ドッグス」とは、ピーター・バラカンさんらしい選曲だ。さすが。

 来週には朝日新聞にもレビューが掲載される予定。今回は本当に評判がいい。反応できてないのはCDショップと音楽雑誌というのが、なんだか淋しいけど。アマゾンでは良く売れてるみたい。昨日やっと在庫有になったが瞬殺でなくなった。委託販売なんだから、もっと在庫とれよと愚痴のひとつも言いたくなる。通販サイト「Sandfish Records Shop」をご利用ください。送料無料・サンプラー付き。すぐに発送しますよ。

 そんなわけで、いい事だってちゃんとあるのだ。やったるぞ。ひきつづき、コリーン・クラーク『アズ・ザ・クロウ・フライズ』をどうぞよろしく。

 MIYAI
f0182140_6561413.jpg

http://sandfishrecords.shop-pro.jp/?pid=72383213
[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-21 06:57 | diary | Comments(2)

無理しないでください

 落ち着きのない朝。熱いコーヒーをすすってみるが、あまり効果なし。ポールの病状に関する情報はなく、明日の武道館公演についての正式なアナウンスもなし。果たして、行われるのだろうか?

 僕としては、ポールが元気になったのならやってほしいが、71歳という年齢を考えると、快復したとしてもコンディションが十分とはいかないだろう。そう思うと、無理せずに延期未定でもいいのかなと思っている。で、もしそうなるのであれば、地方から来るファンの人達の為にも、主催者側はすみやかに公演の有無を(どんなに遅くとも昨日までには)アナウンスすべきだ。

 僕はというと、昨夜ヤフオクにて武道館のチケットを確保した。運良く予算内で落札できたわけだが、どうなることやら。さっき、キョードー東京の公式サイトを覗いたら、アクセス不可になっていた(午前7時現在)。不穏…。

 大阪まで遠征するとなると、予定の調整が必要だし、またチケットを手配しないといけない。落ち着かない。ひとまず熱いコーヒーをすすってみるが、あまり効果なし。

 なんであれ、ポールの体調が第一。どうか無理しないでください。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2014-05-20 07:10 | diary | Comments(0)