ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2017年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース@オーチャード・ホール

 昨夜のヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのライヴは、ひょっとすると、今年で一番楽しい夜だったかもしれない。シリアスなことなんてひとつもなかった。全部が楽しかった。

 僕の席は1階の後ろから4列目だったのだが、1曲目から総立ちだった(2階と3階はわからないけど)。ウエスト・コーストからやって来た9人編成のバー・バンドは、たくさんのヒット曲と、3つの新曲と、3つのカヴァーソングを90分間に詰め込んで、最後までお客さんを楽しませた。おかげで、いい汗をかき、憂さも晴れて気分すっきり。これぞバー・バンドの真骨頂である。

 今年も75回のライヴをやってきたというだけあって、バンドの状態は良く、キメるところはビシビシ決めてくる。そのたびに会場のオーチャード・ホールは大騒ぎになるのだが、もしこれを酒場でやったら大騒ぎどころの話じゃないだろう。大受けだ。

 新曲はバンドの歴史が滲むようで、どれも素敵だった。来年には2001年以来のオリジナル・アルバムを出すらしいので、そうしたら買ってしまいそうである。

 カヴァーは、アカペラでボビー・ウーマックの「ルッキング・フォー・ア・ラブ」と、ホーンと太鼓を伴ってのメジャー・ランス「恋はウムウム」。J.J.ジャクソンの「バット・イッツ・オールライト」は、バンド全員での盛大な演奏だった。同じソウルを演奏しても、東海岸と西海岸のバンドでは、こうも解釈が違うものかといつも思う。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの演奏は、とにかく明るかった。

 そして、ヒット曲の威力はやはり凄かった。「ザ・ハート・オブ・ロックンロール」、「イフ・ディス・イズ・イット」、「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」、「ジェイコブズ・ラダー」、「ヒップ・トゥ・ビー・スクエア」、「ハート&ソウル」、「パワー・オブ・ラヴ」、「スタック・ウィズ・ユー」などなど。イントロが聴こえただけで大歓声だ。

 1流なんだけど超1流というほどじゃない。真面目にやってるんだけど、人間としてのゆるさが抜けない。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースは、気候のいい海沿いの町のバンドらしい雰囲気をずっと持ちつづけている。ライヴの間、僕は嫌なことをすべて忘れて楽しむことができた。たった90分間でも、それはとても貴重な時間だった。

 そして、僕はあんな風になれたらいいなと思ったのだ。41歳で人生を折り返してからずっと悩んでいることの糸口を見つけたような気分だった。今の時代にシリアスにならずにいられること。そんな心の佇まいを身につけたいと思った。

 開演前のBGMがスタックスやモータウンの有名なヒット曲だったの対し、終演後に流れてきたのはライアン・アダムスだった。彼らは全部承知の上なのだと思った。ひりひりとしたライアンの歌声と、陽気なヒューイ・ルイスの歌声は、違うようでいて同じなのかもしれない。

 帰りの電車の中、僕はずっと幸せな気持ちだった。楽しかったことは忘れるのが早い。だから、この気持ちも少ししたらきれいに消えてしまうのかもしれない。でも、そうしたらまた別の楽しさを見つければいい。そんな風に思えるのは、やはり幸せなことなのだろう。
 
f0182140_07162470.jpg
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-21 07:16 | diary | Comments(0)

上着を買った

 最近の週末はというと、1500字程度の原稿をひとつ書くだけで、あとはのんびり過ごしている。一昨日は馴染みの居酒屋でプロ野球反省会をし、昨日は近所の店まで冬用の上着を買いに出かけた。

 冬といえば、ずっとダッフルコートばかりを着ていたのだが、20年以上前に購入したものなので、さすがにくたびれてきた。そこで久しぶりに(8年振りくらいに)自分のための上着を買う事にしたのだった。ダッフルくん、長い間お疲れ様でした。

 お疲れ様といえば、ひとり暮らしを始めたときに購入したオーブンレンジを、先日処分した。こちらも20年以上のつき合いだった。この2年ほどは調子を崩して活躍の場がなかったけど、かつては連日連夜焼いたりあっためたりと、本当によく働いてくれた。ありがとう。そして、さようなら。

 これであの時一緒に購入して今も現役なのは、炊飯器だけとなった。今朝も元気にご飯を炊いてくれている。もはや鉄人の域と言っていいだろう。リスペクト炊飯器。

 昨日、住宅ローンの明細を確認したところ、あと31年残っていた。まぁ、わかってはいたが、払い終わる頃には78歳かと思うと、少しばかり気が遠くもなる。でも、こつこつ返していこう。地道な過程だけが確実な結果を生むのだ。

 吐く息は白く、窓の結露も始まった。これから本格的に寒くなる。今夜は帰りが遅くなるから、買ったばかりの上着で出かけよう。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-20 06:39 | diary | Comments(0)

明後日はヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのライヴ

 明後日のヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのライヴを観に行けることになった。本日、チケットが届く予定。32年前に日本武道館で観て以来だ。「楽しみだなぁ」とほくそ笑みつつ、『スモール・ワールド』を聴いている朝。

 プロモーターのサイトを覗いたら、最新のインタビューが掲載されていたので読んでみると、「バンドがバラバラになるのは失敗よりも成功が理由であるパターンが多いけど、僕達の場合は全員仲も良いし相性も良い」、「今年は75公演やった」、「新曲を出すことが挑戦だね」、「来年は新しいアルバムも出す。みんなが僕達の新作を待っているかどうかは知らないよ。欲しいか欲しくないかは知らないけれど出すんだ」となかなか味わい深かった。

 写真を見ると、32年前とメンバーがあまり変わっていないのが嬉しい。クリス・ヘイズとマリオ・シポリナはもういないようだが、ジョニー・コーラ、ビル・ギブソン、ショーン・ホッパーの顔はあった。ショーン・ホッパーなんて、ヒューイ・ルイスとはクローバー時代からのバンドメイトだから、かれこれ40年になる。

 今年も75回のライヴをやったというのは心強い。東京3公演のうちヒット曲だけを演奏する夜もあるらしいが、僕は普段通りのライヴを観れたらと思っている。新曲やカヴァーを交えつつ、いつも演奏しているヒット曲やアルバムの中の曲を聴きたい。そして、楽しい夜を過ごし、来年に出るというニュー・アルバムに興味が持てたら最高だ。

 というわけで、久しぶりの再会を楽しみにしている。数ヶ月前、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースについてのコラムを書いたので、もしよろしければ。こちら→link

f0182140_08523219.jpg


[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-18 08:25 | diary | Comments(0)

ポップ・ミュージックの魔法

 10代の頃だったと思うが、休日に部屋でラジオを聴いていると、エルトン・ジョンの「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」と、ポール・サイモンの「スティル・クレイジー・アフター・オール・ジーズ・イヤーズ」がつづけてかかったことがあった。

 こんなにいい曲があるのかと、本当にびっくりした。そして、世の中には自分の知らない素晴らしい歌がまだたくさんあるのだろうと思うと、わくわくしたのを覚えている。

 今思い返しても、あれは幸せな体験だった。そのラジオ番組に出演していたゲストのおじさんが(誰かは知らない)、「ずっと大切にしている曲を」といってかけたのだが、僕にとってはそれが30年以上も忘れられない出来事として心に残っているのだから、不思議なものだ。ポップ・ミュージックの魔法と言ってもいいかもしれない。

 最近またポール・サイモンのこの曲をよく聴いている。マッスルショールズ録音で、曲の表情を決定付けるエレピを弾いているのは、バリー・ベケットだ。

 昨夜は居酒屋で食事を済ませ、コンビニでボジョレーヌーヴォとチーズを買って帰り、エルトン・ジョンのレコードを聴いた。だから、こんなことを思い出したのかもしれない。

f0182140_06543811.jpg
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-17 06:59 | diary | Comments(0)

ライダースジャケット

 春先くらいから、若い女性がぶかっとした太いパンツをはいているのをよく見かけるようになった。なぜ気になったのかと言えば、僕が10代だった頃の田舎の不良を思い出させるからだ。上に着ている服も含めて80年代風で、全体的にチープな印象を受ける。

 はじめは、この周辺に限った地域的な流行かとも思ったが、横浜あたりでもよく見かけるから、もっと広がっていそうな気もする。季節が巡るように、時代は回り、再び脚光を浴びたのだろうか?

 あと、これは最近気づいたのだが、若い女性がライダースジャケットを着ているのをよく見かけるようになった。なぜ気になったのかと言えば、かつては僕もそれに類したものをよく着ていたからだ。そして、ライダースの愛好者と言えば、バイク乗りかロック好きがほとんどだったように思う。

 しかし、彼女たちはどちらにも見えない。ただ、そう見えないだけかもしれないが、もっと気軽に着こなしているように見える。ひょっとして流行っているのだろうか?季節は巡り、時代が回ったことで、ライダース人気の裾野は広がったのかもしれない。彼女たちがはいている太いパンツの裾のように。

 まぁ、誰がなにを着ようと僕には関係ないし、別にどうでもいい話ではあるのだが、こうして毎日ブログを書いていると、たいていはどうでもいい話になってしまうことを、どうかご理解いただきたい。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-16 07:56 | diary | Comments(0)

給料日

 今日はアルバイトの給料日。ということで、朝から金勘定をしていた。先月いろいろ物入りだったことでクレジットの引き落としがいつもより多いが、今月も慎ましく暮らせばやっていけることが判明。よかったよかった。

 ハローワークに通っている同い年のライターさんのコラムを読んだら、こんなことが書かれていた。

 「えっ・・・その忙しそうな・・・仕事内容で・・・この年齢の私に月給17万円・・・正気ですか?」

 月給17万円って少ないのか。まぁ、確かに週5日勤務ならもう少しほしいよね。・・・と、週4日のアルバイトで毎月それくらいもらっている身としては、いろいろ考えてしまった。

 なんであれ、給料日というのはいいものである。昨日まで空だった財布に千円札が何枚か入ると、心に隙が生まれ、脇が甘くなり、つい無駄遣いをしそうになる。気をつけよう。

 でも、まだ財布は空のままだから、その心配はない。さっき口座を確認したが入金されていなかった。どうやらランチは自炊になりそうな給料日。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-15 11:34 | diary | Comments(0)

夢のシニア割

 僕はスカパーの映画チャンネルを契約している。これまではあまり観る機会がなかったのだが、先日『カリフォルニア・ダウン』を、昨夜は『ヘイトフル・エイト』を観た。どちらも2015年公開の作品で、とても面白かった。前者はアレクサンドラ・ダダリオがきれいで、後者はクエンティン・タランティーノの脚本が見事だった。先週末には寅さんも観たし、久しぶりに映画をまとめて観れたのは嬉しかった。

 10年前にレーベルを始めてから生活がぐっとシックになり(ものは言いようだな)、中古レコード屋と映画館にほとんど足を運ばなくなった。それでも中古レコード屋には安レコを買いにたまに立ち寄るけど、映画館は本当に行かなくなった。そうこうしているうちに、僕の町にあった映画館は次々と閉館し、今ではひとつも残っていない。

 でも、面白そうな映画は今も生み出されつづけているから、毎年あれこれ観たいと思いながら10年がたった。つまり、10年分観たい映画がたまったことになる。もう追いつけない。少しづつでも観ていけたらいいのだけど。

 だが、朗報もある。最近は僕の周囲も高齢化がすすみ、映画館のシニア割を利用できるようになったことで、以前より映画の話題を耳にするようになった。早いものだと対象年齢が50歳以上だというから、僕もあと2年ほどで利用できることになる。「夫婦50割引」なんてふたりで2,200円だそうな。これは安い。

 若い頃のように「趣味は映画鑑賞です」と言える日が再びやって来るかもしれない。楽しみだな。早く歳を取りたい。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-14 07:44 | diary | Comments(0)

やる気が出てきた

 11月も半ばになり、年末年始の話題が出たり、店頭にはクリスマス・グッズが並んだりと、今年もそんな季節になりつつある。早いものだ。

 今年はレーベル業が大失速で、それらしいことをしないうちに、ここまで来てしまった。野球に翻弄された1年だったので、もし横浜DeNAベイスターズが19年振りの日本一になったら全品1,900円セールでもしようかなと秘かに思っていたのだけど、そうはならなかった。

 とはいえ、1年以上も新作が出ないと通販サイトへの足が遠のくのも当たり前。今月になってアクセス数がみるみる減ってきており、このままでは自社通販のみならず、アマゾンからの注文もなくなるのは時間の問題だろう。

 というわけで、なにか手を打たないと。年末セールでもやるか?

 クリスマスに聴くイーサ・デイヴィス、エドウィナ・ヘイズ、エリカ・ギンペルの女性陣は鉄壁。ジョン・リーゲンやデヴィッド・ミードも良さそうだ。サンドフィッシュ・トートバッグを持って年末のお買い物。うんうん、良さそうだ。

 なんだかやる気が出てきたぞ。いいイメージは心を明るくする。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-13 07:33 | diary | Comments(0)

情熱の行方(カントリー編)

 僕の友達の二見くんは情熱の塊だ。体は大きいが、性格は温厚で、たいていは穏やかな笑みを浮かべ、バーのカウンターでビールかラムを飲んでいる。「Voices Inside」というマンスリーDJイベントの主催者で、9年以上に渡って1回も休むことなく、毎月同じ店でソウルやブルースのシングル・レコードを回している。

 そんな彼が最近になってカントリーに目覚めたというのは、巷のちょっとした話題だ。「藤沢のブラック・ミュージック・マスター」の名をほしいままにしてきた二見くんが、とうとうホワイト・ミュージック・マスターへの第一歩を踏み出したとして、その動向に注目が集まっている。

 すると、二見くんは動いた。飛行機に飛び乗り一路メンフィスへ。3泊5日の短い滞在で、シングル・レコードを80枚買って帰ってきたのだ。そのうちの半分はカントリーのレコードだった。

 カントリーというと、日本ではいつしか人気のない音楽の代表のようになってしまったが、言うまでもなく名曲の宝庫である。多くのロックやソウルのアーティスト達が、独自の解釈でカントリー・ソングをカヴァーしている。

 そこで二見くんは、慣れ親しんできたソウル・ミュージックのオリジナル曲を辿るようにしてカントリーを聴きすすめ、その広大な白地図に色をつけているところ…というわけである。

 昨夜は、そんな二見くんがメンフィスで買ってきたレコードをかけるというので、これは聴き逃せないと馴染みの音楽バー「ケインズ」へ出かけた。楽しい語りをまじえてのDJは大盛況で、みんなで二見くんが持ち帰ったソウルやカントリーのレコードを楽しんだのだった。

 写真はお土産にいただいたシングル・レコード3枚。友達にプレゼントをあげるのも二見くんの趣味のひとつで、なにかにつけては、いろいろいただいている。そんな優しいところも、彼の人気の秘密と言えるだろう。どうもありがとう。

 さて、再来週(11月24日)は、いよいよカントリー・ソウル特集。カントリーとソウルの同曲聴き比べをするDJナイトが予定されている。「今夜聴いた曲のオリジナルやカヴァーが聴けますよ」。そう言ってニヤリと笑う二見くんは、どこか悪い顔をしていた。情熱は時として人を悪い顔にもするのだろう。今から再来週が楽しみである。

 
f0182140_11301094.jpg
 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-11 11:31 | diary | Comments(0)

時の流れに

 2晩つづけて聴いたポール・サイモンの名盤『スティル・クレイジー・アフター・オール・ジーズ・イヤーズ』。ずっと好きなレコードだが、これまでになく沁みるのはなぜだろう? 

 そんなことを不思議に思いながら、ジャケットを眺めたり、裏返してみたり、ライナーを読んだりする。1曲ごとに参加しているメンバーが明記されているのは嬉しい。マッスル・ショールズで少し、ニューヨークでほとんどが録音されたのがわかる。

 あと、2曲をのぞいて邦題がついているのも面白い。一番気に入ったのは「もの言わぬ目」。原題は「SIlent Eyes」。必要だろうか?

 そして、いつもながら歌詞が素晴らしい。特に沁みたのは、つまづきながら生きる人達のことを歌った「サム・フォークス・ライヴズ・ロール・イージー」。邦題は「ある人の人生」。神様の門を叩きながら、「関係ないのはわかってるけどさ。でも、落ち込んだり打ちのめされたら「私を信じなさい」って言ってたよね」というくだりは最高である。

 今月にはかつての相棒だったアート・ガーファンクルが来日する。思えば、僕はサイモン&ガーファンクルもポール・サイモンもアート・ガーファンクルも観たことがない。チャンスはあったのに、チケットを買わなかった。理由は覚えていないが、その時々で事情があったのだろう。

 ポール・サイモンのこのアルバムが、いつになく沁みるのはなぜだろう?秋向きなのだろうか?どうなのだろうか?。邦題は『時の流れに』。

 最後に掲載情報をひとつ。1980年代に特化したエンターテイメント・サイト『Re;minder(リマインダー)』に新しいコラムを寄稿しました。今回はヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」です。あの分厚いシンセのイントロは、本当に鮮烈でした。ぜひ読んでみてください。

ジャンプ!今日もヴァン・ヘイレンは無責任に誰かの背中を押している

f0182140_06431702.jpg

 

[PR]
by sandfish2007 | 2017-11-10 06:44 | diary | Comments(0)