ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Splendor

 今年のアルバイトは今日でおしまい。ずっとパソコンに向かってる仕事なんで、そっから解放されるのは、ほっとするというか、ちょいと嬉しかったりする。

 昨夜は「ダメ男ナイト」の選曲をしようと思ってたんだけど、帰宅したら嬉しいメールが2つ届いていて、ひとつは「イーサ・デイヴィスを販売することにしました」というショップからの報告メール。もうひとつは、昨日の日記にも書いたサーフィンDVDのメーカーさんから「エンデュアの曲も使いたいんだけど、いい?」というご依頼メール。とてもありがたい。今の僕には、なによりのクリスマス・プレゼントだったりする。

 そんなわけで、昨夜はアーティストに使用許可をとったりなんだりして、ついでだしとあれもこれもとやってるうちに、いつしか聖夜は聖夜じゃなくなり、いたって普通な12月26日に変わっていた。で、今朝起きると、アーティスト側から返事がきてたので、早速返信したりして、ついでだしとあれこれやってと、なんとなーく朝から充実した気分だったりする。

 ターンテーブルにはエディ・モトゥの名盤『No Turning Around』を。ひんやりした冬の空気に、とてもよく似合う。これは「ダメ男ナイト」でかけたいなぁ。しみじみ大好きな1枚。

 僕に部屋には、こういう古いシンガーソングライターのレコードが、たくさんある。

 MIYAI
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-26 08:34 | diary | Comments(0)

ココアをすすってみたりする

 ひきつづきメリー・クリスマス。湘南ビーチFMから流れるクリスマス・ソングを聴きながら、トーストにスクランブル・エッグをのっけて食べ、ココアをすすってみたりする。今日もいい天気。

 昨夜はクリスマス・レコードを1枚持って、いつもの「サウサリート」へ。でも、藤沢の街は、あまり華やいでいなかった。レコードをかけてもらい、居合わせた友人らと世間話をし、ワインを飲んで、ピザを食べて、2時間ほどで帰宅。すぐに寝た。今夜はなにしようかな。「ダメ男ナイト」でかけるレコードでも選ぼうかな。そんなこんなの2008年のクリスマスだったりする。

 さて、きちんとアナウンスするのはまだ早いんだけど、スコット・フィッシャーの曲が、とあるサーフィンDVDに使用されることになった(詳細は年明けにでも)。「かなりいい場面で使ってますよ」とのことなので、このDVDでスコットの歌に興味をもってくれる人が増えたらいいなぁと思ったりする。

 この件でわからないことがあったので、久しぶりに以前勤めてたインディーズ・レーベルに電話をかけて、いろいろ教えてもらった。その際、お互いの近況等をやんわりと話したんだけど、いやぁどこも厳しいんだなぁと改めて感じたりした。冷静に見て、音楽業界の事情は、今後さらに激変していくと思う。小さなレーベルや制作会社がばたばたと潰れていく中、ミュージシャンも苦しんでいる。近い将来、メジャー・レーベルや大型CDショップにも、今の自動車産業のようなことが起こるかもしれない。ま、音楽業界に限らず、今はいろんな場所で、いろんな人が、過渡期を迎えているのだろうけど。

 それで、なんとなく、お酒が飲みたくなって、クリスマス・レコード持って「サウサリート」へ行ったと。そういうことね。カウンターにはカメラマンの西村氏がいて、マスターのジョージさんもまじえつつ、あれこれと語らう。やっていることは3人3様だけど、どこか共通した感覚をもっていて、それはつまり「人と違うことをやらないとね」ということなのかなと、僕は思った。他と同じじゃしょうがないよみたいな。うまく言えないけど、そんな話ができてよかったなぁと思った。

 世間にいい音楽はたくさんある。その中から「サンドフィッシュじゃなきゃダメだ」と思ってもらえるなにかを、はやく確立できたらいいなと思う。そのためには、頭を使って、やれることをやって、焦らず、しっかりと準備をしておきたい。いつだって、チャンスは、あるんだと思う。

 MIYAI
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-25 09:00 | diary | Comments(0)

新しいTシャツと『ダメ男ナイト』

f0182140_882759.jpg

 今日はクリスマス・イブなり。皆さんにとって、素敵な夜でありますように…という願いを込めて、フロイド・クレイマーの『We Wish You a Merry Christmas』をターンテーブルへ。これは、僕が子供の頃に、実家でよくかかっていたクリスマス・レコード…なんて書くと、育ちが良さげな感じがするね。

 昨夜は、隠れ処『海樹』の5周年イベントへ。ずっと観たいと思っていた湘南のスティーリー・ダン「Gearman」のライヴを、ようやっと観ることができて嬉しかった。この夜は、「海樹」を愛するたくさんのミュージシャンやお客さんが集いまくり、なにかにつけ「おめでとー」とか「かんぱーい」とか、そんな言葉が飛び交うハートウォームな夜だった。Gearmanの演奏は、タイトで、音圧があって、とても楽しいものだった。また機会を見つけて、観に行こう。そうしよう。

 さて、ニューTシャツが到着しました!個人的には大満足の仕上がりなんだけど、いかがでしょ?素敵だと思いませんか?12月28日(日)のイベント『Blue Brazil』にて先行販売して、その後、通販サイト『Sandfish Records Shop』でもお求めいただけるようにしようと思ってます。在庫の関係で来年になっちゃうかもしれないけど。欲しい方は、予約していただけると、無駄な仕入れをせずに済むので助かります(ご予約はこちら→mail。タイトルは「ニューTシャツ予約」でお願いします)。サイズ等の詳細は下記の通り。価格はまだ考え中なんだけど、セール期間(〜2009年1月11日)にご予約いただいた方には、半袖:2,500円、七分袖:3,000円にてご提供いたします。

●半袖Tシャツ
イエローのボディに、グリーンのロゴ。
ロイヤル・ブルーのボディに、ホワイトのロゴ。

<寸法(cm)>
サイズ GS GM S  M  L   XL 
身丈  55 59 63 68 72 75 
身幅  42 45 47 52 55 60 
袖丈  16 16 18 22 22 23

●七分袖Tシャツ
ホワイトのボディに、袖とロゴがダーク・ブラウン。

<寸法(cm)>
サイズ GS GM S  M  L   XL 
身丈  55 59 64 68 72 76 
身幅  42 45 45 47 52 57 
袖丈  55 55 59 62 65 68

 というわけで、『Sandfish Records Shop』でのセールは、今も続行中です。なんか最近忘れられているような…(注文少な過ぎ)。クリスマス・プレゼントにはもう間に合わないけど、お年玉の現品支給などに(ありえねー)、サンドフィッシュのCDやグッズをぜひご利用くださいませ。CD はこの季節なら、イーサ・デイヴィス『Something Else』、ジョン・リーゲン『Let It Go』、サリー・ドゥワースキー『Boxes』あたりがオススメかな。どうぞよろしく(ぺこり)。

 さてさて、昨日は『Blue Brazil』のご案内を書いたわけだけど、同じ日の夜、これまたすごいイベントが藤沢駅北口の『Bar Cane's』であったりする。題して『ダメ男ナイト』。兎角、DJというと、盛り上げるためについついアップテンポな曲ばかりかけたがる傾向があるけど、「でもさ、それって無理してない?」と思うこともしばしばだったりする。そこで、「ほんとは、盛り下がっちゃうくらいに切ない曲やユルイ曲ばっかり聴きたいんだけどなぁ」という多くの(?)人の潜在的に欲求に応えちゃおうというのが、この夜の主旨…だったりする。昼の『Blue Brazil』をアンダーグラウンドとすれば、夜の『ダメ男ナイト』はディープ・アンダーグラウンドということになるだろうか。やるね。

 イベントの詳細は最下部を参照。各DJそれぞれに役割が振られているあたりに、妙な本気感があるというとか、店主Genくんのこのイベントへ思い入れが伝わってくる(僕はシンガーソングライター泣きを担当)。おでんが付くあたりも、しみじみ感が増幅させる。しかし、これを朝までやるかね。すごいな。年忘れならぬ泣き忘れイベント。やる前から言うのもなんだけど、今年の企画大賞はこれで決まりだと思う。

 というわけで、28日はみんなで一緒に泣きませう。で、そんな自分を笑いませう。よろしく哀愁。

 MIYAI


■□■□ ダメ男ナイト presented by Bar Cane's ■□■□

泣きたいヤツはみんな集まれ。
今年最後の泣き忘れ。
Cane'sゆかりのダメアニキDJが総出演。
ジャンルを超えたダメ男ソングだけを聞く一夜。
そして最も泣かせたDJには「最優秀ダメ男賞」を贈呈!
少ない曲数でも参加したい方は、厳選のダメソングを携えて
ぜひ参加してください!
              (店主 Gen)

日時:12月28日(日)20:00〜夜明けまで
場所:Bar Cane's→Map
   (藤沢市藤沢991 野口ビル2階/Tel:0466-28-5584)
チャージ:¥500(おでん付き)

【出演予定】(順不同)
キャプテン・マセ(泣きのブリティッシュ・フォーク)
二見(兄)(カントリー&ナッシュビル泣き)
guinn.(泣きサックス)
BAN(ワールド泣き)
二見(弟)(さんざんサザンソウル&カリブ泣き)
宮井 from sandfish records(SSW泣き)
タスク from disk union(90's泣き)
常連ツカ(80'sポップス泣き)
ドクトル浅見(和モノ泣き)


注意事項:
ジャクソン・ブラウンとジェイムス・テイラーはお一人様一曲以内でお願いします。
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-24 08:39 | diary | Comments(0)

Blue Brazil

 今年もあともうちょい!ってとこまできてたりする。湘南周辺もライヴやイベントが目白押しで、行きたいのがかぶっちゃったりして、けっこう大変だったりする。

 サンドフィッシュ・レコードとしては、前にもこの日記に書いたし、さっき「News」欄にもアップしたんだけど、12月28日(日)に「サウサリート」のジョージ氏が主催する「Swing Swang Swingin'」による年忘れイベント『Blue Brazil』に参加。この日のために作った「Swing Swang Swingin'」とのコラボTシャツを販売する。まだできあがってきてないんだけど、実物が届いたらすぐに写真アップしやすね。かなりかっちょいい…はず。多分。

 イベントの詳細は、最下部の案内や、うちの「News」欄を観てもらってもいいんだけど、「Swing Swang Swingin'」のブログの方が、ミュージシャン達の写真もあって楽しいかと(こちら→link)。基本はブラジル音楽のイベント。「サンドフィッシュとブラジル音楽って、関係なくね?」と思ったそこのあなた。正しいです。でも、いつか関係するかもしんないし、ちゃんとコラボTシャツ作ったし、つまりだね、

 面白そうだから参加したと。ザッツ・オール。

 というわけで、ぜひぜひ遊びに来てくださいね。ミュージシャンもDJもハズレなしの強者揃いだから、きっとお酒もすすんじゃうことでしょう。みんなでわいわいがやがやしながら、地球の裏側的に盛り上がりたいと思います。リオ・ブラボー!

 MIYAI

■□■□ BLUE BRAZIL presented by Swing Swang Swingin' ■□■□

日時:12月28日(日)15:00〜20:00
場所:湘南アカデミアサロン→Map
   (藤沢駅南口徒歩1分、江の電第二ビル7階)
   藤沢市鵠沼石上1-1-1/0466-26-3028
チャージ:¥2,000(1drink)

<ライヴ&DJ>
ライヴ:"Agua Viva":Yukari (vo)、中西 文彦 (g)、福井 豊 (per)
    "Grupo Vida Suave":
    まえかわ ともこ (vo)、尾花 毅 (g)、千田 利貞 (per)
DJ:KAZ、Kazuhisa Yazawa、George Tani

<フード&ドリンク>
 Sausalito、roquette DELI、Café PenséeGustav Bagels
 あんとぱん、Flower Berryz、Reiko's Bakery

<グッズ>
 Typhoon TextileSandfish Records

--- more info ---
Sausalito
0466-27-9966

 MIYAI
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-23 11:07 | diary | Comments(0)

Something Else

 ちゃんと6時起床。今日もぬくい朝なり。

 昨日の夕方は「余白や」へ。コーヒー1杯のつもりが、「やっぱりビール」ということになり、閉店後はワインや紅茶をご馳走になり、「これは現品支給ということで、今度イーサ・デイヴィスを1枚持ってきてください」といってかなり美味しいワインが出てきたりとか、実に「余白や」的な時間が流れる中、あーだこーだと話は尽きず、帰宅したのはまたしても0時過ぎだっりする。ふむ…。

 ま、英気を養ったということで。良い夜でした。

 なんかよく思うことというか、昨日もそんな話になったんだけど、「自分を笑える」というのは、ひとつのキーワードというか、それができれば、いろんなことを乗り越えていけるような気がする。ときには笑ってらんない気分になることもあるけど、そうした状況も面白がれるというか、そんな心のゆとりを、いつももっていたいなぁと思う。

 結論:笑いは大切である(にっこり)。

 MIYAI
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-22 08:45 | diary | Comments(0)

Blow Wind Blow

 ぬるめの風が強く吹いてたりする。空の青と雲の白が半分づつくらい。洗濯物が勢い良く揺れてたりする。ラジオからは、坂本龍一のピアノが、リリカルに流れてたりする。

 いつもお世話になりっぱなしの都内に住む友人が、わざわざ藤沢まで飲みに来てくれた金曜日。「サウサリート」のカウンターに座っての2人忘年会。面白い話から、興味深い話から、ちょっと厳しい話まで、あれこれと語らう。この日は冷たい風が吹いていて、友人をホームまで送ってからは、ついつい熱燗を飲みに隠れ処「海樹」へ。もう時間も遅かったし、ちょっとだけ飲んですぐ帰ろうと思ってたんだけど、これまたついつい居座り、ひとり鍋を食べたり、すごく美味しい生牡蛎やにごり酒をご馳走になったりして、気がついてみれば午前2時。このお店の閉店時間は午前0時。えっと、どうもすみませんでした。

 実家からの電話で起きた土曜日。昼過ぎに両親がやってきたので、藤沢の名店「とんこ」で『篤姫』の再放送を観ながら美味しいトンカツを食べ、イトーヨーカドーで買い出しをし、僕の部屋でお茶を飲んだ。配送屋さんがやってきて、梱包したギターを持っていった。ちょっぴり寂しかった。夜は、湘南きってのブラック・マスター=二見潤氏が毎月やっているDJイベント「Voices Inside」を聴きに「ケインズ」へ。今月のゲストDJは、藤沢のミュージック・マスター=浅見卓也氏に加え、音楽ライターの文屋章氏。文屋さんは気さくな楽しい人で、居合わせた界隈の音楽好きにまじって、面白い話をいろいろと聞かせてもらった。最後は、浅見さんといつもの中華屋さん「大新」へ。で、帰宅したのは、やっぱり午前2時半頃と。ふむ…。

 そんなわけで、今日の午前中は、すっかりまったりしてしまった。で、今もなんだかまったりしたままだったりする。ま、それもいいよね。

 というわけで、これから「余白や」へ行ってくる。美味しいコーヒーを飲んでくる。押忍。

 MIYAI
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-21 16:06 | diary | Comments(0)

Early Morning Song

f0182140_8304091.jpg

 『めざましテレビ』の占いだと、今日の1位は山羊座で、すべてがうまくいっちゃう日らしいんだけど、さっき茶碗が割れたわけでね。うーんと、すべてがうまくいくってわけには、やっぱりその、なかなかいかないのかな?ま、いいや。

 新しいコンタクトレンズは気持ちがいい。昨日のバイト帰りに買ったんだけど、すげー爽快だったりする。僕は2週間用のコンタクトレンズを、ついつい何ヶ月も使いがちなので、こう新しいものを装着してみると、これまでいかに目に負担をかけていたのかが、よーくわかる。

 結論:目は大切にしよう。そうしよう。

 風呂からあがって、『風のガーデン』を観て、パソコンをたちあげたら、数日前ヤフオクに出品したギターが落札されていた。こちらの希望価格で買ってもらえたので、よかったと思う。そんなわけで、週末にはこのギターとお別れ。8年間メインで弾いてきたギターなので、淋しい気もするけれど、どうか新しいオーナーさんにかわいがってもらえますように。

 新星堂名古屋店で、サンドフィッシュ・コーナーがスタートしたことを確認。首都圏より西では最初のサンドフィッシュ・コーナー。嬉しいです。今月中にあと3店舗(首都圏2店舗、東北3店舗)のスタートも決まっている(多分)。もう終了したお店もあるけど、ずっとつづけてくれてるお店もあって、現在は10店舗前後で展開中のサンドフィッシュ・コーナー。ありがたいことなり。

 そろそろニューリリースもしたいなぁと真剣に考えてるんだけど、ただこの一ヶ月ほどは、アルバイトをさがしたり&はじめたりに忙殺され、思うように前にすすめていないのが正直なところ。3月リリースが目標なんだけどな。どうだろね?ま、焦らずじっくりと、いいアーティストのいい作品をさがしたい。

 今朝は、ワズの『The Sweet Bye and Bye』をかけている。ぼんやりコーヒーを飲んでいると、薄暗かった部屋がだんだん明るくなってきて、朝日が差し込んでくる。そんな中で聴くワズはとてもいい。もしかすると、一番ワズに似合う時間なのかもしれないな…と思ったりした。

 MIYAI
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-19 08:34 | diary | Comments(0)

Sentimental Favorite

 前の晩にそこそこ飲んでも、ちゃんと6時に起床。「おっ、できるじゃん!」と思ってみたりする。今日はとてもいい天気。さて、なにを聴こうかなぁとCD ラックを眺めてみると、ものすごーく久しぶりにオウズリーの『Owsley』を発見。いやぁ、存在さえ忘れてたよ。でも、いいアルバムだ。もう10年くらい前のアルバムになるのかな。まだ20世紀だったような。懐かしい。

 昨日は朝から夜までずっと雨で、めずらしいなとなんとなく思った。馴染みの魚系の飲み屋さん「海樹」で熱燗を飲んだら、じんわりと胸のあたりがあったまって、冬なんだなぁと思った。アオリイカのお刺身をゆっくりいただいて、ちょこっと本屋に寄り道してから、「サウサリート」へ。マスターのジョージさん達と、28日のイベントの話をちょこちょこする。居合わせたエレガントなパン職人=大野氏からのお裾分けで、お手製の「パテ・ド・カンパーニュ」なるものをいただく。これが赤ワインと合って、とても美味しかった。大野氏も28日のイベントではお手製のパンを売るとのことで、「これをサンドウィッチにしてみようかと思ってます」と言ってた…ような気がする。もし実現したら嬉しい。あれこれ語らい、ほどほど酔っぱらい、いい気分。帰りには雨もあがっていたので、ぷらぷらと家まで歩く。ひんやりした空気が、気持ちよかった。

 オウズリーが“Sentimental Favorite”を歌っている。いい曲なり。確か、このアルバムを買った頃は、ウィルコの『Being There』もよく聴いていた。懐かしい。あの頃の僕はといえば、割と真剣に小説を書いていた。また機会があったら、書いてみたい。

 28日のイベント用にと、新しいTシャツを作成中。ボディもデザイン・データも手配したので、あとは仕上がりを待つばかり。今回は七分袖のもあったりして、かなり楽しみ。

 MIYAI
f0182140_8453075.jpg

[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-18 09:00 | diary | Comments(2)

Other Songs

 しとしと雨の水曜日。ちゃんと6時に起きて、しっかりごはんを食べた。で、気合いを入れてこうと思ったんだけど、雨だしなぁということで、なんとなくロン・セクスミスを。『Other Songs』を。

 サンドフィッシュ・レコードをスタートした頃、いつかはアサイラム・レコードみたいなレーベルになれたらいいなぁとか、まぁ勝手なことをあれこれイメージしてたんだけど、アーティストでいうと、例えばロン・セクスミスみたいな人を思い浮かべては(アサイラムじゃないけど)、こういう人をしっかりとサポートしていけたらいいなぁと、ぼんやり思ったりしていた。

 でも、CDショップのバイヤーさんにそのことを話すと、「あぁ、売れないんですよねー」とよく言われた。それは、僕もこの仕事をずっとやってきたから、彼らの言うことはとてもよく理解できた。だから、「やっぱりそうですよねー」と答えたりしてた。今にして思えば、僕もちょっとびびってたのかもしれない。これは仕事なのだし、趣味や遊びじゃないのだから、もっとインパクトがあるものをリリースしていかないといけないのかなぁと、悩んだりもした。けど、それはやっぱり違うわけで、もしみんながそんなことばかりやってたら、音楽でいうところの「最良の情感」みたいなものが、どんどん失われていってしまう。それはもう売れるとか売れないとか、そういうことだけで片づけてはいけないんじゃないかなぁと。

 考え方はみんなそれぞれだけど、少なくとも僕はそんな風に感じながら、この仕事をやってたりする。情感とか歌心とか、そうした曖昧なものにこだわって、これからもいい作品を長くじっくりと売っていきたい。雨の朝にロン・セクスミスの歌を聴いていて、改めてそんな気持ちにさせられた。

 MIYAI
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-17 08:18 | diary | Comments(0)

今日から

 今日からアルバイトな日々がスタートということで、これからは6時に起きることにしようと、決めた。で、起きてみたんだけど、ね、ねむい…。最近は深酒をすると、ものすごい確率で寝坊してるので、そこんとこがちょっぴり心配で、友人に話したところ、「深酒しなきゃいいんじゃねーの?」と言われた。まぁ、そうなんだけどさ(話にならない)。

 とりあえず、一年半前までは僕もお勤めしてたわけで、その頃の感覚を取り戻せばいいだけだから、ま、大丈夫かなと。職場は、とにかくでっかい会社なので、仕事に慣れたら、たくさんの人にCDを買ってもらおう。そうしよう。売店とかに置いてくんねーかな?(くんない)

 なんであれ、職場が近いというのはいいことだと思う。がんばろう。おー。

 MIYAI 
[PR]
# by sandfish2007 | 2008-12-16 08:39 | diary | Comments(0)