ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

2018年 02月 18日 ( 1 )

リクオ with HOBO HOUSE BAND @zher the ZOO(2018.2.17)

 昨夜は「zher the ZOO 代々木」にてリクオ with HOBO HOUSE BAND のライヴを観た。ドラムが椎野恭一から元cutman-boocheの小宮山純平に変わり、ギタリストにソウル・フラワー・ユニオンの高木克が加わってのラインナップを観るのは初めてだった。

 繰り広げられた演奏は、いつになく男っぽいものだった。メンバーががっちりとタッグを組み、同じ場所に向かって塊のような音を放つ。そこから生み出されるエッジのきいた高揚感、インパクトの強さは、これまでの HOBO HOUSE BAND にはなかったものだ。その結果、リクオさんの大きな魅力である繊細なゆらぎは影を潜めたが、代わりに未来を切り開こうとする強い意志が演奏全体にみなぎっていた。

 この日もセットリストは新曲中心。とりわけ「希望のテンダネス」、「グラデーション・ワールド」、「ブルーハーツが聴こえる」は、リクオさんの代表曲になりうる素晴らしい楽曲だ。今のリクオさんが充実期にあることは間違いないだろう。それは本人も自覚しているようで、現在レコーディングをしている新作についても、かなりの手応えを感じている様子だった。「最高傑作になります」と言っていたが、それだけの熱量が詰まっているということだと思う。

 リクオさんは今、バンドの結束に強くすることによってエネルギーを増幅させ、音楽を巨大な塊に変え、これまでよりも遠く広い世界に投げ込もうとしている。それはひとえに自分の音楽を多くの人に届けたいという強い気持ちの表れだろう。そう考えると、『Hello!』でのポップな方向性も、聴き手の裾野を広げようとする意志だったと解釈できるかもしれない。

 バンドが一丸となって放つロックンロールの威力はやはり格別だった。聴き手の心を瞬時に非日常へと連れ出してしまう。昨夜はそんな場面が何度も訪れた。このまま突き進んでほしい。そして、このバンドの未来を見届けようとしている僕らにも、新しい景色を見せてほしい。
 
f0182140_18135262.jpg
 

[PR]
by sandfish2007 | 2018-02-18 18:15 | diary | Comments(0)