ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

実に平成

 4日連続、床で寝落ちした。一昨日はブルース・スプリングスティーンを聴きながら(午前6時まで)。昨日はポール・マッカートニーを聴きながら(午前3時まで)。

 今日から4日間、アルバイトがない。仕事をまとめてできそう。休息もとろう。でも、遊びに出かける元気はなさそう。

 今朝、妻がコーヒーを淹れてくれたので、僕がサンドウィッチを作った。アントニオ・カルロス・ジョビンをかけると、妻が「喫茶店のモーニングみたい」と言うものだから、つい「どの新聞にしますか?」と返しそうになった。

 朝の喫茶店で新聞を読むサラリーマン。昔のテレビドラマでよく見かけた実に昭和な風景だが、新聞のサービスは今もファミレスのモーニング等にあるから(テーブルに置いてある)、昭和に限ったことではない。

 ちなみに、うちでは新聞を取っていない。インターネットの普及でいつしか取らなくなった。実に平成。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2018-10-05 07:19 | diary | Comments(2)
Commented by アラン・ボブ at 2018-10-05 09:24 x
 ジェフの訃報、家の朝刊で読みました。
 彼の本を読むと、彼と共にファブのスタジオにいるような気分になるし、彼の目に映る4人もとてもおもしろいし、
ジョージ・マーティンに対しても素直な感情を書いてるところがいいし、私にとっては、何度も読み返せる本です。

 「コステロは、ジョンに似ている」、と、同じく二人と仕事したジム・ケルトナーも、同じようなことを言ってましたね、「彼(コステロ)は、ジョン・レノンだ。」と。

 今日はジェフに思いをはせながら、ポールや、ビートルズのアルバムを聞いてみようと思います。
Commented by sandfish2007 at 2018-10-05 09:58
あの本はとても面白かったですね。メンバーが帰った後もジェフは作業を続け、様々なアイディアを試していく姿が、ありありと目に浮かんでくるようでした。翌朝、プレイバックを聴いたリンゴがびっくりした顔で「俺のドラムに何をしたんだ?」と言ったとか、とにかく楽しい本でした。

今年の2月にはポールと会っているみたいだし、最後まで交流があったことを嬉しく思いました。改めて合掌。
<< ツアーミュージシャンの底力 ジェフ・エメリックに捧ぐ >>