人気ブログランキング |
ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

<   2018年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

買い物ベスト3

 大晦日。2018年も今日でおしまい。そんな日の朝だから、ポール・マッカートニーの『エジプト・ステーション』をかけて、このブログを書いている。まずは無事に年を越せそうでよかったよかった。

 今年買って嬉しかったものといえば、「テレビ台、コンポ、レコード針」がベスト3だろうか。テレビ台のおかげでリビングがちゃんとした空間になった気がする。ただ眺めているだけで嬉しい。家具を買ってこんな気持ちになるのは久しぶりだ。

 コンポはまともにCDを再生できるという当たり前のことが、こんなにも心地よいものなのかと思った。そしてレコード針を交換して、改めてアナログ・レコードの音はいいなぁと再認識した。スピーカーが小さくなって音がこじんまりとしたけど、これについては追々考えていこう。今はノー・ストレスで音楽が楽しめることがこの上なく嬉しい。MDも聴けるし。

 数年振りにスニーカーを買ったのも嬉しかった。眼鏡はサイズが少し合わず微妙だったけど、一昨日店へ相談に行ったら、「まだ購入されて日も浅いので、別のフレームと交換できますよ」と言われてびっくりした。すごいアフター・サービスだな。

 なんであれ、穏やかな気持ちの大晦日。そのことがなにより嬉しい。家族や仲間に感謝。そして、このブログを読んでくれている皆様へ。本年もありがとうございました。良いお年をお迎えください。

 最後に掲載情報をひとつ。1980年代を中心としたエンターテイメント・サイト『Re;minder(リマインダー)』に新しいコラムが掲載されました。年末らしいものをという依頼だったので、38年前の大晦日、テレビで観た日本レコード大賞での五輪真弓「恋人よ」について書きました。もしよかったら…。

冗談だよと笑ってほしい… 五輪真弓が名曲「恋人よ」に込めた渾身の力

f0182140_08071546.jpg
 

by sandfish2007 | 2018-12-31 08:08 | diary | Comments(0)

晦日

 晦日。今年もあと2日。

 ここ数日は、呑み屋での忘年会、呑み屋への挨拶まわり、新年を迎える準備や買い物など、けっこう年末らしく過ごしている。昨夜は馴染みの隠れ処の忘年会に顔を出し、美味しい料理とお酒をいただいた。今夜は馴染みの呑み屋へ挨拶がてら顔を出す。そして、明日の夜は妻の実家へ出向き、みんなで新年を迎える予定だ。

 さて、これから年賀状の準備など。年々、形骸化が進んではいるが、中には年賀状のやり取りだけで互いの生存を確認して合っている友人などもいるし、なにより毎年いただく方々にはやはり送っておきたい。

 それと、さっきお雑煮担当に立候補したので、シンプルで飽きない味付けも研究しないといけない。今日もあっという間に夜になり、僕は呑み屋へ出かけるのだろう。実に年末。今年もあと2日。晦日。

 

by sandfish2007 | 2018-12-30 10:54 | diary | Comments(0)

DJ

 今年のアルバイトを定時で納めて、恵比寿駅から湘南新宿ラインに飛び乗り、藤沢駅北口に出て音楽バー「ケインズ」へ。馴染みのDJ陣が集まっての忘年会。僕もレコードを抱えて参加しましたとさ。

 今回の縛りは「ブギー」と「干支」。10名のDJが15分の持ち時間を2セットづつ。というわけで、僕も縛りに合わせてレコードを回したのだった。

 まず、「ブギー」のセット。エリック・ワイズバーグの時に「オン・ギター!チャーリー・ブラウン!」と叫んだのは言うまでもない。

 Boogie / John Hartford
 Boob Tube Boogie / Steve Colt & Dave Mann
 Up on the Hill Where They Do the Boogie / John Hartford
 Concrete Canyon Boogie / Eric Weissberg and Deliverance
 Tripe Face Boogie / Little Feat

 続きまして「干支」のセット。戌年の僕は年男。それもあと数日かと思って、しんみりとしたものを中心に。でも、最後はバンジョーで賑やかに。

 Rene and Georgette Magritte with Their Dog After the War / Paul Simon
 Raindogs / Tom Waits
 A Salty Dog / Procol Harum
 Chili Dog / James Taylor and The Section
 Banjo Dog / Gene Parsons

 DJはたまにしかやらないので、普段「ケインズ」であまりかかってなさそうな曲を選んでみた。特に「ブギー」セットは共有感の薄さが際立っていたことでしょう。でも、そこが面白いのだった。

 各DJ陣はさすがにこなれていて、上手で、それぞれに個性があって楽しかった。ハウリン・ウルフ、ジェームス・コットン、雪村いずみ、ハイロウズ…。そして、ほうとう鍋とチーズバーガーとケンタッキーをお腹いっぱい食べて、最後は苦しいほどだった。午前2時に帰宅し、寝てたら腹痛に襲われ「サクロン」のお世話になった。

 今日から来年の6日まではアルバイトなし。今日はさすがに仕事はしない。それよりお腹の調子を整えよう。
 

by sandfish2007 | 2018-12-29 11:43 | diary | Comments(0)

アルバイト

 今日はアルバイト納め。僕にとって2018年を一言で表すとしたら、それは「アルバイト」になる。アルバイトに翻弄され、アルバイトに救われた1年だった。

 前のアルバイト先が醜悪化したのは、昨年末くらいからだろうか。今年に入って社長の理不尽が横行し、仲間が次々とひどい辞めさせられ方をした。僕らは結束してその大波を乗り越えようとしたが、負のスパイラルを止めることはできず、僕は8月にその会社を去った。

 救いは一緒に働いていた仲間が、僕を信頼してくれたことだった。その気持ちが僕にとってどれだけ大きかったか。彼らには感謝している。

 年齢のせいもあって、次のアルバイトは1ヶ月たっても見つからなかった。だから、今のアルバイト先が雇ってくれた時はほっとした。都内まで通うことになったが、通勤は思ったより苦にならず、一緒に働く人達はみんな親切で、仕事も徐々に覚えていった。今は3ヶ月が過ぎ、穏やかな気持ちで過ごせている。収入も多少はよくなり、おかげさまで無事年を越せそうだ。

 こうしたゴタゴタの煽りをくったのがレーベル業。今年も満足な活動を行えなかったが、ようやく生活も落ち着いてきたので、来年は3年振りの新譜を出せたらなと思っている。物書きの仕事も増やしていきたい。

 なにやら濃い1年だったけど、今日でひと区切り。みんなお疲れ様でした。感謝を込めて。
 

by sandfish2007 | 2018-12-28 07:43 | diary | Comments(0)

実に楽しい

 カーティス・メイフィールドを聴きながらお酒を呑んでいたら、いつの間にか床で寝落ち。久しぶりの寝落ち。午前2時に目が覚めて、すごすごとベッドへ。で、今朝起きたらエアコンがつけっぱなし。こちらも久しぶり。

 寝落ちが減ったのは、心と体にゆとりが生まれた証拠だろう。秋は寝落ちばかりしていたのだから、いい傾向だと思う。

 さて、馴染みの店への挨拶まわり。昨夜は藤沢の名店「田火田」へ。不義理を続けていたので、2ヶ月振りの訪店。まずは熱燗をいただき、「しめ鯖とクレソンの千枚漬け和え」を注文。店主がガリを買い忘れて、代わりに千枚漬けを使ったのだが、これが最高の塩梅。こういうひと手間かけた料理が「田火田」の真骨頂だ。

f0182140_07335902.jpg

 続きまして「仙台麩と芹の卵とじ」。鍋でくるとは思わなんだが、仙台麩に味が染みててぽっかぽか。あんこう鍋はまた今度にして、熱燗おかわり。

f0182140_07335465.jpg

 最後は「牡蠣の天麩羅」。多分、天麩羅は初めて食べたのではなかろうか。こちらは安定のピッチング。ズバッと外角低めに伸びのあるストレートが決まったような感じで、はい、熱燗おかわり。

f0182140_07335045.jpg

 バイト代が入って懐があったかかったところに、あったかい料理とお酒をいただき大満足。年末の挨拶まわりは楽しいな。

 で、家でも呑んで寝落ちしたと。実に楽しい。
 

by sandfish2007 | 2018-12-27 07:34 | diary | Comments(0)

なんであれ

 正月飾りは28日までに用意した方がいいらしい。クリスマスが終わったばかりでまだ早い気もするのだが、うっかり忘れそうなので、このブログを書いたら玄関に飾ろう。

 というわけで、今年もあと6日。アルバイトはあと3日。年末年始は9連休。そのうち半分くらいは家で仕事をすると思うけど。なんであれ、今年もあと少しだ。

 年内は、馴染みの店AでのDJイベント兼忘年会、馴染みの店Bでの忘年会、馴染みの店C〜Eへ今年1年お世話になりましたの挨拶まわり。年始は、それぞれの実家に顔を出すくらい。それでも僕にしたら多忙な方である。

 昔は予定を埋めたがったものだが、今はなるべく空けるようにしている。できるだけ約束はしない。先のことが決まっているのを、いつしか不自由に感じるようになった。うっかり忘れそうだし。

 昨日、恵比寿までの電車はいつもより空いている気がした。でも、街は人で溢れていた。今日はどんなだろうか。なんであれ、今年もあと少し。
 

by sandfish2007 | 2018-12-26 07:29 | diary | Comments(0)

かまぼこ

 引き続きメリー・クリスマス。昨日はほとんど家で過ごしたので、クリスマス・ソングをたくさん聴けたし、クリスマスにちなんだ絵本も読むことができた。夕方に食料品とティッシュペーパーを買いに出たので、小さいケーキでもと思ったのだが、どの店も行列ができていたので諦めた。考えることは皆同じということか。

 そんなわけで、買ってあったステーキといただいた赤ワインで乾杯。甘味はなく、プレゼントもなかったが、鶏や豚の代わりに牛という、いつもよりは豪華な夕食となった2018年のクリスマス・イヴ。平和なり。

 そして、あと1週間後にはお正月。かまぼこの値段が明日から高くなるのでお早めに。
 

by sandfish2007 | 2018-12-25 06:39 | diary | Comments(0)

Merry Christmas

 メリー・クリスマス。今年もフロイド・クレイマーのクリスマス・レコードを聴いて過ごしている。さっき原稿をひとつ入稿。これから金曜日に参加するDJイベントでかけるレコードを選ぶ。それから買い物へ。小さなケーキでも買うとしましょうか。

 最近では、若者もクリスマスを家族で過ごす人が増えているのだそうな。バブル期のクリスマス事情を横目で見てきた者としては、その方がいいんじゃないかなと素直に思う。あの頃のクリスマス狂想曲は、実に、実に、アホらしかった。僕のクリスマスの想い出はいたって地味なものばかりだけど、家族と過ごした時間が今となっては宝物だったりする。今年もそんな地味で穏やかな時間を過ごせたら嬉しい。

 それでは、今宵が皆さんにとって素敵な夜でありますように。南藤沢のウッドストックより愛を込めて。
 

by sandfish2007 | 2018-12-24 11:30 | diary | Comments(0)

まだなのに

 天皇誕生日にて祝日。朝起きて天皇陛下の会見を全文読み、素晴らしいなと思った。すべての言葉が胸に響いたが、僕が一番素敵だなと思ったのは、唯一自分のことを語ったような気がした「平成で戦争が起きなくてよかった」というところだった。多分、ほっとしたのだと思う。

 この先、天皇制がどうなっていくのかはわからない。でも、今この人が天皇陛下でよかったなと思った。そして、これまでどれだけ多くの人を勇気づけてきたのだろうと。…なんて、偉そうですみません。

 今日は大掃除をした。窓拭き、トイレ、玄関、風呂(未完成)。取りかかるまでは腰が重いけど、始めてしまえば気持ちがいいもの。

 ひと仕事終えてビールを飲み、デイヴ・マシューズ・バンドのライヴDVDを観て、ビーチ・ボーイズと山下達郎のクリスマス・アルバムを聴いた。それから馴染みの音楽バー「サウサリート」のクリスマス・ディナーへ出かけた。

 テリーヌが2種類。にせウサギ&鶏とベーコン。そして牛タンの煮込み。本当に美味しかった。鶏のレバーパテ、バケット、シュトーレンまで付いて1,500円はお値打ち過ぎる。だから、赤ワインをたっぷりいただいてほろ酔いに。今は『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』を聴きながら、このブログを書いている。すっかりほろ酔い。まだクリスマスじゃないのにね。

f0182140_22233047.jpg
f0182140_22233646.jpg
 

by sandfish2007 | 2018-12-23 22:27 | diary | Comments(0)

そろそろまた

 『U2 18 Singles』のDVD付限定仕様が、近所のリサイクル・ショップで500円というもはや罪作りな価格で売っていたので購入。2005年のミラノでのライブ映像が素晴らし過ぎて、収録時間57分の間に缶ビールを3本空けていた。いささか興奮気味だったのがわかる。

 U2のメンバーだって僕と同じ人間なのだし、たまには気分が乗らない日もあるだろう。そんなときはどうやって気持ちを作って、数万人が待つステージへ上がるのだろうか。「やっぱりドラッグかしら。でも、この人たちはクリーンな感じよね」と妻が言った。確かにU2のメンバーがドラッグで逮捕されたという話は聞いたことがない(僕が忘れているだけだろうか)。ほんと、どうやっているのだろう。

 金曜日はアルバイトがないので、僕は注文のあったCDを発送し、原稿をひとつ書き、前の職場の仲間達との忘年会に出かけた。なにかと問題のある会社だったが、いい仲間ができたのは救いだ。今でも彼らのことは気になるし、ひとまず元気そうだったので安心した。

 そんな前日の余韻を心に残しながら、のんびり過ごした土曜日。すると、500円コーナーで目に飛び込んできた『U2 18 Singles』。今はシングルを集めたCDの方を聴いている。言うまでもないが偉大なバンドだ。2006年に埼玉スーパーアリーナで観たライヴを感慨深いものだった。あれから日本には来ていない。そろそろまた…。
 

by sandfish2007 | 2018-12-22 23:17 | diary | Comments(0)