ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ツアーミュージシャンの底力

 昨日と今日は夏のような陽気。さっきコンビニでアイスを買った。そんな感じ。

 昨夜は地元のバーでリクオさんの弾き語りライヴがあった。弾き語りというと、パーソナルで穏やかなものをつい想像しがちだが、これがとんでもない。熱い塊を叩きつけてくるような強烈なライヴだった。

 特に声の迫力に圧倒された。「オマージュ〜ブルーハーツが聴こえる」では、本当に体が後ろにのけぞるかと思った。そして、しばし茫然。叩き上げられたツアーミュージシャンの底力を、まざまざと見せつけられた気分である。

 終演後は旧知の面々と談笑。リクオさんとも久しぶりにゆっくり話すことができた。今日は山形でライヴだそうな。今頃は新幹線の中だろうか。

 単純ながら、僕も自分の居場所でがんばろうと思った。ひとまず原稿をひとつ入稿した。もうひとつ書いてしまおう。リクオさんはたくさん新曲を書いているから、僕も負けないくらいたくさん原稿を書けたらいいなと思う。
 

[PR]
by sandfish2007 | 2018-10-07 11:10 | diary | Comments(0)
<< ガーデン・フェスティバル 実に平成 >>